シミ・そばかす 沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ)

ホワイトニングは怖い?知って納得!メリットとデメリット

ホワイトニングは怖い?知って納得!メリットとデメリット

毎日きちんと歯磨きをしていても、飲食物による色素の沈着や加齢による黄ばみなどから完全に逃れることはできません。歯垢も一度ついてしまうと歯磨きだけで除去するのは困難です。その点、ホワイトニングなら、しつこい汚れを取り除いて歯を真っ白にすることができます。ただ、ホワイトニングを初めて行う人の中には、「本当に白くなるのか」「何か副作用があるのではないか」などといった不安を持つ人もいるはずです。そこで、ホワイトニングを行う際の参考になるように、その種類とそれぞれのメリットやデメリットについて解説をしていきます。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違い

ホワイトニングと一口にいっても、オフィスホワイトニングというものとホームホワイトニングというものの2種類に大別することができます。まず、オフィスホワイトニングというのは、歯科医院に行って歯医者さんに施術をしてもらう方法です。ちなみに、オフィスホワイトニングは保険の適用外であるため、費用は高めです。その代わり、プロにやってもらえる安心感があり、歯を白くする効果も高いという利点があります。
一方、ホームホワイトニングとは自宅で行うセルフホワイトニングです。市場では本格的なキットから歯磨き粉タイプまでさまざまな種類が発売されているので、それらを用いて自分でホワイトニングを行うことになります。また、歯医者さんでホームホワイトニング用のキッドを扱っているところもあります。そのため、まず歯科医院で診察をしてもらい、歯医者さんの指導のもとでホームホワイトニングを行うことも可能です。以上のように、ホームホワイトニングの場合は選択肢が多くあり、その中から自分で好きなタイプのものを選ぶことができるのが大きな特徴だといえるでしょう。

見違えるほど白い歯に!オフィスホワイトニングのメリット!

オフィスホワイトニングの最大の魅力は即効性の高さにあります。一度治療を受けただけでもかなり歯を白くすることができるのです。しかも、治療時間も1時間ほどと短めです。少なくとも、自宅で自分の手で行うよりは手軽だといえるでしょう。また、歯の欠損部分を補うセラミック治療よりも安いため、歯がボロボロになってからその治療を受けるくらいなら、早めにホワイトニングを行うことをおすすめします。
さらに、ただ歯を白くするだけではなく、白さの程度を選ぶことができるのもオフィスホワイトニングならではのメリットです。歯というのはあまり白すぎても不自然なものですが、自分に合った白さを選ぶことで健康的な美しさを演出することができます。
ちなみに、歯を白くするというと、歯を削ったり抜いて義歯を入れたりといった方法を想像する人もいます。しかし、ホワイトニングではそういったことは一切行いません。具体的には、過酸化水素などを主成分としたホワイトニング剤を歯に塗ることで歯の表面に付着した色素を分解し、そこに強い光を当てて薬剤の作用を高めていくといった方法をとっています。したがって、本来の歯を損なう心配をしなくてすむのも、オフィスホワイトニングのメリットの一つだといえます。

自宅で簡単!ホームホワイトニングのメリットは?

オフィスホワイトニングに比べると、ホームホワイトニングにかかる費用は安めです。したがって、歯を白くしたいけれど、なるべく出費は抑えたいという人にはホームホワイトニングがおすすめです。また、オフィスホワイトニングでも白さの調整はしてくれますが、こちらの要望がうまく伝わらない場合もあるかもしれません。その点、ホームホワイトニングなら自分で色を観察しながら、好きな白さに調節することができます。また、自宅で行うので、忙しいときでも手の空いたちょっとした時間を利用できるのもメリットだといえるでしょう。
ちなみに、ホームホワイトニングにはいくつかの手法がありますが、専門の歯磨き粉で歯を磨くというのもその一つです。この手法を用いれば、普通に歯を磨く感覚でホワイトニングが行えるのでとても手軽です。ホワイトニングにあまり手間をかけたくないという人はこの方法を選ぶのがよいでしょう。

知覚過敏になる人も?オフィスホワイトニングのデメリットは?

効果がすぐに現れるのがオフィスホワイトニングの魅力ではあるのですが、これには例外もあります。歯の状態は人によってさまざまであるため、中には一度の治療では思うような白さに仕上がらず、何度も治療が必要になる場合もでてくるのです。それに、歯の厚みが均一ではなかったり、ホワイトニングの効果が出にくい部分があったりするとムラになってしまうことがあるという点もデメリットだといえるでしょう。
また、過酸化水素などの強い薬剤を使用している場合は、知覚過敏になりやすいという問題があります。これは、薬剤の刺激が強すぎて、歯の神経が過剰反応してしまうために起こる現象です。特に、オフィスホワイトニングは市販のものより濃度の高い薬剤を使用しているために、知覚過敏になる可能性が高いのです。ちなみに、その予防法としてはカルシウムの再石灰化を促して歯質強化につなげる分割ポリリン酸という薬剤を併用する手法があります。
しかし、より根本的な問題は、ホワイトニングの効果は一時的だという点です。着色汚れは一度除去しても新たな汚れが付着するため、白さを保つためには3~6カ月に一回程度のペースで施術を行わなければなりません。しかも、ホワイトニングの効果を早く実感できる分、再び着色するとその部分が気になり、ホームホワイトニングよりも色戻りが早いと感じてしまいます。かといって、色戻りを抑制しようと思えば、着色しやすい飲み物や食べ物が制限されるので非常に不便です。
その他にも、施術を受けるには来院しなくてはならず、自費診療のため費用も高額になるといったデメリットがあります。そのうえ、具体的な料金は医院によって大きく異なるため、あらかじめ費用の確認が必要です。さらに、使用する薬剤や施術方法も違ってくるので、医院選びは慎重に行わなければなりません。こうしたことを面倒だと感じる人は多く、そういう人にとって、オフィスホワイトニングは敷居の高いものとなってしまいます。

根気が必要?ホームホワイトニングのデメリットとは?

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べて弱い薬剤を使用します。そのため、効果が出るまでに時間がかかってしまうという点が大きなデメリットです。どのくらい時間がかかるかというと、色見本であるシェードガードより一段階明るくなるのに2週間程度といわれています。その間、ホワイトニングを続けるのは面倒という人もいるでしょう。また、ホームホワイトニングは白さの調整を自分で行えるのはよいのですが、専門家ではないため、実際の調整は難しいという問題があります。
そこで、歯磨きタイプのホワイトニングを試してみるのも一つの手です。効果を実感するのにはかなりの時間がかかりますが、毎日の歯磨きの一環として手軽にホワイトニングができるため、途中で挫折する可能性は低くなります。そして、徐々に白くしていき、自分に合った色合いになったと思えば、ホワイトニングを中断すればよいわけです。

ホワイトニングをしてはいけない人とは?

歯の色で悩んでいる人にとって、ホワイトニングは非常に魅力的な施術です。ところが、中にはホワイトニングを避けたほうがよい人もいます。たとえば、無力カタラーゼ症の人です。この病気にかかってしまうと、過酸化水素を分解するために必要な酵素が失われてしまいます、そうすると、過酸化水素が体内に残留してしまい、進行性口腔壊死などの重篤な病気にかかってしまう可能性がでてくるのです。一方、妊娠中や授乳中の人に関しては特に悪影響があったという事例はありません。ただし、安全性が確認できたわけでもないので、やはり使用は厳禁です。
また、未成年者も以前は使用を禁止されていました。強い薬剤を使用することで、歯の成長を阻害する可能性があったからです。しかし、歯に優しい薬剤の開発などにより、現代では未成年者への使用は解禁されています。とはいっても、無制限で可能というわけではなく、12歳未満は禁止だったり、18歳未満は禁止だったりと、対応は医院によってさまざまです。そのため、未成年者のホワイトニングも、できれば避けたほうが無難でしょう。
さらに、歯の状態によってはホワイトニングを避けたほうがよいというケースもあります。その一つが、入れ歯や差し歯の場合です。そもそも、ホワイトニングは天然の歯を前提とした施術であるため、人工の歯には効果がありません。同様に、詰め物や被せ物が多い人も避けたほうがよいでしょう。人工の歯と天然の歯が混じっていると、ホワイトニングをしたときに色に差がついてしまうからです。色を揃える施術もありますが、それを選択すると時間も費用もかなりかかってしまいます。
その他にも、歯にひびがある人、歯の神経を抜いている人、抗生物質の影響で歯の変色が強い人などもホワイトニングはおすすめできません。ひびがあると薬剤が中に入って歯がダメージを受ける可能性がありますし、神経を抜いた歯に対してはホワイトニングの効果はなく、さらに、抗生物質の影響で変色した歯はホワイトニングの効果が出にくいといわれているからです。
以上のように、オフィスホワイトニングは劇的に白くなるものの、歯の状態によっては対応できない場合があることを覚えておきましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“薬用ちゅらトゥースホワイトニング”