沖縄生まれのオールインワンジェル ネオわらびはだ 首しわ

首しわに悩む20代は意外と多い!しわができる原因と対策

首しわに悩む20代は意外と多い!しわができる原因と対策

若々しい印象を保つのならば、顔だけでなく首のしわにも気をつけていく必要があります。顔のしわはもちろん目立つものですが、首のしわも年齢が出やすく目立つ部分だからです。また、首のしわは20代などの若い世代でもできてしまう可能性があります。姿勢などによってできてしまう首のしわの原因を知って、今から対策をしていきましょう。

悩める20代多し!若くても首にしわができてしまう

20代といえば、まだまだ若々しい印象が強くしわとは無縁のイメージがあります。一般的には、肌にはハリも弾力もあり健康的な肌である人が多いことでしょう。しかし、20代でも意外と悩んでいる人が多いのが首のしわです。顔のしわと違い自分では気づきにくい首のしわですが、他人からは意外と視線が集まる部分となっています。そのため、知らず知らずのうちに年齢よりも高く見られている可能性があるのです。
顔のしわを気にする人が多いものの、しわは首にもできやすく気にしておきたい部分となっています。加えて、首は年齢があらわれやすい部分であり、年齢を重ねるごとにしわが目立つようになります。それでいて盲点になりがちな首のしわは、放置されやすくしわが深く刻まれてしまうことも多くなっているのです。現に顔のスキンケアは入念に行っている人が多いものの、首のケアまで行っている人はあまりいないのではないでしょうか。首も顔と同じくスキンケアをしていく必要のある部位であるため、ケアを怠っていてはしわができやすくなってしまいます。若くして首のしわができてしまうのは、こうしてケアが行き届いていないからと言えるのです。
また、姿勢が悪いことも首のしわを深める原因となります。特に、うつむき加減になるとあごをひいた姿勢となり首にしわが寄ることになります。この姿勢を繰り返すことで、首のしわがどんどんと深くなってしまうのです。姿勢はその人それぞれで癖が強く出やすいものなので、うつむき加減の姿勢が習慣となっている人は注意が必要と言えます。習慣になっている癖だけでなく、仕事などでうつむき加減の姿勢になることが多いという人も首のしわに気をつけたほうがよさそうです。

長時間のスマホ操作も大きな原因

首のしわができる要因として挙げられる姿勢の悪さは、現代ならではのスマホ操作が大きく関係しています。スマホを操作する際は、どうしても手元を見つめてしまうものです。文字を打つにしても画像や動画を見るにしても、視線はかなり下へ向いているのではないでしょうか。このときの姿勢を見ると、うつむき加減となりあごがかなりひいている状態となります。すると、首にも多くのしわが寄った状態となります。この姿勢こそ、首にしわを作る大きな要因なのです。
また、現代ではスマホを操作する時間がとても長いことが指摘されています。電車での通勤・通学時間はもちろん、徒歩での移動中や食事中までもスマホを眺めている人が多いのです。気付けば、ほぼ1日中スマホを眺めているという人も少なくないのではないでしょうか。これはつまり、1日の大半をうつむき加減の姿勢で過ごしていることになります。首の状態でいうと、1日の大半の時間は、しわが寄った状態を維持していることになるわけです。こうして、長時間のスマホ操作が首のしわの原因となるのです。
スマホによって首のしわを増やさない対策としては、スマホの長時間操作を控えることが挙げられます。スマホ依存症の人が多い現代ですが、意識次第でスマホを操作する時間は減らすことができます。スマホを見ていないと落ち着かないという人も多いかもしれませんが、ここはグッと我慢してスマホを見ない時間を作ってみましょう。画面を見ずに、音楽を聴くというのもいい方法です。
また、スマホを操作するときは目の高さに近づけると効果的となります。視線を下げなくてもいい高さでスマホを操作するように、手の位置を変えるのです。スマホ操作自体が首のしわにつながるわけではなく、操作するときの姿勢がしわの原因となります。そこで、スマホを見るときにうつむき加減の姿勢にならなければいいのです。慣れるまでは違和感があり画面も見にくいかもしれませんが、姿勢を意識するだけで首のしわ対策になるのならば実践してみる価値はあるのではないでしょうか。

紫外線対策は顔だけじゃない!光老化は首にも及ぶ!

しわの原因としては、紫外線によるダメージも見逃せません。顔に大きな影響を及ぼすことで知られる紫外線ですが、首への影響も決して小さいものではないのです。顔のすぐ下に位置する首は、顔に次いで紫外線の影響を受けやすい部分と言えるでしょう。さらに、ほかの部分に比べると首の皮膚は薄くなっているため、紫外線によるダメージが出やすくなっているのです。こうした理由から、紫外線を予防することも首のしわ対策として欠かせない要素となります。
太陽から日々降り注いでいる紫外線は、肌の奥まで届くという特徴があります。肌の奥にある真皮まで届く紫外線は、その影響で肌中のコラーゲンを破壊します。真皮はコラーゲンなどの線維で構成されていますが、紫外線によってコラーゲンが破壊されると線維同士のつながりが弱まってしまうため、しわが発生してしまうのです。こうして肌の奥から症状が出てしまうことで深く濃いしわができてしまうのが、紫外線によるしわの特徴です。また、コラーゲンが破壊されてしまうことで肌のハリがなくなってしまうという影響も出てきます。
紫外線対策では、日焼け止めを塗ることやつばの広い帽子をかぶることがおすすめの方法です。ただし、帽子をかぶっていても紫外線を全て防ぐことは難しいため、外出時は必ず日焼け止めを塗っておくといいでしょう。日焼け止めは夏場や晴れた日だけ塗るのではなく、1年中毎日塗ることが大切です。太陽の光が見えなくても冬の寒い日でも、紫外線は降り注いでいるからです。
また、日焼け止めは顔だけでなく首にもしっかりと塗ることも忘れてはいけません。そして、首はよく動かす部分のため汗をかきやすくなっています。汗をかくと日焼け止めはどんどん流されてしまうので、こまめに塗り直すことも大切なポイントとなるのです。ストールやマフラーなどを使って、首を覆ってしまうのも有効です。紫外線の影響はとても強いので、できる限りの対策を講じていきましょう。

首のしわを防ぐためのおすすめマッサージ方法は?

首のしわを防ぐためにはマッサージがおすすめです。首へのしわが癖になってしまうのを防ぎ、しわができにくい状態にできるのでぜひ実践していきましょう。ただし、できてしまったしわを完全になくすことは困難です。まずは、しわを目立たなくすることを目指し、さらに新しいしわを予防する目的で始めてみるとよさそうです。
マッサージは、肌のしわを伸ばすイメージで行います。このとき、なるべく肌に負担とならないように気をつけなければなりません。どんなにマッサージとはいっても、指による摩擦で肌を傷つけてしまっては元も子もないからです。そこで「ネオわらびはだ」を使うのがいいでしょう。ジェル状でのびがいいネオわらびはだは、首のマッサージに最適です。マッサージしながら保湿ケアもできるので、一石二鳥と言えるのです。
また、マッサージをしながらネオわらびはだを塗っていくのもおすすめの方法となります。マッサージする箇所に十分なネオわらびはだを塗ったら、やさしくゆっくりとしわを伸ばすイメージでマッサージを行います。このとき、リンパマッサージをしても効果的です。肌への負担を最小限にし、それでいてしわに効果的なマッサージを行えるように工夫していきましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルネオわらびはだ