沖縄生まれのオールインワンジェル ネオわらびはだ 目元・眉間のしわ

眉間のシワが深くなるのはなぜ?できる原因と効果的な対策を知ろう

眉間のシワが深くなるのはなぜ?できる原因と効果的な対策を知ろう

ほうれい線や目のシワなど、顔のシワは老けて見える原因になります。その中でも眉間のシワは老けて見えるだけでなく、人相も悪くしてしまうので、相手にあまりいい印象を与えません。眉間にシワができないよう日頃から注意しなければなりませんが、そのためにはシワができる原因を知っておく必要があります。今回は眉間のシワができる原因と、それに応じた対策方法について紹介していきます。

眉間のシワはどうしてできるの?

眉間のシワは縦に入ることが特徴で、このシワがあることによって顔の表情がきつくなり不機嫌そうな印象を与えたり、老けて見えたりします。また、疲れているような雰囲気が出てしまったり暗い人に思われてしまったりと、相手に良い印象を与えません。眉間のシワの原因として考えられるのは主に3つで、「表情の癖」「加齢」「紫外線」の影響が大きくなっています。さらに、顔の中でも眉間は特に筋肉も脂肪もあまりない部位なので、弾力性が少なくシワを寄せると癖になりやすいことも原因として挙げられます。
パソコンで下を向いて長時間デスクワークをしたり、スマートフォンを見ている時間が長かったりすると、目の乾燥や疲れによって顔をしかめてしまうことが多くなります。こうしたことが原因で、若い人でも生活習慣によっては眉間にシワができる可能性が高まってしまうのです。また、睡眠中にも眉間にシワを作っているかもしれません。横向きに寝る癖のある人、ストレスや睡眠不足で寝ている間に十分にリラックスできていない人は、自分でも気がつかない間にシワができている可能性があります。

眉間にシワを作ってしまう表情とは?

視力が悪い人は遠くのものや細かい文字を読む際に、目を細めて物を見ることで眉間にシワがよりやすくなります。また、緊張や不安、ストレスなど感じると眉間の周囲の筋肉に力が入ってしまいシワができやすくなります。1度や2度ではすぐにシワも元通りになりますが、日常的に何度も繰り返すことでシワが定着してしまうのです。視力が悪い人や神経質な人は、自分でも無意識のうちに眉間に力を入れてしまうので注意が必要です。こうしてできたシワは「表情ジワ」と呼ばれています。
眉間は目に近いので、自然と力が入りやすくなっています。重いものを持つときに力を入れたり、怒ったり驚いたりすることが多くても、同じように眉間に表情ジワができやすくなります。こうした表情が習慣化されてしまっていると、元に戻すのが難しくなってしまいますが、本人は無意識でやっていることがほとんどです。眉間にシワができる大きな原因であるにも関わらず、自覚がないため、シワができたあとでも表情の癖が直らないので、シワがどんどん深くなってしまうことがあるのです。

なぜ加齢で眉間にシワができるの?

もともと眉間は皮下の筋肉が薄く、肌のハリを支える力が弱い部分です。加齢によって女性ホルモンのエストロゲンが減少してくると、コラーゲンやエラスチンの生成が不十分になります。肌のハリや弾力を保つために必要なコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの量が減ってくると、シワができやすい状態になります。また、これらの成分が減少してくると、肌のうるおいを保つことができなくなってきます。乾燥もシワの原因となるので、加齢に合わせて保湿ケアも変えていかなくてはいけません。
加齢が肌に与える影響はこれだけではなく、筋肉の衰えや皮膚が痩せてしまうことでもシワができやすくなります。皮膚が痩せて薄くなってしまうのも、コラーゲンやヒアルロン酸などの減少によって、肌の真皮層の厚みが減ってしまうことが原因です。また、加齢によって肌のターンオーバーがスムーズにおこなわれなくなると、肌表面の角質は厚くなっていきます。厚くなった角質や乾燥によって肌が硬くなってしまうと、シワができても元に戻りづらいのです。

眉間のシワにも紫外線対策は必須

紫外線にはいくつか種類がありますが、そのほとんどが「A波」です。A波は人間の肌の真皮層まで届き、皮膚のハリや弾力を保つために必要な繊維に大きなダメージを与えます。ダメージを受けた繊維は劣化し、自然に元に戻ることはほとんどありません。これは「光老化」という現象で、眉間だけではなくすべての部位にシワを作る原因となります。シミ予防のために紫外線対策をしている人も多いですが、紫外線はシワへの影響も大きいことを覚えておきましょう。
眉間のシワが気になる場合も紫外線対策はとても重要です。サングラスを使用して目の周りは守っていても、眉間までカバーできている人は少ないです。日焼け止めをこまめに塗る、帽子やサンバイザーを使って紫外線が眉間に当たるのを防ぐなど、工夫して紫外線対策をしましょう。ただし、眉間はほかの部位と比べると皮膚が薄く弱いため、日焼け止めを使うときにはなるべく肌に刺激の少ないものを選ぶ必要があります。

表情の癖を意識して直そう

視力が悪く目を細めて物を見る癖がある人や、しかめっ面をする癖がある人は、まず自分でそのことを自覚する必要があります。しかし、無意識にやってしまう場合がほとんどなので、自分では気づくのが難しいかもしれません。デスクワークで長時間パソコンを見ているような場合には、パソコンの横に鏡を置いて自分の顔が視界に入るようにすると良いでしょう。ふとした瞬間に鏡を見ると、普段自分がどのような表情をしているのかが分かります。自分の表情にどのような癖があるのかを認識すれば、意識してそうした表情をしないよう気を付けることができます。習慣化されてしまった癖を直すことは、すぐには難しいかもしれませんが、意識して続けていくことで眉間のシワ対策になります。
口角をあげてにっこりすると、自然と眉間のシワも広がるようになるので、意識的に取り入れてみましょう。にっこりとすることで、眉間のシワのせいで不機嫌そうに見えてしまっていた顔の印象も和らげることができます。また、日頃から物を見づらいと感じているのであれば、メガネ、コンタクトレンズ等の使用や、度をできるだけ合わせるように調整すると良いです。物が見やすくなることで眉間にシワがよることも減っていくでしょう。いくらシワ対策のためにスキンケアしても、表情の癖をとらないと効果が望めなくなってしまいます。

眉間にもハリや潤いを取り戻そう

眉間のシワもほうれい線やおでこのシワと同じように、肌のハリ不足や水分不足で起きている可能性があります。加齢でコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分が不足している場合には、意識的に肌の水分を補って保湿をする必要があります。正しいスキンケアを続けることによって、シワを目立たなくさせることも考えていきましょう。その際、肌の保湿に適しているのが、オールインワンジェルと呼ばれるタイプの化粧品です。オールインワンタイプであれば化粧水・美容液・乳液などの保湿に欠かせないアイテムがひとつになっているので便利で、時間の節約が可能です。手入れがとても楽になるため、忙しくてスキンケアに時間を掛けられない人でも毎日続けやすくなっています。

眉間のシワ1つでガラッと変わる印象

眉間にシワがあると不機嫌そうで怒っていると勘違いされたり、老けて見えたりする原因になります。シワができる原因をしっかりと把握してくことで適切な対処ができるようになるので、状況に適したケアをしていきましょう。眉間のシワがあるのとないのとでは、他人からの印象がガラッと変わってきます。周りの人からの印象を変えるためにも、オールインワンタイプの化粧品の使用も含めた適切なケアによって眉間のシワを目立たなくし、柔和で若々しい表情に変えていきましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルネオわらびはだ