歯の黄ばみ・ホワイトニング 薬用ちゅらトゥースホワイトニング

歯が痛い!ホワイトニング中に薬剤がしみる原因とは

歯が痛い!ホワイトニング中に薬剤がしみる原因とは

つややかな白い歯は多くの人の憧れであり、爽やかな印象を格上げしてくれる重要なパーツといえます。自宅で気軽に白い歯に近づくことが期待できる「ホームホワイトニング」は、高い注目を集めている方法です。ただ、ホームホワイトニングは人により、歯にしみるような痛みが走る場合があるとされています。一体、どのような原因によって痛みが生じてしまうのでしょうか。ここでは、ホームホワイトニングで歯にしみるような痛みが走る原因や、しみてしまったときの対処法について解説します。

ホワイトニング中に歯が痛い!しみる原因

ホワイトニングで歯が痛む主な原因は、「薬剤」だと考えられています。漂白作用があるとされるホワイトニング剤には、高濃度の過酸化水素が含まれています。過酸化水素は薬局で販売されている、消毒薬のオキシドールと同じ成分です。オキシドールを傷口に塗ったときに、しみるような痛みを感じた経験を持つ人も多いでしょう。これは消毒薬に含まれる殺菌成分が、痛みを引き起こしているとされています。過酸化水素により歯がしみるのは、基本的にこれと同じ原理です。オキシドールの濃い薬剤バージョンであるホワイトニング剤を歯に塗布することで、歯の表面にある細かい傷のなかに薬剤が入り込み、ツンとしみるような痛みが生じる原因につながるのです。

要注意!薬剤が歯にしみやすい状態とは

ホームホワイトニングは、歯にしみるような痛みが走る人と、痛みを感じにくい人がいます。一体、その違いはどこにあるのでしょうか。強い痛みを感じる場合は、「歯がしみやすい状態」になっている可能性があります。まず、歯がしみる大きな原因になり得るのが「歯ぎしり」です。寝ている間や仕事中など、無意識に歯ぎしりをしている人は案外多いかもしれません。歯ぎしりを頻繁に行うと歯に大きな負担やダメージが加わり、歯が削れてしまう場合があります。すると、歯ぎしりによって削れた歯の先端から象牙質がむき出しになり、薬剤がしみて強い痛みを生じるケースがあるのです。
また、「エナメル質のひび」も歯がしみやすい原因の一つとして挙げられます。歯ぎしりをしたり歯を食いしばったりすると、歯の表面を構成しているエナメル質にひびが入る可能性があるのです。ひびが入った部分に薬剤が浸透して、激しい痛みを感じてしまう原因につながります。それに加えて、「虫歯の治療後」も歯がしみやすい状態です。一般的に、虫歯の治療として多くとられるのが、歯を削るという処置になります。歯を削った部分は薬剤が浸透しやすい状態になり、そこに薬剤を塗布することで、痛みが発生してしまう場合があるのです。

しみる痛みを軽減したい!方法はある?

いくら白い歯に近づくためとはいえ、つらい痛みは何とかして避けたいものといえます。しみるような痛みを軽減するには、きちんと予防や対策をとることが欠かせません。4つのポイントを押さえることで、ぐっと痛みを軽減させやすくなるでしょう。
1つ目のポイントは「知覚過敏を改善すること」です。知覚過敏の症状がある人は、ホワイトニングの際に強い痛みを感じやすいでしょう。歯のエナメル質を健全な状態に整えてからホワイトニングを行うことで、しみるような痛みを和らげやすくなることが期待できます。
2つ目に「虫歯や歯周病を治療すること」も良い方法です。虫歯や歯周病などがある状態でホワイトニングをすると、歯がしみやすくなるリスクが高まります。特に、虫歯の部分は歯の奥にまで薬剤が浸透して激痛が走る場合があるため、注意が必要です。ホワイトニングをする際は、まず歯科医院で口内環境をチェックし、虫歯や歯周病をきちんと治療しておくことが肝心でしょう。
3つ目は「しみる部分をガードすること」です。歯にひびが入っていたり、すり減っていたりする場合は、それらの部分を治療することが先決です。ただ、症状が軽度の場合は、レジンなどを用いてしみる部分をガードするという方法もあります。つらい痛みを避けたい場合は、歯科医院で相談をしてみると良いでしょう。
4つ目は「ホワイトニング剤の濃度を下げること」です。ホワイトニング剤は濃度が高くなるにつれて、しみるような痛みが強くなるとされています。そのため、痛みを軽減させるには、ホワイトニング剤の濃度を下げることも一つの手です。低濃度のホワイトニング剤に変更することで、痛みが生じるリスクを低減させられます。

施術後に痛みが!対処法が知りたい

ホワイトニングのしみるような痛みは、一過性のものが多い傾向です。したがって、ホワイトニング後に痛みがあっても、しばらく時間が経過すれば次第に症状が落ち着いてくるケースが多いでしょう。ただし、歯がしみたり強い痛みがあったりしてつらい場合は、対処法を試すことも良い手です。対処法を取り入れることで、痛みを抑えやすくなる可能性があります。
たとえば、「知覚過敏用や再石灰化を促す歯磨き粉を使用すること」も一つの手です。知覚過敏用の歯磨き粉には、カリウムイオンが含まれている製品が多くみられます。カリウムイオンが歯の象牙質を覆うことで、しみるような痛みを軽減させやすくなることが期待できるのです。また、再石灰化を促す歯磨き粉を使用すると、ホワイトニング後の痛みを和らげるのに役立つとされています。
さらに、「痛み止めを使う」という選択肢もあります。激しい痛みがある場合は市販の痛み止めを服用することで、つらい症状を遠ざけやすくなる場合があるでしょう。もしも、痛みを感じやすかったり不安が強かったりする場合は、あらかじめ医師に相談しておくことも良い手です。医師の判断により、鎮痛剤を処方してもらえるケースがあります。
もしも、これらの対処法では抑えきれないほどのひどい症状がみられたり、痛みが長く続いたりする場合は、歯科医院に相談して適切な処置を受けることが大切です。また、場合によっては薬剤の変更を検討することも、一つの方法といえます。健康な歯を守るためにも、異変を感じたら速やかにかかりつけ医を頼ることが重要です。

歯が痛いのは嫌!コスメで優しくケア

手軽さが魅力のホームホワイトニング。ただ、ホームホワイトニングでは知覚過敏になるリスクは低いですが、ゼロとは言い切れません。もしも、施術による痛みや知覚過敏になるリスクに不安がある場合は、コスメで優しく歯をケアするという方法もあります。
コスメのなかでも、「ちゅらトゥースホワイト二ング」は研磨剤が含まれていないため、歯の表面を傷つけてしまうリスクが少なく、安心して使用できることが魅力です。さらに、ちゅらトゥースホワイト二ングに含まれるビタミンCやリンゴ酸は、歯を優しくケアして口内環境をすこやかな状態に導くサポートをしてくれることが期待できます。無理なく毎日続けやすいコスメを活用して、より自信の持てる白い歯を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“薬用ちゅらトゥースホワイトニング”