シミ・そばかす 輝白パッククリーム 王妃の白珠

1つあるだけで老け顔に!シミができる原因と対策方法をご紹介

1つあるだけで老け顔に!シミができる原因と対策方法をご紹介

肌のシミは美容の大敵です。顔にシミが1つあるだけで老けた印象になってしまいます。紫外線による肌へのダメージがシミの原因といわれていますが、日焼けしないように気を付けていても、シミができてしまうことがあります。シミの種類は1つではありません。自宅でできるシミ改善のセルフケアがあるとしたら、実践したいものです。シミができる原因やシミの種類、できてしまったシミを改善する方法について解説します。

知らないうちに育っている!シミができる原因とは

肌は紫外線を浴びるとダメージを受け、皮膚がんなど深刻な病気の原因にもなります。紫外線から肌を防御するために、肌はメラニン色素を生成します。このメラニン色素が排出されずに肌に沈着してしまうと、シミになるのです。皮膚は表皮、真皮、皮下組織で構成され、1番上にある表皮はさらに「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つに分かれています。メラニン色素が作られるのは、最下層の基底層です。
基底層で生成されたメラニン色素は、新陳代謝(ターンオーバー)により肌表面へと押し出されていき、最後は角質としてはがれ落ちます。ターンオーバーの周期は約28日なので、通常は日焼けをしたとしても1カ月ほどでメラニン色素はなくなるはずです。しかし、過剰にメラニンが生成されて排出が追いつかなくなった場合や、ターンオーバーが乱れてしまうと色素沈着を起こします。
ニキビ跡や虫さされなどが原因でシミになる場合もあります。肌に炎症が起こったときにも肌を守るためにメラニン色素が生成されるのです。この場合も本来はターンオーバーによりメラニン色素は排出されます。炎症により真皮が傷付いてしまうと、メラニン色素が残ってしまいます。ニキビ跡などの皮膚の炎症が原因で生じたシミが「炎症後色素沈着」です。
シミには加齢によりターンオーバーが滞ることで発生する「老人性色素斑」、ホルモンバランスの乱れやストレスによって発生する肝斑(かんぱん)などもあります。シミの主な原因は、紫外線や加齢により肌の働きが低下するなど後天的なものです。

1つではない!シミの種類について解説

シミにもいろいろな種類があります。加齢によってターンオーバーが滞り、メラニン色素が沈着する「老人性色素斑」や、30~40代の女性に多いといわれている肝斑(かんぱん)などもシミの一種です。肝斑は、頬や口の周りなどに左右対称にできるシミで、妊娠や出産期に現れることが多いのが特徴といえます。そのため、女性ホルモンとの関連が指摘されますが、はっきりした原因は解明されていません。
加齢により症状が出やすくなる脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)もあります。別名は老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)です。初めは小さくシミのように見えますが、次第に大きくなったり数が増えたりします。イボのように隆起することもあり、触ると表面がざらざらしているのが特徴です。そばかすは幼少期から現れ、10代以降徐々に濃くなり、加齢とともに薄くなります。シミと似ていますが、原因は遺伝性のものが多いため、シミとは性質が異なる点は押さえておきましょう。

シミをなくしたい!治す方法はある?

シミを改善するために、自分でできるセルフケアと、皮膚科や専門医による治療があります。セルフケアでシミを改善するためには、十分な食事や睡眠、紫外線対策でターンオーバーを正常に導くことが大切です。特にビタミンCは、メラニン色素を生成する働きを妨げたり、炎症を抑えたりする効果が期待できるので、積極的に摂取したい食材です。野菜や果物などに多く含まれます。また、ストレスはターンオーバーやホルモンバランスの乱れにつながるので、ためすぎないように気を付けましょう。
肝斑には、皮膚科で処方されるビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸、ハイドロキノンなどの内服薬や塗り薬が効果的といわれています。ハイドロキノンはメラニン生成を防ぐ働きがあるので、肝斑以外のシミ治療にも効果が期待できます。しかし、人によって肌に赤みが出たり痛みを伴ったりする場合もあるので使用の際は注意が必要です。ピーリングで肌表面の古い角質を除去し、ターンオーバーを促進する方法もあります。美白効果のあるビタミンCのイオン導入をすることで、さらに効果が期待できるでしょう。
肝斑以外のシミの治療法として、効果が高いといわれているのがレーザー治療法です。レーザーにより表皮のメラニン色素を破壊し、シミを除去します。レーザー照射した部位がやけどになるため、やけどが治癒するまでに10日ほどかかります。ピーリングやレーザー治療の後は、肌がダメージを受けやすい状態になるので、十分な紫外線対策が必要です。

シミを薄くするために!基礎化粧品を正しく使おう

シミを予防したり、できてしまったシミを薄くしたりするためには正しいスキンケアを行うことが重要です。スキンケアの基本は洗顔になります。正しい洗顔方法で汚れや古い角質を落とすように心がけましょう。ファンデーションや口紅などのメイクは油性汚れになるので、専用のクレンジングで落とします。その後、洗顔料をしっかりと泡立てて洗います。力を入れてゴシゴシとこすると肌を傷めてしまうので、細かいふわふわの泡で肌を包むようにやさしく洗うことがポイントです。洗顔後の肌は敏感になっているので、タオルも柔らかく清潔なものを使いましょう。
洗顔後は古い角質が落ちて一時的に保湿力が落ちてしまうため、たっぷりの化粧水で保湿することが必要です。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ化粧水を使うことで、保湿効果が期待できます。化粧水を付ける際は、肌に叩き込んだり、コットンでこすったりすると肌に刺激を与えることになるので、ハンドプレスが良いでしょう。肌には本来自ら水分を蓄える保水力が備わっています。さらに、健康な肌は肌表面に自ら油分を補うことができるため、乳液やクリームは必要ありません。ただし、冬場の暖房や加齢による乾燥が気になる場合は、化粧水を使用した後に乳液やクリームを使いましょう。

基礎化粧品を見直し透明感のある肌に!

肌のターンオーバーが正常に機能しないと、シミができやすくなってしまいます。シミのない美しい肌になるためにも、毎日使う基礎化粧品を見直し、正しいスキンケアを心がけたいものです。沖縄特有の海底泥クチャと植物由来の保湿成分が配合された「王妃の白珠」は、汚れを取り除きながら肌を保湿するパッククリームです。スキンケアに取り入れて、透明感のある肌を目指してみませんか?

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

輝白パッククリーム王妃の白珠