沖縄生まれのオールインワンジェル ネオ*わらびはだ 目元・眉間のしわ

眉間にしわを寄せるのはマイナスイメージ!癖の原因と改善方法

眉間にしわを寄せるのはマイナスイメージ!癖の原因と改善方法

眉間にしわを寄せる行為は、さまざまなシーンでマイナスなイメージを与えてしまうことが多い傾向です。しかし、なかなか改善することができず、放置している人もいるのではないでしょうか。眉間のしわを少なくすることで、日常生活をより一層豊かにすることができるかもしれません。今回は、眉間にしわを寄せる癖の原因や、改善方法について解説いたします。

眉間のしわは印象が悪くなりやすい

眉間にしわが寄っていると、相手によい印象を与えることができません。自分にそんなつもりはなくても、「怒っている」「機嫌が悪い」と相手に思われてしまう可能性が高いです。自分のことをよく知っている人なら、そういう癖がある人だと思ってもらえるかもしれません。しかし、初対面の人に対して眉間にしわを作って対応した場合、「神経質で気難しい人」と思われて、避けられてしまう可能性があります。また、眉間にしわが寄っていなくても眉が下がっていた場合は、まるで不幸な出来事があったかのような印象を与えてしまうこともあるでしょう。眉間にしわが寄っていると、プライベートだけでなく、さまざまな場面で不利になってしまう可能性があるのです。
例えば、就職活動で面接官と話すときに、眉間にしわがあると損な印象を与えてしまうことがあります。また、婚活パーティなどでも実際は明るい性格なのに、不機嫌な人と誤解されてしまいがちです。このように、就職活動や婚活など第一印象が大切な場面では、必ずではないにせよ、不利な状況になってしまうことがあるでしょう。

眉間にしわができる主な原因とは?

眉間にしわが寄るのは、特に病気というわけではありません。ほとんどの場合は、単純に本人の表情の癖である場合が多い傾向です。テレビ番組や雑誌など、好きなものに集中していると、気づかないうちに眉間にしわが寄ってしまう人がいます。また、深く考えごとをしたり悩んだりしているときに、眉間にしわが寄ってしまう場合もあるでしょう。この場合は、怒っていたり機嫌が悪かったりするわけではないのですが、やはり周りから見たら不機嫌に見えることが多いのです。
もちろん、機嫌が悪いときに眉間にしわが寄る人もいます。嫌いなものを見たときや嫌な人に会ったときに、思わず眉間にしわを寄せてしまうことはあるのではないでしょうか。癖になってしまっているので、想定外の嫌な出来事があると気を付けていても表情に現れてしまいます。また、ストレスや不安を抱えているときも眉間にしわが寄ってしまう人も多い傾向です。心理的によくないものを抱えているときは、表情にその気持ちが出てしまうことが増えます。眉間にしわが寄る癖は、総じて苦痛を感じているときに出やすいといえるでしょう。

眉間にしわが定着するのはどんなとき?

基本的に、眉間にしわが寄るのは表情の癖がでていたり精神状態がよくなかったりするときです。しかし、場合によってはそのまましわが眉間に定着してしまうことがあります。一時的な状態ではなく、癖が出ていないときでも眉間にしわが寄ったままになることがあるのです。眉間にしわが寄ったままになる原因の1つとしては、肌の水分が不足していることが挙げられます。肌の水分が少なくなることで弾力がなくなり、しわが残る原因となります。また、暖房や冷房器具の過度な使用など肌が乾燥状態になったときも、眉間にしわが残りやすくなるでしょう。さらに、偏った食生活を送ることも眉間にしわが残りやすくなる原因の一つです。
偏った食生活をしていると、肌の弾力やハリを維持する栄養素が不足して、肌の健康状態が悪くなります。肌の健康状態が悪くなると、1度寄せたしわが戻りにくくなってしまう可能性が高くなるのです。肌の弾力やハリを維持する成分としては、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが挙げられます。これらの栄養素が不足すると、しわが定着してしまう可能性が高まるでしょう。

眉間のしわを改善する方法1「ストレスの解消」

眉間にしわが寄らないようにするには、ストレスをため込まないことが大切です。ストレスによって不安になったりイライラしたりすると、眉間にしわを寄せる癖が出やすくなってしまいます。また、家庭や職場に関して何か悩みごとを抱えているときも、眉間にしわを寄せてしまう人は多い傾向です。家庭や職場は生活の中心になる場所なので、なかなか考えないようにするのが難しく、ついつい眉間にしわを寄せて悩んでしまいます。眉間にしわを寄せて家族と過ごしたり仕事をしたりすると、家族や職場の人にもストレスが伝わり、周りまで気分を悪くさせてしまいがちです。お互いに気分が悪くなることでさらにストレスが増え、より強く眉間にしわが出てしまうこともあるでしょう。
こうした悪循環に陥らないように、ストレスはできるだけ抱えないようにすることが大切です。悩みの原因はできるだけ早めに取り除くようにして、ストレスを解消するよう心がけましょう。眉間にしわを寄せて生活していると、気づかないうちに周囲の人間にもストレスを与えてしまうので、注意が必要です。

眉間のしわを改善する方法2「肌を保湿する」

眉間にしわを定着させないためにも、肌をしっかりと保湿するようにしましょう。眉間に深いしわが残ってしまうと、不機嫌に見えるだけでなく実年齢よりも老けて見えてしまう可能性があります。眉間にしわが残ることにはデメリットが多いので、肌の弾力を失わないように気を付けましょう。人間の肌の水分量は、40~50%が理想的といわれています。この数値以下になってしまうと水分量が足りずにカサカサになってしまいますし、水分量が多すぎると油分などとの兼ね合いが悪くなってしまうでしょう。
水分と油分のバランスを保つことで、弾力のある健康な肌を作ることができます。肌の水分量と油分の理想の比率は、水分8、油分2です。このバランスを崩すとしわができやすい肌になってしまいます。また、肌が乾燥しない環境を作るだけでなく、肌に潤いを与える成分が含まれている化粧品を使うことも重要です。普段の生活の中で、どうしても肌に悪い環境で過ごさなければならないときがあるでしょう。化粧品を適宜使用することで、肌のダメージを減らすことが可能です。また、仕事などで肌の手入れに時間を費やせない場合は、肌の保湿に必要な成分が1度に補えるオールインワンタイプの化粧品を使うのも一つの選択といえるでしょう。毎日のお手入れで肌の潤いと弾力をアップさせれば、しわが定着しにくい肌を作ることが可能です。

眉間のしわを改善する方法3「鏡で表情癖を直す」

眉間にしわを寄せる癖は、無意識にやっている人が多い傾向です。そのため、意識して改善すれば、眉間にしわを寄せる癖を直すことができます。無意識に眉間にしわが寄っていないか心配な人は、鏡で普段の表情をチェックするようにしましょう。普段どんな表情をしているか自分で確かめることで、眉間にしわが寄っているかどうかがわかります。どんな表情をするときにしわが寄りやすくなるのかしっかり確認し、普段の生活の中で直していくようにしましょう。
また、眉間のしわが寄る癖には視力が関係している場合もあります。ものが見えにくいことで思わずしかめた顔をしたり目を細めてしまったりして、眉間にしわが寄ってしまうのです。視力が関係しているなら、メガネやコンタクトの具合を見直すことで、改善につながる可能性があります。眉間にしわが寄っていると不機嫌に見えるだけでなく、老けて見えてしまうことも多い傾向です。機嫌が悪く見えたり老けて見えたりしてしまうと、第一印象で損をしてしまうことになりかねません。表情に強い癖がある場合は、意識して直すようにしましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルネオわらびはだ