沖縄美人のオールインワンジェル わらびはだ 肌のざらつき・鮫肌

ざらざらした肌が汚くて触りたくない!鮫肌を治す方法とは

ざらざらした肌が汚くて触りたくない!鮫肌を治す方法とは

すべすべの美しい肌はずっと触っていたいものですが、ざらざらした肌触りの鮫肌はあまり触りたくないものです。今回は、鮫肌になる原因や具体的な症状とともに、改善方法についても解説します。また、鮫肌と間違えやすい病気も紹介するので、自分の症状をチェックして「鮫肌なのか」「ほかの原因があるのか」について確認してみてください。

ざらざらした肌が汚くて触りたくない!鮫肌を治す方法とは

すべすべの美しい肌はずっと触っていたいものですが、ざらざらした肌触りの鮫肌はあまり触りたくないものです。今回は、鮫肌になる原因や具体的な症状とともに、改善方法についても解説します。また、鮫肌と間違えやすい病気も紹介するので、自分の症状をチェックして「鮫肌なのか」「ほかの原因があるのか」について確認してみてください。

肌がざらざらするだけ?鮫肌の症状とは

鮫肌の最大の特徴は、ざらざらとした肌の感触です。乾燥していたり吹き出物が出ていたりするわけでもないのに、肌が硬くてざらざらになる症状が顔や二の腕、お尻など全身に現れます。遺伝によって鮫肌になることもありますが、大きな原因は乾燥や生活習慣の乱れです。そもそも、人の皮膚は約28~56日周期で生まれ変わるターンオーバーを繰り返し、定期的に新しい皮膚が生まれることで滑らかな肌を保っています。
しかし、鮫肌の場合、多くはターンオーバーではがれるはずだった古い角質が残り、硬化することではがれ落ちなくなった状態です。硬化した古い角質が皮膚の表面に残るため、肌がザラザラになってしまいます。顔に鮫肌の症状が現れると、見た目が気になるだけでなく女性の場合は化粧ノリも悪くなります。また、化粧をして隠そうとすると化粧が肌への刺激となり、鮫肌を悪化させる可能性もあるので注意が必要です。

鮫肌と間違えやすい病気もある

皮膚がざらざらするという症状が現れるため、鮫肌と間違えやすい病気があります。たとえば、10代後半に多い「毛孔性苔癬」です。遺伝的な要素が強く、左右対称の細かい湿疹が現れるのが特徴です。かゆみを感じることもありますが、すべての人が感じるわけではないので診断の基準にはできません。二の腕に症状が現れることが多く、背中や太ももにできる人もいます。20代で症状が緩和する人がほとんどですが、症状を早く改善させるためにも皮膚科を受診したほうが良いでしょう。
「尋常性湿疹」も鮫肌のような症状が現れます。多くは原因不明で、かゆみのある湿疹が特徴です。鮫肌でもかゆみを感じることがあるため区別がつきにくいのですが、放置しておくと苔癬化して皮膚が分厚くなります。かゆみがあるなど心当たりがある人は、皮膚科で見極めてもらったほうが安心です。それから「アトピー性皮膚炎」も鮫肌と間違えてしまうことがあります。アトピー性皮膚炎はアレルギー体質が主な原因で、汗をかきやすい場所や洋服の摩擦がある場所にできやすいのが特徴です。
鮫肌ではないとわかれば、それぞれの病気に合った対処ができます。早い段階で適切な治療をすれば、スムーズな症状の改善につながるのです。

自宅でこつこつケア!鮫肌をケアする方法とは

鮫肌は自宅でケアすることができます。たとえば、肌への刺激を避けることです。紫外線や衣類の摩擦、顔や身体の洗いすぎは肌へ刺激を与えます。特に、古い角質を落とそうと刺激の強いボディーソープを使用したり、ごしごしとこすったりしてはいけません。肌への刺激は鮫肌を悪化させる恐れがあります。低刺激のボディーソープを使用して、優しく身体を洗いましょう。
十分な保湿も必要です。肌が乾燥するとターンオーバーが正常に行われずに、皮膚表面に角質が残ってしまいます。特に、肌の乾燥が進みやすい入浴後はスムーズに保湿をしてください。顔はもちろん、二の腕や脚など乾燥が気になる部分も忘れずに保湿することが大切です。それから、生活習慣も見直してみましょう。不規則な生活をしているとターンオーバーが乱れやすくなるので、早寝早起きと質の良い睡眠を心がけます。ストレスも肌のコンディションを乱す原因になるため、適度なストレス解消も大切です。
ちなみに、角質にアプローチするスキンケアも効果的といえます。角質ケア製品で古い角質が剥がれ落ちるのをサポートするのです。角質ケア製品のなかでも、おすすめなのが「わらびはだ」。わらびはだには肌の生まれ変わりをサポートするEGF(ヒトオリゴペプチド-1)が含まれています。さらに、ヒアルロン酸や馬プラセンタ、コエンザイムQ10などの保湿や美肌に効果が期待できる成分が含まれているので注目です。使い方も清潔な肌につけてのばすだけと簡単なので、毎日のスキンケアに取り入れてみてください。

肌を滑らかにするために!摂りたい成分

肌を滑らかにするために、食事から鮫肌に効果的な成分を摂取しましょう。鮫肌の改善に効果が期待できる成分は「ビタミンA」です。ビタミンAには皮膚や粘膜の維持、抗酸化作用のほか免疫機能の調節といった効果や、生殖機能の向上や視覚の維持などの効果もあります。鮫肌の人は免疫機能や皮膚の異常を起こしているので、ビタミンAは積極的に摂取したい栄養素といえるのです。
ビタミンAは豚や鶏のレバー、うなぎや乳製品に多く含まれています。皮膚科で鮫肌の治療を行う場合は、エトレチネートなどのビタミンA誘導体の内服薬が処方されるのが一般的です。ただし、ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、体内に残りやすく過剰摂取は体調不良を招く恐れがあるので注意してください。

鮫肌をケアするために!NGポイント

鮫肌を改善させるなら、注意したいNGポイントがあります。たとえば、ひっかいたり触りすぎたりするのはNGです。かゆみがあるとかきたくなりますが、肌が傷つき症状が悪化する可能性があります。また、触りすぎは肌への刺激となるので気をつけましょう。角質ケアをするために、ピーリングを行うのもいけません。ピーリングは古い角質を落とすために行いますが、角質を落とすための強い成分が含まれていることが多い傾向です。強い成分のピーリングには、酸で角質を溶かすタイプやたんぱく質を分解して角質を溶かすタイプなどがあります。確かに、古い角質は除去できますが、肌に必要な角質細胞まで溶かしてしまうので積極的に使用したいものではありません。実は、角質細胞には、肌の潤いを守る天然の保湿成分が含まれています。保湿成分がなくなることで乾燥しやすくなり、鮫肌を悪化させてしまう可能性も考えられるのです。
症状がひどくないからといって、放置してはいけません。はじめは軽い症状でも時間が経つにつれて肌の乾燥がひどくなり、悪化することがあります。さらに、万が一鮫肌とは違う病気だった場合、症状の悪化で治すまで時間が必要になることもあるでしょう。スムーズに症状を改善させるためには、早めに対処することが大切なのです。ざらざらで肌触りの良くない鮫肌を改善し、いつまでも触っていたくなる滑らかな肌を目指しましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

おすすめ沖縄美人のオールインワンジェル わらびはだ