沖縄美人のオールインワンジェル わらびはだ 首イボ

首イボがかゆい時はどうすればいい?原因やケア方法をご紹介

首イボがかゆい時はどうすればいい?原因やケア方法をご紹介

刺激を与えたわけでもないのに、気が付くとできていることのある首イボ。年齢を重ねればイボができるのは仕方ないと考えがちですが、首イボの原因は加齢だけではありません。特に、かゆみを伴うときは、治療が必要な病気が原因という場合があるので注意が必要です。そこで今回は、首イボの種類や、かゆみがひどいときの対処法について紹介していきます。

いくつかある症状!首イボができる原因とは

首イボのかゆみが気になる場合、原因を探る必要があります。まずは首イボの原因をチェックしましょう。首イボができる原因は、大きく分けると2つです。1つは皮膚の老化による「老人性の首イボ」で、もう1つは特定のウイルスに感染することでできる「ウイルス性の首イボ」です。老人性の首イボは「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」や「懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)」ともいわれます。これは、年齢を重ねることで肌の新陳代謝が悪くなり、角化異常が起こることが原因です。
ウイルス性の首イボは、年齢問わず現れます。ウイルスの種類によって症状は異なり、感染すると増殖したり大きくなったりするのが特徴です。ウイルス性のイボは主に5種類あります。
1つ目は「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」で、子どもが感染しやすいウイルスです。痛みやかゆみは感じませんが、放っておくと増殖するだけでなく、患部を触ることで二次感染を引き起こします。
2つ目は「足底疣贅(そくていゆうぜい)」です。文字通り足の底にできるイボで、通常は肌と同じ色をしていて、皮膚の表面に黒くて小さな点ができることもあります。圧力を加えると痛みを感じることがあり、ひどい場合は歩行が困難になるため注意が必要です。
3つ目は「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくじゅ)」といい、水イボともいわれています。感染力が強いため、直接触れなくてもお風呂やプールなどで感染する可能性があるイボです。直径数ミリ程度でツルツルしているイボができます。4つ目は「扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)」で、若者にできることが多く、中年以降になるとほとんど発症することのないイボです。褐色で顔にできることが多いため、ニキビと間違われることが少なくありません。そして5つ目が「尖圭コンジローム(せんけいこんじろーむ)」です。主に外陰部や肛門部にできるイボで、性行為での感染が大半ですが、公衆浴場などで感染する場合もあります。

首イボがかゆい!原因が知りたい

いくつかの種類がある首イボですが、そもそもイボがかゆくなるケースはまれです。首イボがかゆくなるのは、まず衣類やアクセサリーによる摩擦が考えられます。首はほかの部分と比べると皮膚が薄く敏感な部分です。そのため、衣類やアクセサリーが擦れて刺激を与えている可能性があります。特に、冬など乾燥しているときは皮膚も乾燥しがちなので、より刺激を受けやすいのです。金属アレルギーを起こしていることも考えられるため、首イボがかゆい場合は、しばらくアクセサリーを外してみてください。
まれに、体内に悪性腫瘍ガンがあり、腫瘍細胞が飛び火することで皮膚にイボを形成することがあります。イボ全体がかゆい、イボができるスピードが速いなどの特徴がある場合は注意が必要です。なかでも、皮膚ガンの初期の状態はイボやほくろと似ているため、放置してしまうことがあります。短期間のうちにイボが茶色や黒色に変色したら早急に医療機関を受診しなければなりません。

かゆい首イボは自宅でケアできる?

かゆみを感じるからといって、首イボをかいてはいけません。かきすぎると傷ができて、見た目まで悪くなってしまうことがあるからです。かゆみを感じたら、冷やしてかゆみを沈めるようにします。かゆい部分のみ効率よく冷やせるのは、水で濡らしたタオルやアイスパックです。かゆい部分を冷やすことで皮膚の温度が下がり、かゆみを伝える知覚神経の活動を鈍らせることができます。ちなみに、広い範囲にかゆみがある場合は、水で濡らしたタオルのほうが広範囲を一気に冷やせるので効率的です。
ただし、冷やしすぎはいけません。なぜなら、冷やした部分の毛細血管は狭くなっているのですが、冷やしすぎると毛細血管が戻るときに冷やす前よりも拡張することがあるからです。その結果、血流が良くなり、かゆみが増してしまう可能性があります。
また、日頃のケアとして保湿クリームやオイルで保湿をすることも大切です。乾燥することで刺激を受けやすくなり、かゆみを引き起こすことがあるので乾燥を防ぎます。入浴後や毎日のスキンケアをするときに、首元までしっかり保湿する必要があります。その際、使用する保湿剤は、肌に刺激を与える成分が含まれていないものを選ぶのがポイントです。かゆみを感じる時点で、皮膚は刺激に敏感になっています。保存料や香料、着色料などの添加物が含まれていない保湿剤が安心です。それから、紫外線にも注意します。紫外線を受けることで、肌に刺激を与えてしまうからです。日焼け止めクリームなどを使用するときは、顔だけでなく首元までしっかり塗るよう意識します。

首イボのかゆみがひどい!皮膚科に相談しよう

首イボのかゆみがひどい場合は、できるだけ早いタイミングで皮膚科を受診したほうが安心です。冷やしたり保湿をしたりしてもかゆみが改善しないときや、1週間以上も症状が改善しないときは皮膚科で治療を受けなければいけません。首イボの治療方法はいくつかあります。たとえば、レーザーでイボを切除する方法です。炭酸ガスレーザーを使用して、瞬時にイボを除去します。1度に複数のイボを切除できるので、イボの数が多くなければ1回の通院で治療が可能です。
また、液体窒素で冷凍凝固して除去するという方法もあります。イボに液体窒素をつけるため痛みを感じることがあますが、比較的安価で治療することが可能です。ただし、1度に除去できる数が限られているので、イボの数が多い場合は通院して何回かに分けて除去しなければいけません。イボが大きいときには、除去手術をすることもあります。確実に治療ができますが、手術なのでしばらくの間、通院が必要です。それから、痛みが苦手な人や施術してもらう時間がとれない人は、薬を処方してもらうという方法があります。イボに有効とされている成分を服用して少しずつ改善させる方法です。
首イボにはいくつかの種類があり、なかには皮膚科を受診したほうが良い種類もあります。かゆみを感じたら保湿などのケアをして、それでも改善されなければ膚科に相談してみましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルわらびはだ