沖縄美人のオールインワンジェル わらびはだ 胸ニキビ・イボ

胸にできるイボの原因はなに?改善方法についても知りたい

胸にできるイボの原因はなに?改善方法についても知りたい

ふと気が付くと、いつの間にか顔や体にできている「イボ」。イボはできる場所によっては人目につきやすく、目立ちやすいため気になる人も多いでしょう。なかでも、胸はイボができやすい場所の一つだといわれています。どのようなことが原因となり、胸にイボができてしまうのでしょうか。ここでは、胸にイボができてしまう原因や対処法について紹介します。

まずはイボができる原因を知ろうまずはイボができる原因を知ろう

イボとは皮膚の表面に発生する、突出するようなできもののことです。イボにはさまざまな種類があり、それぞれ大きさやできる原因も異なります。イボができる原因は、大きく2種類に分類されます。
まず、1つ目は「老人性のイボ」です。老人性のイボは別名「脂漏性角化症」とも呼ばれ、加齢によって起こる角化異常が主な原因だといわれています。老人性イボはでき始めの際にサイズが小さく、時間が経つにつれて徐々に大きくなりやすいことが特徴です。また、色や形は人それぞれ異なり、さまざまなパターンが見られます。老人性イボは基本的に皮膚の老化現象によって起こるといわれており、多くの場合は良性であると考えられています。しかし、絶対に良性であるという確証はなく、悪性である可能性も否定できません。そのため、老人性イボができた場合は万が一の事態に備えて、医療機関で検査を受けることがおすすめです。
2つ目の「ウイルス性のイボ」は、その名の通り何らかの原因により、ウイルスに感染することによってできてしまうイボを指します。ウイルスは小さな傷口から皮膚に入り込むことが多いといわれています。ただ、感染経路は一つとは限らないため、原因を特定することは難しいのが現状です。ウイルス性イボは良性の場合、時間の経過とともに自然治癒するケースがありますが、なかには悪性の可能性もあります。したがって、ウイルス性イボの症状が疑われる場合は、できるだけ早い段階で医療機関を受診すると安心です。
なお、胸にできるのは老人性のイボが多い傾向だといわれています。その大きな原因の一つとして挙げられるのが、胸は皮膚ダメージを受けやすいという点です。胸は下着や衣類による摩擦が生じやすい部分であり、皮膚に刺激が加わることで、イボができてしまう原因につながるのです。

老人性のイボはレーザーで取る

加齢などの原因によりできてしまった老人性イボは、専門の皮膚科や美容外科などの病院を受診することで除去することが可能です。老人性イボを取り除く方法として一般的なものには、「レーザーによる除去」が挙げられます。レーザーを使うことで、イボを丸ごと取り除くことができるのです。
レーザーでイボを取る最大のメリットは、何といっても「即効性がある」ことです。できてしまった老人性イボを、一刻も早く何とかしたいという場合に向いているでしょう。また、専門的な機関でケアを受けることにより、「確実さ」を得られる点も大きなメリットといえます。素人の場合、見た目だけで老人性のイボとウイルス性のイボのどちらなのか、的確に判断することは至難の業といえます。素人判断で自己ケアを行うと、「ウイルス性のイボに老人性イボのケアを行ってしまった」という間違いが起こりかねません。病院できちんと専門医に診断してもらうことで、症状に適した処置を受けられます。
しかし、安心感の高い病院でのレーザー治療にも、デメリットが存在します。それは、「治療費が高額になりやすい」という点です。レーザーによる老人性イボの除去は、保険適用外になる場合があります。すると、小さなイボを除去する場合でも、高額な費用がかかってしまう可能性があるのです。また、イボは除去をすれば終わりというわけではなく、処置後の状態を確認するために、しばらくの間は病院に通院することになるケースも多く見られます。そのため、病院でレーザー治療を受ける場合は、お金と時間の両方がかかりやすいということを、念頭に入れておくことが必要です。

ウイルス性のイボは専用の薬で治療

ウイルス性のイボは、病院での治療が必要になります。一般的に病院で推奨されているのは、「レーザー治療」「液体窒素での治療」「内服薬での治療」などです。医療機関を受診し、症状をしっかりと確認してもらったうえで、適切な治療を受けるようにしましょう。また、ウイルス性のイボを治療する際に注意したいのが、ウイルスが残っていると「再発」のおそれがあるということです。場合によっては、ウイルスが皮膚の奥深くに根を張ってしまい、その根を取り損ねることで症状がくり返してしまう場合があります。
さらに、ウイルスが残っていると症状が再発するリスクがあるだけではなく、人に感染する可能性もあります。人に触れる機会が多かったり、けがをしやすかったりする人は充分な注意を払うことが大切です。ウイルス性イボの感染を予防するには、他の人とタオルを使い回さないことや、人との直接的な接触を避けるなどの方法が挙げられます。また、イボができている部分を衣服などで覆って隠すのも、一つの手でしょう。

軽度のイボは自宅でケアもできる

症状が重かったりウイルス性のイボだったりする場合は、病院で治療を受ける必要があります。しかし、痛みなどがなく症状が軽度のイボの場合は、自宅でケアをすることも可能です。病院に通うと費用や時間がかかることに比べて、自宅ケアなら手軽に取り入れやすいというメリットがあります。
なかでも、オールインワンジェルのイボ対策化粧品なら、日常生活のすきま時間を利用して簡単にケアできるので、忙しい日々を送る人にも使いやすいでしょう。数あるオールインワンジェルのなかでも、胸のイボ対策には「わらびはだ」がおすすめです。わらびはだは、イボのケアを目的として作られた化粧品であり、肌のコンディションを整えてくれることが期待できると、多くの人から注目を集めています。
わらびはだの最大の特徴は、無香料・無着色・無鉱物油で、品質に徹底的にこだわっている点です。また、弱酸性でノンパラベンなため、安心感が高いことも魅力の一つといえます。さらに、ヒアルロン酸やハトムギ種子エキス、馬プラセンタなどの成分が配合されているため、効率的に肌にうるおい補給を行えます。大切な肌に直接塗布するものだからこそ、毎日安心して使用できる商品を選ぶことが、輝く素肌に近づくためのポイントです。日々のケアできちんと対策を行い、つややかで自信の持てる素肌を目指しましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

わらびはだ