しわ・たるみ 沖縄生まれのオールインワンジェル ネオ*わらびはだ

気になる顔や首のしわをなくすには?原因と部位別の対策と予防法

気になる顔や首のしわをなくすには?原因と部位別の対策と予防法

顔や首のしわは目につきやすく、対外的にも気になるものです。目につく場所にあるしわは老けて見える原因でもあり、なくしたいと考える人は多いのではないでしょうか。ここでは、しわの原因と部位に合った改善策や、しわを作らない方法について解説します。根本的な原因を知ることで具体的な予防方法も理解でき、実際に行動しやすくなるでしょう。

しわができる原因には何があるか?

しわをなくすには、「なぜしわができたのか」を知ることが重要です。しわの原因には、加齢、乾燥したことによってできるケースなど、さまざまな原因が挙げられます。しわの原因を明確にすることにより、緩和に役立つ基礎化粧品や美容液選び、最適なケア方法などが見えてくるでしょう。そのため、しわの進行を予防しやすいといえます。しわができた原因によっては、毎日のお手入れを工夫するだけでも目立たないようにできる可能性もあるのです。さらに、まだしわができていない部位の予防にもつながります。

しわの原因1「肌の乾燥」

しわの原因の1つとして、肌の乾燥が挙げられます。角質層の水分が30%以下になった場合、肌が乾燥している状態です。乾燥が原因でしわができている場合は、「もともと乾燥肌」「エアコンの利用で空気が乾燥し肌にも影響している」「十分なお手入れができていない」などの可能性があります。肌表面の乾燥により非常に細かいしわができ、細かなしわのお手入れをせずに放置してしまうと、目立つしわになるケースが多いです。大きく目立ったしわに変化すると、改善や緩和が難しく見た目年齢が老けて見えるなどのデメリットも起こります。そのため、肌の乾燥を実感した際には早い段階で対処する必要があるのです。
また、加齢や季節によっても肌が乾燥しやすくなります。遊離脂肪酸やセラミドなど肌に存在する物質は、肌の水分保持や外部刺激から肌を守る役割を果たすものです。しかし、年齢とともに保湿成分は減少します。さらに、冬は夏や春と比較して湿度が低下するうえに、エアコンを使用する機会が多いため肌が乾燥した状態になりやすい傾向です。特に、冬の暖房器具には注意が必要ですが、夏でも過度な冷房の使用で乾燥を招きます。乾燥した肌は柔軟性や弾力が失われるため、しわが深く目立ちやすくなる点も認識しておきましょう。

しわの原因2「紫外線によるダメージ」

紫外線による肌へのダメージは「光老化」と呼ばれており、しわだけではなくシミやたるみなど肌への影響が大きいものです。紫外線のなかでも、特にUVA波がしわやシミの原因になります。紫外線を長時間浴びた肌は、コラーゲンやセラミドなどの保湿成分が減少しやすく、肌の乾燥を招くことが特徴です。紫外線によるシミ、乾燥を招くことによるしわやたるみなど肌の老化を促進するため、紫外線によるダメージを防ぎましょう。

しわの原因3「表情などの折りじわ」

無意識に行っている表情の癖や生活習慣も、しわが目立つ原因の1つになります。笑いじわや眉間のしわなど、日ごろの表情によって定着するケースも多いです。いつも楽しく、笑顔で過ごせる環境にいることは非常に幸せなことですが、しわが定着すると緩和したり改善したりするのは難しくなります。また、眉間のしわは険しいや苦痛を感じた際にできるしわのため、自分にも周囲の人間にもよい影響を与えません。
さらに、首にできるしわは寝ているときの首の角度や日中の姿勢などが原因でできやすいものです。枕が高いと寝ているときに首が折れるため、しわになります。日中、下を向いて作業をすることが多い場合も同じ位置にしわができやすく、定着しやすいため注意しましょう。ほかにも、寝ているときにできるしわには首だけではなく顔のしわもあります。うつぶせや横向きで枕に顔をつける癖がある人は、長時間肌がよれている状態になることも、しわができる原因です。

顔にしわができたときの改善策

顔にしわができたときの改善策は、しわの原因によって異なります。まず、乾燥や加齢、紫外線の浴び過ぎによる場合は、保湿成分を含んだ化粧品でお手入れをしましょう。代表的な保湿成分にはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、レチノール、ビタミンC誘導体などが挙げられます。セラミドは、本来人の肌に存在する成分であり、水分と油分を保持して潤いを保つ成分です。セラミドによって外部刺激を受けにくくするバリア機能を向上させ、肌の水分を維持する力を上げる作用も期待できます。コラーゲンとヒアルロン酸は肌で生成されるもので、細胞同士をつなげることによって肌のハリを維持する成分です。
レチノールと胎盤を意味するプラセンタ、ビタミンCを肌へ吸収しやすく改良したビタミンC誘導体は、各保湿成分の生成を促す効果が期待できます。保湿・美容成分を、化粧水や乳液、美容液のほか、保湿パックやマッサージなどに取り入れてみましょう。また、AHAなどの古い角質を除去する働きが期待できる成分で肌の活性化を図るのも、しわ改善に役立ちます。
次に、表情や習慣が原因でできたしわへの改善策です。笑うことが多いためにしわができているのであれば、無理に笑うことをやめる必要はありません。しかし、笑っていてもしわが定着しないよう日々のケアで保湿を心がけ、顔ヨガやストレッチといった表情筋を鍛える方法が有効です。眉間のしわや額のしわは、表情の癖を改善することが重要だといえます。無意識に行っていて自分ではわからないのであれば、鏡を見ながら、どのような表情のときに眉間や額にしわができているかを確認しましょう。

首にしわができたときの改善策

首のしわは、寝ているときに枕が高いとできやすいため、枕の高さや大きさを見直しましょう。仰向けで寝た際に首が曲がりすぎていないかを確認し、可能な限り首を伸ばした体制で寝るように意識します。ちょうどよい高さの枕をすぐに用意できない場合には、バスタオルを折りたたんで枕代わりにする方法も有効です。バスタオルは高さも調整しやすく、代用品として活用できます。さらに、就寝時だけでなくソファーなどでくつろいでいるときにも、首を曲げる癖がついていないかを改めて確認しましょう。また、日中の行動で姿勢が悪くなっていないか、デスクワークの場合には椅子や机の高さを調整し、首が伸びた状態で過ごせているかを再確認します。

しわができないよう予防する方法

可能な限りしわができないようにするためには、日ごろから予防する意識をもち、実際に行動することも大切です。まず、乾燥予防を意識しましょう。暖房や冷房を使用する際には、同時に部屋の保湿を心がけ、加湿器も併用するなど工夫します。直接顔にエアコンの風が当たらないよう、机や椅子の位置を移動することもポイントです。また、紫外線を浴びることによって乾燥を招くため、紫外線対策をしっかり行います。紫外線は1年中降り注いでいるため、夏場以外でも帽子やサングラスの着用、紫外線カット効果のある化粧品や日焼けどめを使用する必要があるのです。
さらに、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれている化粧品で保湿ケアをします。特に、紫外線を浴びてしまったときや冷暖房を使用している時期は乾燥しやすいため、化粧品でのケアに加えて保湿パックをすることでも効果が期待できるでしょう。ほかにも、食べ物からコラーゲンやビタミン、エラスチンを摂取する方法も有効です。食材だけでなくサプリメントなども活用し、不足していると実感する成分を補給します。肌のダメージは、肌表面だけではなく体内からのダメージでも悪化する点に注意が必要です。アルコールの過剰摂取や喫煙など、肌のダメージを招く嗜好品は控えるか、やめることも検討しなければなりません。加えて、表情の癖を定着させないようにすることも重要であり、寝ているときの向きにも注意し、しわができにくい生活を心がけましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルネオわらびはだ