シミ・そばかす 輝白パッククリーム 王妃の白珠

シミを改善するには?原因別の対処法がおすすめ

シミを改善するには?原因別の対処法がおすすめ

シミは、多くの女性がもつ肌トラブルの一つです。一度できてしまうとなかなか消すことができず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。顔のシミは隠せませんし、夏などの露出が多い季節になると腕や体のシミも気になります。実は、シミにはいくつかの種類があり、できたシミの原因別の対処法があるのです。それぞれのシミの特徴とその対策を知って、効果的にシミを改善させましょう。

シミができる仕組みは?

細胞の表皮の一番下に位置する基底層には、メラノサイトというものがあります。細胞の中にある核に紫外線が当たると、核の中のDNAが破壊されて、皮膚癌を引き起こしたり細胞が死んでしまったりします。そこでメラノサイトが産出するメラニン色素が傘のような役割をし、真皮に紫外線が届かないようにブロックして、細胞の核を紫外線から守ってくれているのです。メラニン色素は通常だと表皮の新陣代謝であるターンオーバー機能によって垢として排出されます。しかし、何らかの原因によって排出しきれずに肌に残ってしまうとシミとなってしまうのです。
排出しきれない主な原因としては、まずメラニンの過剰生成があげられます。皮膚にはメラノサイトを刺激してメラニン生成を命令する物質が存在するのですが、紫外線や活性酸素などにより表皮のメラノサイト刺激物質に異常が起こると、過剰にメラニンが産出されることがあるのです。また、ターンオーバー機能の乱れも排出しきれない原因となります。加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因により、ターンオーバー機能が乱れ、シミの原因となってしまうのです。

老人性色素班のシミへの対処法

老人性色素斑とは、長期間にわたり浴び続けた紫外線が原因でできるシミです。長年の紫外線曝露により細胞のダメージが蓄積すると、メラニン生成の信号が出てメラノサイトが活性化し、メラニン色素が過剰生成されます。こうしてできるのが老人性色素斑です。主な特徴として、薄茶糸で輪郭がはっきりとした楕円形をしていることがあげられます。典型的な症例としては、30代から40代以降に出現し、顔、手の甲、前腕など日光にあたりやすい場所に男女問わずできます。老人性という言葉が付きますが、色白の人やアウトドアで過ごすことが多い人では20代後半から現れることもあります。60代以降になると日光にあたりにくいお腹や太ももにできる場合もあるので、注意しましょう。一般的に言われるシミは、この老人性色素斑であるケースが非常に多くなっています。
では、どのような対策をすればよいのでしょうか。ポイントは、肌を紫外線のダメージから守ることです。初期の段階であれば、美白化粧品を使用したり、帽子や日焼け止めなどを使用したりして紫外線対策をしましょう。また、内側からの予防として、ビタミンCやビタミンEを積極的にとることもいいでしょう。定着してしまったシミに関しては、クリニックでの治療をおすすめします。最近では、クリニックでも比較的安価で簡単に治療できるようになりました。美容クリニックだと、レーザー照射や光治療などで老人性色素斑を治療することができます。

肝斑のシミへの対処法

肝斑とは、地図のようにべったりした見た目の淡褐色のシミです。日本人の皮膚はこの肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいと言われています。ちなみに、肝臓の肝という字が使われていますが、肝臓の病気が関係するというわけではありません。肝斑の特徴として、両頬や額、下顎、鼻の下に左右対称にできることがあげられます。血色が悪いと思っていたのは、実は両頬に広がる肝斑だったというケースもあるそうです。
主な原因としては女性ホルモンのバランスが影響してできると言われていて、30代から40代の女性に多く出現します。妊娠によって発生したり、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされたりする場合もあるようです。50代後半で新たに発症する人はほとんどみられず、60代からは症状が治まることも多いとされています。このほか、肝斑ができる原因として、ストレスも関係していると考えられているため、規則正しい生活や十分な睡眠を心がけましょう。さらに、肌に刺激を与えないようにすることも大切です。洗顔やフェイスマッサージなどで必要以上に激しくこするなど余計な刺激を与えないようにしましょう。他にも対策として、抗酸化作用の強いトマトやベリー類を摂取することもあげられます。

脂漏性角化症のシミへの対処法

脂漏性角化症とはシミの角化が進んだシミで、いわゆる老化による「いぼ」のひとつです。顔面や頭部、体幹などに初めは平らなシミとして現れ、徐々に盛り上がっていきます。初期段階では1mmから2mm位の大きさですが、放っておくと少しずつ大きくなり、通常は2cmくらいまでになるようです。色は茶色から黒褐色までさまざまですが、中には色の無い無色素性のものも見られます。自然に消えることはなく、加齢とともに数が増えていきます。この種類のシミは美容化粧品などで対策をするよりも、病院やクリニックで凍結治療、レーザー治療などをする方が効果的です。凍結治療とは、液体窒素を綿棒にしみこませて病変部にあてて細胞を凍結させる治療で、通常数回の治療が必要となります。大きさによっては手術となることもあり、局所麻酔の注射をして腫瘍を切り取って、必要に応じて縫い閉じます。
脂漏性角化症は良性の皮膚腫瘍なので必ずしも治療を必要とする疾患ではありませんが、実は皮膚がんであったという場合があります。特に前癌状態である、日光角化症(老人性角化症)とは区別がしづらく、注意が必要です。癌が疑われる場合は、皮膚の一部もしくは全部を切り取って組織検査をします。レーザー治療などでは組織検査はできないので、癌が心配な方は切除して組織検査をしてもらいましょう。

シミのケアにおすすめの美白パック!

できてしまったシミのケアでオススメなのが、「王妃の白珠」という美白パックです。2017年5月のISSINリサーチによる54万人を対象にしたアンケート調査では、「最も信頼できると感じる美白クリーム」など美白クリームに関する6項目で第1位となっており、多くの方に支持されています。
使い方も簡単で、シミをなくしたい部分にパックするだけです。気になる箇所にたっぷりとクリームを塗り、5分待ってから洗い流します。このとき、石鹸を使う必要はなく、水で洗い流すだけで大丈夫です。お風呂で体を洗うついでにパックすれば、簡単にシミを改善することができます。12種類の沖縄由来の天然美容成分が配合されており、さらにコラーゲンやヒアルロン酸を超える保湿力のプロテオグリカンも含まれています。紫外線吸収剤、合成香料、合成着色料は含まれていないので、お肌にも安心安全です。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

輝白パッククリーム王妃の白珠