シミ・そばかす 輝白パッククリーム 王妃の白珠

コンプレックスが気になる!日本人にそばかすができるのは珍しい?

コンプレックスが気になる!日本人にそばかすができるのは珍しい?

日本でも幼少期のころからそばかすに悩んでいる人もおり、肌がきれいな人を見ると余計にコンプレックスを感じてしまう場合もあるでしょう。しかし、そばかすというと欧米人に多いようなイメージがあります。日本人にできるのは珍しいといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。今回は、日本人と欧米人のそばかすのできやすさの違いや、そばかすができる原因について紹介します。

日本人にそばかすはできやすいの?

結論からいうと、日本人は欧米人に比べてそばかすができにくい傾向にあります。そばかすは数ミリメートル程度の小さな「シミ」です。つまり、そばかすができるメカニズムは、シミができるメカニズムとほぼ一緒だといえます。そばかすができる原因には色素の量が関係しているのをご存じですか?実は「黄色人種」である日本人よりも、欧米に多い「白人」の方が色素の量が少なく紫外線の影響を受けやすくなっているのです。また、欧米人は日本人よりも日焼けすることに抵抗のない人が多く、日本人のようにこまめに日焼け止めを塗ってケアしている人もあまりいません。さらに、紫外線の影響の受けやすさは食生活でも大きく変わります。
欧米人は肉を中心とした食生活が一般的ですが、日本人は昔から米を中心とした食生活です。米にはビタミンやミネラルを始め、栄養が豊富に含まれています。こういった栄養素がそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えるのに一役買っており、この食生活の差が欧米人と日本人のそばかすのできやすさに違いを生んでいるのです。

そばかすができる原因が知りたい!

そばかすは正式名称「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれています。子どものころからそばかすができている場合は、両親からの遺伝であることがほとんどです。これは、そばかすそのものが遺伝するのではなく、色素の量など「そばかすができやすい体質」が遺伝します。そのため、両親のどちらかにそばかすがあったとしても、必ず子どもにそばかすができるわけではありません。反対に両親や親戚にそばかすがある人がいなくても、幼少期になると子どもにそばかすが現れるケースもあります。遺伝性のそばかすの場合、3歳ごろから小学生くらいまでの幼少期にそばかすができ始める場合が多いでしょう。そばかすは通常のシミよりも小さく、5ミリメートル以下の大きさの色素斑になります。
場所は鼻筋の付近や頬の上部にできやすく、思春期になるにつれて目立ってくるようになりがちです。正しい紫外線のケアやきちんとした食生活を送っていれば、大人になるにつれて薄くなっていく可能性もあるでしょう。しかし、反対に紫外線を浴び続けると、そばかすを濃くしてしまう原因にもなるのです。また、子どものころにそばかすがなくても紫外線対策をしっかりとしていないと、大人になってからそばかすが現れることもあります。この場合は、遺伝性ではなく紫外線の影響による後天的なそばかすだと考えられるでしょう。

そばかすは汚く見える?視線が気になる!

日本人は体質的にそばかすができづらい人が多いため、そばかすのある人は珍しいと感じるかもしれません。そのため、日本人にとってはそばかすをコンプレックスとして抱えている人も多い傾向です。しかし、欧米ではそばかすは珍しいものではないため、むしろ自身のチャームポイントだと思っている人もいます。それどころか、そばかすがない人が憧れて、メイクでそばかすを描く「そばかすメイク」というのもあるのです。なぜなら、そばかすのイメージには「肌が汚く見える」というネガティブなものだけではないからです。そばかすは素朴であどけない印象を与えることから「かわいい」「純粋そう」「セクシー」といったポジティブなイメージが強くあります。
また、欧米ではバカンスに出かけることをステータスとしている国が多い傾向です。そのため、日焼けするほど「よくバカンスに行ける豊かな人」と思われています。反対に、シミ1つない真っ白な肌は、引きこもりや「どこにも出かけられないかわいそうな人」とネガティブなイメージを持たれてしまうのです。日本ではシミのない白い肌が好まれますが、海外では逆なのです。海外と日本ではそばかすに対するイメージが大きく違うものの、悪い印象ばかりではありません。日本でもそばかすがある女優やモデルは意外にいて、「親近感がある」「飾らない感じがいい」とそばかすが良い印象を与えています。

そばかすを薄くする方法が知りたい

そばかすにはネガティブなイメージばかりではないものの、実際にそばかすがある人にとっては「少しでも薄くしたい」と思うこともあるでしょう。そばかすを薄くするには、1番の原因である紫外線への対策は欠かせません。むしろ、対策をしなければそばかすは濃くなり増えていく一方です。そばかすを薄くする前に、まずはこれ以上悪化させないようにしましょう。紫外線対策には「長時間日光に当たらないこと」「くもりの日でも日焼け止めをしっかり塗ること」「食生活を改善してビタミンを多くとること」などが挙げられます。これらの習慣を続けながら、次は今あるそばかすを薄くしていくようにしましょう。
方法としてはホワイトニング化粧品を使うことや、病院で処方された内服薬・外用薬を使うことです。一般的に「美白成分」と呼ばれるものの働きとしては、紫外線を浴びたときにメラニンの生成を抑えるもの、生成されたメラニンを還元作用によって薄めるものなどがあります。これらの役割を持つ成分のうち、いくつかを配合した化粧品や薬を使うことによって、そばかすを徐々に薄くしていく効果が期待できるのです。

そばかすを悪化させない!基礎化粧品を選ぼう

そばかすを薄くしていくには、いつも使う基礎化粧品が重要になってきます。しかし、「美白」をうたっている化粧品は非常に多く、どれを選んだらいいのか分からない人も多いでしょう。美白効果が期待できるものとして有名なのが、沖縄で古くから使われている「クチャ」を使った泥パックです。そして、この「クチャ」を主成分として作られているのが「王妃の白珠」です。
王妃の白珠にはクチャ以外にも「ハイビスカス」や「シークワーサー」など沖縄産の天然素材が多く使われています。また、「アロエベラ」のエキスが入っているので保湿効果も非常に高いです。また、沖縄の自然の恵みを受けた天然素材をふんだんに使用しているので安心して使えるのも嬉しい点でしょう。パッククリームですが、使い方は簡単で塗って5分放置するだけです。手のかかるスキンケアだと頻繁に行うのがおっくうになってしまいますが、これは忙しい人でも続けやすいと高評価を受けています。そばかす対策にはこまめなケアが必要なため、手軽にできるスキンケア用品を選びましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

輝白パッククリーム王妃の白珠