しわ・たるみ 沖縄生まれのオールインワンジェル ネオわらびはだ

おでこにしわができた!?おでこじわを改善する方法を徹底解説

おでこにしわができた!?おでこじわを改善する方法を徹底解説

おでこは顔の中でも目立ちやすい部分ですが、意外とスキンケアがおろそかになりがちな部分です。前髪がある場合は隠れている場合も多いので、ふと見てみるとしわができていたというケースも少なくありません。おでこのしわは部分的ではなく広範囲となる場合が多く、一度できてしまうととても目立ちます。また、しわによって年齢が出やすくなってしまうという特徴もあるためしっかりケアしたい部分なのです。ここでは、そんなおでこにしわができるメカニズムと対策方法について解説します。

おでこじわは老け見え・気難しい印象を与える原因に

年齢を重ねると、誰でも自然にしわができてきます。おでこも例外ではなく、それどころかほかの箇所に比べてしわができる範囲が広く目立ちやすいという特徴があります。そんなおでこにできるしわには、主に3つの種類があります。1つ目は、横線のようなしわができる横じわです。おでこにできるしわの大半が横じわとされ、最も身近なものと言えます。2つ目は縦じわで、眉間からおでこにかけてできるものです。顔をしかめているような状態に見えやすいのが、特にこの縦じわではないでしょうか。そして3つ目は、ちりめんのように細かく入るちりめんじわです。一つひとつが目立つわけではないものの、ちりめんのように多く入っているためとても目立ってしまうしわとなっています。
こうしたおでこのしわは、顔が老けて見える大きな原因となります。どんなにきれいにメイクをしていても、おでこにしわがあるだけで年齢を感じさせてしまうのです。さらに、考えているときに現れやすいしわというイメージが強いことから、全体的に気難しい印象となってしまいます。おでこのしわは、顔の見た目に大きく影響するものと言えるのです。

おでこにしわができる主な原因はこれ!

おでこにしわができてしまうのには、いくつかの原因が考えられます。まずは、紫外線や乾燥などによる肌のダメージです。紫外線や乾燥によってダメージを受けた肌は、肌の状態を修復するために多くの水分を使います。すると、肌の中に含まれている水分量が減ってしまい、肌は弾力がなくなりしわができやすい状態となってしまうのです。また、水分が少ないとさらに紫外線や乾燥によるダメージを受けやすくなってしまうので、肌にとっては悪循環となります。
筋肉の衰えも、しわの原因です。年々自然と筋肉は衰えてしまうものなので、対策を講じなければ筋肉によって保持されている皮膚にまで影響が出てきます。筋肉が衰えてしまうと、皮膚が重力の影響でどんどんと下がってしまうのです。これは、加齢だけでなく筋肉を使わない若い世代でも起こり得る現象です。そして、血行不良と新陳代謝の低下もおでこのしわにつながります。血行が悪くなると、栄養が行き届かなくなり肌の健康状態が悪くなります。また、新陳代謝が低下してしまうと老廃物が効率的に排出できなくなり、肌のターンオーバーが乱れてしまうのです。すると、新しい肌への生まれかわりが滞ってしまうため、しわができやすくなります。
こうした外的な要因や肌の状態だけでなく、表情の癖もおでこのしわに関係します。たとえば、眉を寄せる怪訝な表情は縦じわができやすく、この表情を繰り返すと縦じわの癖をつけてしまうことになるのです。眉を寄せる表情はイライラしたりストレスを感じたりした際によくあらわれますが、この心理状態は肌の老化にもつながります。活性酸素を作り出してしまうほか、美肌に欠かせないビタミンCも壊してしまうのです。これによって、しわはより深く刻まれてしまうといっていいでしょう。
これ以外にも、驚いたときに眉毛を上げる表情をすると横じわが出やすくなり、これを繰り返すと横じわの癖がつきやすくなります。表情豊かなのはとてもいいことで顔の筋肉を保つうえでも大切ですが、おでこのしわの原因になる表情もあることを覚えておく必要があるのです。しわは、一度できると癖がついてなかなか治らないものです。表情によっても一時的なしわができるので、癖付けないためにも日常的な自分の表情も確認してみるといいでしょう。

おでこのしわ対策におすすめなマッサージ方法

おでこのしわを放置しておくと、どんどんとしわが深くなり元に戻りにくくなってしまいます。そこで、どんなに小さなしわでも放っておかず対策をしていきましょう。こまめに対策をしておけば、しわは深くなりにくく若々しい肌を保ちやすくなります。そんなおでこのしわ対策には、マッサージが有効です。普段はあまりマッサージする機会のないおでこですが、積極的にマッサージする習慣をつけると効果的です。
おでこのしわに効果的なマッサージでは、中指と薬指の腹でおでこのしわを伸ばすようにします。しわは重力によってどんどんひっぱられてしまうので、こまめに引き上げておくといいのです。このとき、円を描きながらこめかみまですべらせてマッサージしていきましょう。こうすることで、肌を引き上げる効果と血流アップ効果を見込めます。最後に、こめかみをやさしく押すようにしたらマッサージは終了です。毎日マッサージして皮膚を伸ばし、しわが深く刻まれないように心がけましょう。
マッサージするときは、肌に刺激とならないように注意することも大切です。せっかくしわを伸ばすためのマッサージをしていても、それが肌に刺激となってしまっては元も子もありません。そこで、クリームなどをあらかじめ肌に塗布して指の滑りをよくしておきましょう。これによって、肌と指が直接触れることによる摩擦を軽減することができます。また、肌を強く押したり爪を立てたりしないように気をつけると安心です。
おでこは頭皮とつながっているので、頭皮のマッサージも併せて行うと効果的です。頭皮をマッサージすることで、頭皮の血流アップを見込めます。すると、ハリのある頭皮となり顔のリフトアップ効果も期待できるようになるのです。また、髪の健康にもつながるので頭皮マッサージを行って損はありません。おでこのマッサージのついでに、毎日頭皮もマッサージして頭全体の健康を目指しましょう。

肌の保湿もしわ対策!潤い力を高めるスキンケア方法

おでこのしわ対策ではマッサージが有効ですが、同時に保湿も欠かせない対策となります。肌の潤い力を高めることで、肌のハリを維持してダメージに強い状態にするのです。これによって、しわを対策しながら若々しい肌を目指すことができます。そこで、肌の潤い力を高めるための具体的な方法も頭に入れておきましょう。
保湿と一口に言っても、ただ単に水分を補給すればいいというわけではありません。まずは、保湿や紫外線対策を中心とした日頃のスキンケアを見直す必要があります。どんなに保湿をしていても、紫外線を多く受けてしまえば水分は減少してしわができやすくなってしまいます。だからこそ、保湿と同時に紫外線対策も見直す必要があるのです。保湿では、保湿力の高いスキンケア商品を選んでこまめにお手入れをすることが大切です。温めた手で、何度も化粧水や美容液をハンドプレスするのもいいでしょう。ハンドプレスをする際は、やさしく水分を肌に押し込めるようなイメージで行います。また、化粧水や美容液を重ね塗りすることも有効です。重ね塗りをする場合は、化粧水や美容液が肌に浸透して馴染んでから重ねていきます。おでこパックをする方法も、集中的な保湿ケアができるのでおすすめです。
どれだけ保湿できるかは、スキンケア商品の選び方も大きなポイントとなります。スキンケア商品を選ぶときは、ヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分が十分含まれているものを選びましょう。ヒアルロン酸は保水力に優れた成分であり、コラーゲンは肌を形成するうえで欠かせない成分です。これらが配合されていれば、肌に効率的な保湿ができると言えます。また、自分の肌に合ったスキンケア商品を選ぶことも大切です。自分の肌の状態をしっかり理解して、適切なスキンケア商品を選びましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルネオわらびはだ