シミ・そばかす 輝白パッククリーム 王妃の白珠

肌の中で育つ嫌なシミ!正しいシミ予防の方法が知りたい

肌の中で育つ嫌なシミ!正しいシミ予防の方法が知りたい

うっかりひなたに長時間出てしまったあとに、顔にシミを発見するとショックを受ける人は多いのではないでしょうか。真夏でないから、たいした紫外線対策をしていないという人は要注意です。紫外線対策は1年を通して適切な方法で対策しないと、シミができてから後悔することになってしまいます。そこで、ここでは効果的なシミ予防の方法や正しい洗顔方法、基礎化粧品の正しい使い方などについて解説します。

知っておきたい!シミができるメカニズム

シミは、肌が紫外線などによるダメージから肌や体内を守るために生成される、黒色メラニンが原因でできるものです。紫外線を浴びた肌はこれ以上の肌へのダメージを防ぐために、肌のバリア機能を高めようと、肌の奥にあるメラノサイトで黒色メラニンを作り出します。このように、黒色メラニンは人間の体にとってなくてはならない有益な物質です。
しかし、通常の肌が健康な状態のときには、黒色メラニンの生成と排出はバランスが取れているものの、肌がダメージを受けるとバランスが崩れてしまいます。肌がダメージを受けたことで黒色メラニンが過剰に生成され、肌のターンオーバーのサイクルが乱れることにより、黒色メラニンがうまく排出されずに肌に残ってしまうのです。そのため、排出されずに残った黒色メラニンが肌表皮に蓄積されていき、茶色のシミやそばかすの原因になってしまいます。

シミ予防の基本は紫外線対策

黒色メラニンを過剰に生成させないことがシミの予防につながります。つまり、紫外線を浴びないように徹底することが、一番確実なシミ対策です。そうはいっても、雨戸や遮光カーテンを締め切って紫外線を避けて室内に閉じこもっているわけにはいきません。現実的な紫外線対策としては、まず日常的に日焼けをしないように気をつけることです。紫外線は5~8月にかけて最も多い時期になりますが、1年を通して紫外線は降り注いでいます。紫外線量の少ない時期でも、長時間ひなたにいれば相当の紫外線量を浴びることになってしまいます。そのため、日焼け止めは1年を通して使用することが望ましいでしょう。
ただ、「強力な日焼け止めなら効果が高いだろう」と期待して、紫外線の少ない時期にSPFやPAが最大値の日焼け止めを使う必要はありません。紫外線が少ない日に強力な日焼け止めを日常的に使用することは、かえって肌を傷める原因になってしまいます。夏や冬、外出時間に応じて適切なものを使い分けてください。日焼け止めだけに頼ることなく、日傘や帽子、マスクやアームカバーなども効果的に利用してください。UVカット率99%の日傘やUVカット素材のパーカーなどもありますが、永久的に効果が期待できるものではありません。古いものでは段々と効果が落ちますので、過信しないように気をつけてください。
日かげでも紫外線が0ということにはなりませんし、日傘をさしても照り返しで日焼けすることがあります。こまめに日焼け止めを塗り直しながら紫外線対策グッズと併用するのが良いでしょう。

基礎化粧品の使い方にも注意が必要

シミ予防のためには、紫外線から守るだけでなく、常日ごろからなるべく肌にダメージを与えないような正しい基礎化粧品の使い方をマスターすることが必要です。そこで、基本的なメイク落としの方法や基礎化粧のコツなどを紹介します。メイクを落とす際は、なるべく肌に刺激を与えずにメイクオフするように心がけましょう。肌をごしごしとこするタイプのメイク落としでなく、きめ細かな泡が立つ洗い流せるタイプのものがおすすめです。そのほうが、肌に負担がかかりません。
メイク落としでも、普段の洗顔の際でも、指で強く肌をこすらないですむように、きめ細かなたっぷりの泡を作りましょう。泡立てネットやホイップ容器などが100均でも入手できます。もっちりとした弾力のある泡が簡単に作れるのでおすすめです。かための泡ができたら、泡を肌の上にのせ、手が肌に直接触れないように泡で包み込むようにやさしく洗顔します。細かい部分は中指と薬指で力を入れずにやさしくくるくるマッサージして洗いましょう。ほほやおでこなどの広い部分は両手のひらでやさしく包んで洗うと良いでしょう。
すすぎの際は、ゴシゴシと顔をこすらず、泡が肌に残らないように熱すぎないぬるま湯でていねいにきれいに洗い流してください。仕上げに冷水で肌を引き締めるのもよいでしょう。洗顔後は、タオルをごしごしと往復させずに顔の水分を抑えるようにして拭き取るのがコツです。その後は、化粧水でたっぷりと水分を補いましょう。たっぷりとした保湿が必要な季節は、最初に化粧水の浸透を良くするための導入美容液やブースターを顔全体につけるとなじみやすくなります。化粧水を500円硬貨大くらいの量を手のひら全体に広げ、顔全体をプッシュしながら化粧水を浸透させましょう。1度目の化粧水が浸透したら、再度顔全体に化粧水をつけると完璧です。
化粧水が浸透したら、肌にとどめておくために乳液かクリームで肌表面にふたをします。乾燥肌の人は、乳液よりも油分の多いクリームがおすすめです。

食事内容にも気を付けて!

シミを予防するのに効果が期待できる食品があります。紫外線の多い時期は、特にメラニンの生成を抑える抗酸化作用のある成分を積極的に摂取するなどして、体の内側からシミを予防しましょう。まずは、抗酸化作用が高いポリフェノールは、日常的に摂取している人が多いのではないでしょうか。コーヒーにはポリフェノールのクロロゲン酸類が含まれているため、コーヒー好きの人は知らず知らずのうちにシミ対策をしていたことになります。1日に必要な量は3~5杯とやや多めに飲むと良いのですが、カフェインのとり過ぎには注意してください。できるだけほかの食品と合わせて摂るようにしましょう。
免疫力を高める効果が期待できるビタミンCもシミ対策に有効です。メラニンの生成を抑えるだけでなく、メラニンによる色素沈着を防ぐ作用もあります。ドラッグストアなどで日焼け後のケアにビタミンCのサプリメントをすすめられるのも納得です。免疫力を高めることにより、強い肌を作ることもできます。ビタミンCが多く含まれる食品は、レモン、みかん、いちご、トマト、ブロッコリーなどです。しかし、ビタミンCは水溶性で体内に貯蔵することができないため、毎日定期的に摂取することが大切といえます。簡単に毎日摂取したいと思えば、お手軽にサプリメントなどを利用するのもよいでしょう。
ほかにも、新陳代謝を高めるビタミンEもメラニンの排出を助ける働きが期待されます。肌のターンオーバーが正常になれば、シミやシワを防ぐことにも役立ちます。ビタミンEを多く食品は、うなぎ、あじ、かぼちゃ、キウイフルーツ、アーモンド、大豆、ごまなどです。
コラーゲンは肌に弾力を与えてくれるため、肌にハリがあればシミやたるみの予防につながるでしょう。コラーゲンは、豚足、鶏皮、うなぎ、えび、さんま、鮭などに多く含まれています。コエンザイムQ10にも抗酸化作用があり、疲労回復にも効果が期待できます。疲れからシミができることもあるため、年齢肌が気になる人にもおすすめです。コエンザイムQ10が多く含まれる食品は、まぐろ、かつお、青魚、豚肉、大豆、落花生などです。

肌に透明感を!基礎化粧品を見直す

紫外線対策には日々の肌のお手入れが重要になります。うるおい、保湿、美肌などの美容成分も大切ですが、シミ対策に重点を置くなら美白効果に特化した基礎化粧品を使用するのがおすすめです。テレビやインスタで即効性のある美白パックとして話題の王妃の白珠は、洗顔後に塗って5分後に洗い流すだけで、使用1回目から確実に肌が白く生まれ変わるという話題の商品です。パックの成分にクチャという沖縄の天然の泥が配合されています。このクチャが毛穴の汚れを強力に吸い上げる効果が期待できるため、洗い流したあとにすぐに白肌を実感できるでしょう。
今まで取りきれなかったくすみが、たった1回の使用ですっきりとして美白になり、その効果は多くの利用者が認めています。天然の保湿成分も配合されているため、洗い上がりもつっぱることもなく、もっちりとしたすべすべ感が続きます。多くの人が「白い粉をはたいたみたいに白くなる」という表現をしているのが印象的です。シミでお悩みの方は、ぜひ一度「王妃の白珠」を試してみてはいかがでしょうか?

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

輝白パッククリーム王妃の白珠