オールインワン美容除毛クリーム ちゅらりも すね毛・ムダ毛

男性のすね毛を薄くする方法5選!

男性のすね毛を薄くする方法5選!

「濃すぎるすね毛をどうにかしたい!」と考えている男性は多いと思います。特にハーフパンツを履くときには、堂々と見せられるようにしっかりとすね毛の処理をしなければいけません。そして、大切なのは「どのように処理をするか」ということです。男性のすね毛は、適度に薄くするのがトレンド。丁度よい薄さをキープすることで、好印象を与えることができます。ここではすね毛を薄くする方法を5つご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

はさみやバリカンですね毛の毛量を調節する方法

すね毛を薄くする方法の1つ目が、はさみやバリカンで直接毛量を調節するというものです。こまめな処理が必要になることが難点ではありますが、慣れれば自分好みの薄さにすることができます。また、ほとんど費用がかからないのも大きなメリット。手軽に購入できるので、思い立ったときにすぐにすね毛の処理ができます。
はさみを使っての処理は、難易度が高いように思えるかもしれません。確かに、普通のはさみですね毛を上手に処理をするのは難しいでしょう。毛先が揃い過ぎて、不自然な見た目になってしまいます。そこでぜひ購入したいのが、髪用の梳きばさみ。これを使えば、高度なテクニックがなくても全体的に梳くだけで自然な仕上がりになります。また「レッグトリマー」と呼ばれる男性のすね毛を梳くためのアイテムも販売されており、こちらもすね毛の処理をするときに重宝します。
そして、はさみよりも簡単にすね毛を薄くできるのがバリカンです。スピーディーに広い範囲を処理できるので、時間がない人にはバリカンの方がおすすめ。すね毛の流れに逆らうようにしてゆっくりとバリカンを動かすことで、全体を満遍なく薄くすることができます。一般的には髪に使うことが多いバリカンですが、すね毛の処理にも活躍してくれる優秀アイテムです。持っていないという人は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

男性用ボディーシェーバーですね毛を薄くする方法

男性用ボディーシェーバーは、全身のムダ毛を剃るためのアイテムです。そのまま利用するとツルツルになってしまいますが、商品によっては「アタッチメント」が付属されており、これを使うことですね毛を薄くすることができます。
アタッチメントは、好みによって長さを変えられるのが嬉しいところ。軽く整えたいのであれば9~11mm、自然な長さにしたいのであれば5~7mmにするのがいいでしょう。それ以上短くすると、すね毛がチクチクしてしまうので要注意です。「どのアタッチメントがいいか迷ってしまう」という人は、まずは長めのアタッチメントから試してみるといいかもしれません。
アタッチメント付属の男性用ボディーシェーバーは、シェービングとトリミングの両方に使えるのがメリットです。しかし、トリミング一択なのであれば「ボディートリマー」を購入するという選択肢もあります。ボディートリマーは、いわば全身用のバリカンのようなもの。値段や機能、安全性などを比較しながら、自分に合った商品を選んでみてください。

抑毛剤ですね毛を薄くする方法

毛を伸ばす細胞にアプローチすることで毛の成長を抑えるのが、抑毛剤です。脱毛剤とは違って完全に毛をなくすわけではないのがポイントで、発毛を抑えることで、すね毛を目立たなくしてくれます。
抑毛剤の効果の秘密は、「イソフラボン」という成分です。濃いすね毛の原因としては男性ホルモンが挙げられますが、イソフラボンは体内で女性ホルモン様の働きをします。そのため、すね毛を薄くする効果が得られるのです。
抑毛剤の良いところは、すね毛が生えるのを抑制することですね毛処理の回数を減らせるということです。はさみやバリカン、男性用ボディーシェーバーなどで処理をしていると、数日に1回は処理をしなければいけません。すね毛処理にはそれなりの時間がかかるため、忙しい男性にとっては少々負担になってしまいます。しかし、抑毛剤の効果が出ればすね毛処理に割く時間がぐっと減ります。これは大きなメリットだといえるでしょう。
ただし、抑毛剤の効果が出るまでにはやや時間がかかります。しっかりと効果が実感できるまでの期間は、早くても1カ月。抑毛剤ですね毛の処理をするときには、早めにケアを開始することをおすすめします。

家庭用脱毛器ですね毛を薄くする方法

家庭用脱毛器とは、その名の通り自宅で脱毛できるアイテムです。「レーザー脱毛器」「光脱毛器」「サーミコン脱毛器」などいろいろな種類の家庭用脱毛器が販売されており、ひと昔前に比べてその精度は非常に高くなっているといえます。
もちろん、家庭用脱毛器はエステサロンで使われている脱毛マシンほどの威力はありません。太くてしっかりしたすね毛には反応するものの、産毛までしっかりと脱毛するのは不可能に近いといえるでしょう。しかし、すね毛を薄くする処理をするときにはこのことが逆にメリットとなります。なぜなら、目指しているのがツルツルの脚ではないからです。太くて濃いすね毛だけを脱毛できるので、すね毛を薄くするにはもってこいだといえるでしょう。
ただし、家庭用脱毛器ですね毛を処理するときにはそれなりに痛みが伴います。痛みに弱い人は、処理を開始する前に肌を冷やすといいでしょう。また、肌トラブルが起きると家庭用脱毛器を使えなくなってしまいます。家庭用脱毛器で処理をした後にはしっかり保湿をして、肌トラブルを避けるように心がけてください。

脱毛サロンですね毛を薄くする方法

最後にご紹介するのが、脱毛サロンですね毛を薄くする方法です。脱毛サロンに行くことに抵抗があるという男性もいますが、実際には脱毛サロンでムダ毛のケアをしている男性はたくさんいます。男性専用の脱毛サロンもあるほどなので、心配はいりません。脱毛サロンでの施術を受けるのは他の方法に比べるとコストがかかりますが、満足の仕上がりを求めるのであれば一番だといえるでしょう。
脱毛サロンというと完全に脱毛してツルツルにするというイメージかもしれませんが、しっかりと本人の希望に合わせて施術をしてくれます。カウンセリングのときには、どのくらいの薄さのすね毛にしたいかを施術する人に丁寧に伝えてください。それに合わせて、プロが理想の薄さに仕上げてくれます。
脱毛サロンで使用する機器は強力なため、しっかりと効果が感じられます。また、痛みへの対処やアフターケアもプロが行うため安心感が違います。クオリティを重視する人や時間や手間を節約したい人、自己処理による肌トラブルを回避したい人には、脱毛サロンが合っているでしょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

オールインワン美容脱毛・除毛クリーム