シミ・そばかす 輝白パッククリーム 王妃の白珠

気になるシミはホームケアで消える?アイテム選びとスキンケアをご紹介

気になるシミはホームケアで消える?アイテム選びとスキンケアをご紹介

肌トラブルのひとつとして多くの人を悩ませている原因のひとつがシミです。シミができてしまったら、どうにかしてなくすことができないかと考えている人も多いかもしれません。実はすでにできてしまったシミでも、種類によっては自宅でケアすることによって薄くすることが可能なのです。そこで、どのようにホームケアすればシミが消えるのかについて紹介します。

シミのタイプによってセルフケアできるか分かる

同じ肌にできるシミでもいくつか種類があり、種類によってセルフケアができるタイプとできないタイプがあります。セルフケアができるシミのなかのひとつが、「老人性色素班」です。老人性色素班は紫外線を浴び続けることが原因でできる数ミリから数十ミリ程度の丸いシミで、30~40代くらいになると徐々に目立ってくることが多いです。紫外線が当たると肌は防御のためにメラニン細胞が活性化し、黒色メラニンを作り出します。若くて肌のターンオーバーが活発な頃や、それほど多く紫外線を浴びていない場合は、メラニン色素は排出されシミにはなりません。しかし、加齢とともにターンオーバーが滞って排出しきれなくなったり、過度に紫外線を浴び続けたりすると、シミになってしまいます。頬骨からこめかみのあたりを中心とする顔や腕、デコルテなど紫外線を浴びやすい場所に現れます。
また、「炎症性色素沈着」と呼ばれるシミは、怪我や虫刺され、ニキビ跡が色素沈着を起こしてシミになったものです。そして、「肝斑」ができる原因はホルモンバランスの乱れだといわれています。肝斑は頬骨のあたりや額などに左右対称で現れることが多いという特徴があります。炎症性色素沈着と肝斑もセルフケアできるシミです。
一方で、セルフケアが難しいシミもあります。例えば、頬や鼻の周囲に斑点状にできる「そばかす」は遺伝性でできることが多いからです。また、「脂漏性角化症」は老人性いぼと呼ばれることもあり、皮膚の老化現象でできてきます。紫外線を浴びることが原因となっている点は老人性色素班と同じです、ただ、いぼのようにザラザラしたり皮膚が隆起してきたりすることがあるシミで、なかなかセルフケアでは薄くすることができません。さらに、強い紫外線を浴びたあとにできる「花弁状色素班」というシミは、胸から肩、背中なの範囲にかけて多く現れます。名前からもわかるように花びら状にできるシミで、紫外線を浴びてすぐではなく、数カ月や数年経ってからシミが出てくることが特徴的です。

シミ対策のために!選ぶべきスキンケアアイテム

自宅でできるシミのケアとして、基本のひとつとなるのが日々のスキンケアです。化粧水や美容液など、選ぶべきスキンケアのポイントは、「美白」という表記があるかどうかということです。国が認めている医薬部外品でなければ、美白という表記ができません。そのため、まずは、表記に「美白」と書かれているかどうかに注目して選びましょう。
一度できてしまったシミを薄くするためには、継続することが大切です。ターンオーバーを繰り返しながら徐々にメラニン色素を排出させるためには、1年中使い続ける必要があるのです。美白の効果が期待できる化粧品には複数あり、価格にも幅があります。効果や効能に注目して選ぶのも大切なことですが、継続してケアするためには使い続けやすい価格帯の化粧品を選ぶ必要があるでしょう。なお、美白化粧品は肌への刺激が強いものも多いため、肌が弱い人は肌に優しくマイルドな処方のものを選ぶなど、注意する必要があります。

UV対策とピーリングで肌内部のメラニンを排出

日焼け対策や美白のためのスキンケアは、夏だけでいいのかというと、そうではありません。確かに、紫外線が強いのは春先から夏の間です。しかし、秋冬や曇りの日でも紫外線は降り注いでおり、どんな季節でも生活していると常に紫外線を浴びてしまう機会があります。メラニンを生成する直接的な原因は紫外線であるため、季節を問わず紫外線を予防することはシミ予防の基本でもあるのです。
また、肌のターンオーバーの周期は約28日だといわれています。しかし、年齢を重ねていくにつれて新陳代謝も低下していくため、28日では肌が生まれ変わらなくなってしまうのです。30~40代になってくると、ターンオーバーが35~45日くらいに長くなってしまいます。ターンオーバーの周期が長くなると、肌表面の古い角質がなかなか剥がれずに肌がくすんだり、メラニンが排出されずにシミがなかなか消えなかったりするのです。そこで、古い角質を取り除き、ターンオーバーの周期を正常化させられる方法としてピーリングがあります。やり過ぎはいけませんが、適切な間隔でピーリングを行い、できるだけ肌のターンオーバーを整えておくことがシミ対策のひとつとして大切です。

シミを取るために!即効性のある治療法

ホームケアできるシミ対策のほかに、病院で受けることができるシミケアの方法も紹介しておきましょう。シミに対して病院やクリニックで行われている治療としてレーザー治療があります。シミに対するレーザー治療は、周囲の組織にほとんどダメージを与えることはありません。できてしまったシミに対してだけレーザーを照射し、焼くことで肌の生まれ変わりを促進させるという方法です。焼くと聞いて不安に思う人もいるかもしれませんが、実際にはパチッと軽く輪ゴムではじいた程度の感覚で済み、我慢できないほどの痛みではありません。
使うレーザー機器はいくつか種類があり、病院やクリニックによって使用する機器に違いがあります。また、シミの種類によって治療方法も異なるため、診察したうえで適したレーザー治療を行ってくれます。さらに、以前は治療が困難であった肝斑に対してもレーザー治療が可能になってきました。照射時間は大きさにもよりますが、数秒から10秒程度です。ただ、人によってもシミによってもメラニン色素の沈着状態が異なるため、1回の照射では効果が十分ではない場合があります。そのため、経過観察も含めて治療が終わるまでには3~6カ月ほどかかると考えておいた方がいいでしょう。しかし、レーザーを照射することでメラニン色素を壊すことができる方法であるため、即効性のある治療法だということはいえます。
料金設定は病院やクリニックによって幅がありますが、1ミリ程度のシミなら1000円ほどという料金設定が一般的です。なお、シミ取りのレーザー治療は美容分野の施術であるため、費用は保険適用外になります。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

輝白パッククリーム王妃の白珠