オールインワン美容除毛クリーム ちゅらりも すね毛・ムダ毛

意外と目立つ!すね毛処理をしてつるつる美脚を手に入れよう

意外と目立つ!すね毛処理をしてつるつる美脚を手に入れよう

足を露出するファッションを楽しむとき、気になる人も多いのが「すね毛」です。すね毛の処理方法にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴も異なります。つるつるの美脚を目指すには、処理ごとのメリット・デメリットをきちんと把握し、自分に適した方法を取り入れるのが肝心です。ここでは、すね毛の処理方法の種類や、それぞれの特徴について紹介します。

すね毛を処理する方法はいろいろ!

すね毛を処理する方法は多岐に渡り、主に「カミソリなどで剃る」「毛抜きなどで抜く」、それから「脱毛クリームを使用する」「脱色クリームを使用する」などの種類があります。
カミソリなどを用いて「すね毛を剃る」処理方法は、手軽で低コストな点がメリットです。カミソリは1度に広範囲のムダ毛を処理できるため、時間や手間がかかりにくいという特徴があります。それに、カミソリはコンビニやドラッグストアなどで安価で手に入りやすく、コストがかかりにくいというのもメリットとして挙げられます。ただし、カミソリは肌から露出している部分のムダ毛を処理する方法なので、すぐに毛が生えてしまいやすいのがデメリットです。また、処理方法によっては角質層を削り取ってしまい、肌の表面を傷つけてしまうリスクがあるため注意が必要です。
ピンセットなどで「すね毛を抜く」処理方法は、ムダ毛を引き抜くため、毛が生えるまでの期間が長いのがメリットといえます。しかし、ムダ毛を引き抜くと皮膚や毛穴に負担がかかり、埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルにつながりやすいというデメリットがあります。薬品で毛を溶かす「脱毛クリーム」は、剃り跡がなく、綺麗にムダ毛を処理できるのが最大のメリットです。ただ、脱毛クリームは毛を溶かすほど強力な薬剤を使用するため、肌に負担がかかりやすいのがデメリットです。万が一、肌に合わない脱毛クリームを使用すると、かぶれや肌荒れなどを引き起こす可能性があるため注意しましょう。
薬品で毛の色を抜いて目立たなくさせる「脱色クリーム」は、抜いたり剃ったりしなくて済むため、ムダ毛が伸びてきてもチクチクしにくいというメリットがあります。ですが、脱色クリームは場合により、かぶれやかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるため、処理をする際は細心の注意を払うのが大切です。さらに、ムダ毛が伸びてくると伸びた部分が黒く目立ちやすく、人目が気になってしまうというデメリットもあります。

剃って処理する!

時間や手間をかけず、手軽にすね毛処理をしたいという場合は、カミソリなどで「剃る処理」をするのも良い方法です。すね毛を剃って処理する際は、いくつかのポイントを押さえておくのが大切です。きちんと手順を守って処理すると、つややかな素肌に近づきやすくなります。
手順としては、まずホットタオルなどで「肌を温める」のがポイントです。肌を温めると皮膚がやわらかくなり、ムダ毛を処理しやすい状態に整えることができます。その後、肌に残っている水分をしっかりと拭き取り、シェービング剤を塗布しましょう。続いて、毛の流れに沿ってカミソリを動かしていきます。カミソリでムダ毛を剃るときは、肌に強く押し当てるのではなく、優しくなでるようにするのが肝心です。また、カミソリを持っていないほうの手で、肌を引っ張りながら剃るのも重要といえます。肌がピンと張っていると皮膚を傷つけにくくなり、美しい仕上がりを目指せるのです。最後に、シェービング剤が肌に残らないよう、しっかりと洗い流したら完了です。
なお、すね毛を剃るときは「逆剃り」をしないように意識する必要があります。逆剃りとは、毛の流れに逆らって剃ることです。すねの皮膚は薄く、傷つきやすいといわれています。逆剃りをすると肌の表面が削れ、ダメージを与えてしまう原因につながるため注意しましょう。

除毛クリームで処理する!

つるつるの素足を目指すのなら「除毛クリーム」を使用してムダ毛処理をするのも良い手です。女性のすね毛は男性よりも薄い傾向にあるため、除毛クリームなどで処理がしやすいといえます。除毛クリームを用いて処理をするには、まず除毛する部分をよく洗い、その後に「体の水分をしっかり拭き取る」のが大切です。水分を拭き取ったら、説明書の通りに除毛クリームや除毛ローションを肌に伸ばしていきます。
説明書に書かれている通りに一定の時間を置いたら、指示に従ってクリームやローションを洗い流したり、拭き取ったりします。除毛剤は毛を溶かすだけではなく肌にもダメージを与えるため、クリームやローションが残らないように、しっかりすすぎ洗いや拭き取りを行うのが大切です。長時間肌に除毛剤を放置すると、肌トラブルを引き起こすリスクが高まるため注意が必要です。

男性におすすめの処理方法とは

男性がすね毛を処理する際は、すきばさみやカミソリなどで「ムダ毛を薄くする」という方法がおすすめです。すきばさみやカミソリはドラッグストアなどで取り扱っているケースが多く、安価で入手しやすいのが魅力です。さらに、これらのアイテムは処理の仕方も簡単で、手軽にケアしやすいというメリットがあります。また、「脱色クリーム」を用いて処理するのも良い方法です。クリームで茶色や金色などに脱色すると、ムダ毛の存在が目立ちにくくなるのです。
一方、避けたほうが無難な処理方法には「カミソリなどで全て剃ってしまう」方法が挙げられます。ムダ毛を剃ると毛穴や剃り跡が目立ちやすくなったり、すね毛が伸びたときにチクチクしやすくなったりするおそれがあります。ムダ毛を剃って処理する方法は手軽さが魅力ですが、こまめな処理が必要になることを頭に入れておくのが肝心です。

ムダ毛の処理をした!アフターケアを忘れずに

ムダ毛は処理の仕方だけではなく、除毛後のアフターケアを徹底するのも大切です。ムダ毛の処理後は、肌の表面が傷ついたり敏感になったりしている状態です。それに、肌の水分量も少なくなりやすいため、保湿ケアをしてしっかりと皮膚を保護する必要があります。保湿ケアには、ボディクリームや低刺激性のオイルなどを使用すると良いでしょう。処理後に保湿ケアを行うと、乾燥から肌を守りやすくなります。なお、ボディクリームやオイルのべたつきが気になる場合は、水分が残ったままの肌に塗布して、タオルで拭き取るのがおすすめです。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

オールインワン美容脱毛・除毛クリーム