歯の黄ばみ・ホワイトニング 薬用ちゅらトゥースホワイトニング

ホームホワイトニングで白い歯に!使用する期間はどれくらい?

ホームホワイトニングで白い歯に!使用する期間はどれくらい?

白く輝く歯は多くの人の憧れですが、加齢や毎日の食事、人によっては喫煙の習慣などによって、徐々に黄ばみや汚れが気になるようになってくるものです。その対策として、ホワイトニングに興味を持っている人もいるでしょう。ここでは、ホワイトニングの中でもホームホワイトニングに注目して、使用期間や効果を実感するまでの期間について解説します。

ホームホワイトニングを使用するメリットをご紹介

歯のホワイトニングには大きく分けてホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類です。ホームホワイトニングには主に3つのメリットがあります。1つ目のメリットは「オフィスホワイトニングに比べて低刺激なこと」です。オフィスホワイトニングで使用する薬剤の多くには、漂白剤として過酸化水素が含まれており、その濃度が濃いほどホワイトニング効果が高くなります。しかし、過酸化水素は刺激が強く、濃度が高ければ高いほど歯や歯茎に痛みを感じる可能性も高くなるのです。一方、ホームホワイトニングは、過酸化水素の濃度が低いため刺激も少なめです。
2つ目は「自宅で手軽にケアできること」3つ目は「安価であること」です。ホワイトニングによって歯は白くなりますが、その効果は永久ではありません。毎日の食事に含まれる色素や時間の経過に伴って、1度白くなった歯も次第にまた黄ばんできます。そのため、ホワイトニングは継続的に行う必要があり、ホームホワイトニングの手軽さと安価な点は大きなメリットです。

ホームホワイトニングで輝く白い歯に!使用する期間は?

ホームホワイトニングの効果は薬剤の濃度や歯の状態・汚れの種類などによって異なります。一般的には1週間で1トーンほど、人によっては2~4トーンほどアップすることもあるでしょう。また、ホームホワイトニングの持続期間は短くて6カ月、長くて1年ほどです。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べ、薬剤をゆっくりと時間をかけて浸透させていくため、ホワイトニング効果の持続時間が高い傾向があります。そのため、定期的にホームホワイトニングを行うことで、歯の白さを持続させることができるでしょう。
ホームホワイトニングの相場は2万~5万円程度です。オフィスホワイトニングの相場は4万~6万円程度のため、ホームホワイトニングの方が割安といえるでしょう。定期的にホワイトニングを行う必要性を考えると、費用の差はさらに大きくなります。また、ホワイトニングの費用を抑えるためには、白い歯を持続させることが重要です。ホワイトニングの回数が減れば費用もそれだけ安くなるため、持続性のあるホームホワイトニングは長い目で見るととても経済的です。

すぐに効果は出ない?効果が実感できるまでの期間

ホームホワイトニングをしている人の中には、なかなか効果を実感できない人もいるでしょう。なぜなら、ホームホワイトニングは最低でも2週間、満足のいく白さになるまでには約1~2カ月とかなりの期間がかかるためです。その点、オフィスホワイトニングは過酸化水素水を使い、さらに光を当てて効率的にホワイトニングを行うため、1回の施術でも効果を実感することができます。実際には、1週間ごとに3~4回通院することになりますが、2~3回ほど通えば、だいぶ白くなったと実感することができるでしょう。
オフィスホワイトニングは主にエナメル質を白くし短期間で効果が期待できます。また、ホームホワイトニングは時間をかけて象牙質まで白くするため持続性があるのです。そのため、ホワイトニングを行う人の中には、両者を組み合わせて行っている人もいます。これを、デュアルホワイトニングといいます。費用は高くなりますが、両者のメリットを組み合わせているため短期間で歯を白くし、さらにその効果を持続させることが期待できるでしょう。また、デュアルホワイトニングでは片方だけのホワイトニングを行ったときより歯が白くなるのも特徴です。

ホームホワイトニングを使用する時の注意点が知りたい

ホームホワイトニングを行う際には、いくつかの注意点があります。まず、ホワイトニングをした後は、すぐに食事をしないことです。歯の表面は、通常ペリクルと呼ばれるたんぱく質の被膜で覆われ、保護されています。しかし、ホワイトニングを行うと、この被膜が取れてしまうため着色・虫歯などの危険性が高まります。ペリクルは唾液中の成分から再生されますが、それには1日程度時間を要するため、その間は着色する可能性の高い食事を避けるなどの注意が必要です。着色しやすい食品としては、コーヒー、紅茶、カレーなどがあげられます。
ホームホワイトニングでは、マウスピースに薬剤を注入して毎日2時間以上装着することで薬剤の効果を高めます。しかし、ホワイトニングによって痛みが出た場合はマウスピースの装着時間を短くしたり、薬剤を変えたりするなどの対策が必要でしょう。また、マウスピースを清潔に保つことも大切です。使用後は毎回ぬるま湯で薬剤をよく洗い流します。薬剤が残っていると雑菌が繁殖して、次回の使用時に雑菌ごと口の中に入れることになり、虫歯や歯周病の原因になる可能性があります。

コスメで優しくケアをする方法もおすすめ

ホームホワイトニングではオフィスホワイトニングよりも薄い薬剤で歯をケアしますが、それでも知覚過敏などのリスクがあります。すでに、知覚過敏の傾向がある人などは、「症状がひどくならないか」と心配してしまうかもしれません。そんなときには、コスメで優しくケアしてみるのもよいでしょう。コスメを使ったホワイトニングはホームホワイトニングのようにマウスピースを使用する必要もないため、時間がない人にもおすすめです。
なかでも、「ちゅらトゥースホワイトニング」は低刺激にこだわった医薬部外品のホワイトニングです。有効成分のポリアスパラギン酸は、汚れをはがして再付着することを防止し、リンゴ酸とビタミンCが透明感のある白さへと導きます。さらに、ウーロン茶の抽出物とホップのエキスからなる新成分GTOが、虫歯の元凶となる酸を阻害し歯を守ってくれます。使用方法は、歯磨きの後にちゅらトゥースホワイトニングで歯全体をブラッシングするだけの手軽さです。ホワイトニングは継続して行うことがなにより大切といえます。そのため、安価で続けやすい「ちゅらトゥースホワイトニング」は数あるホワイトニングのなかでもおすすめです。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“薬用ちゅらトゥースホワイトニング”