シミ・そばかす 沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ)

シミを消す食べ物はあるの?美白を目指す人のための食事法

シミを消す食べ物はあるの?美白を目指す人のための食事法

年齢を重ねるにつれて、肌のシミが気になってくる人は多いのではないでしょうか。一度できてしまったシミは、なかなか簡単には消すことができません。ただし、肌にとって必要な栄養素をしっかりと摂取することでシミを薄くしたり消したりすることは望めます。ここでは、シミ対策としてぜひとも摂取したい成分や食べ物について紹介します。

美白の大敵!シミのできる原因は?

シミができる原因として紫外線はよく知られており、紫外線が原因となってできるシミは「老人性色素斑(しきそはん)」と呼ばれています。老人性という名前ですが、30代前半頃から出始める人が見られます。シミの形や大きさ、濃さには個人差があり、大きいものでは数センチになるものもあるようです。肌は、太陽光に含まれる紫外線を浴びると防御反応を示し、メラニン色素を作ります。このメラニン色素がシミの原因となるのです。
メラニン色素は、紫外線が体内に入ってくるのを阻止し、肌の細胞を守るために作られるといわれています。役目を終えたメラニン色素は、通常肌のターンオーバーによって排出されますが、老化などによってメラノサイトと呼ばれる色素細胞が異常を起こしたり、紫外線を大量に浴びすぎたりした場合、大量に生成されたメラニン色素がうまく排出されず体内に残ることがあるのです。また、紫外線を浴び続けることで、メラニンを作り続ける状態に陥ります。メラニン色素には肌色メラニンと黒色メラニンがあり、うまく排出されず肌に残った黒色メラニンがシミとなります。紫外線を予防して肌への負担を軽減し、肌に必要な栄養素を取り入れることでシミ対策を行うことができるでしょう。

知っておきたいビタミンCの優れた力とは?

シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えるためには、ビタミンCを摂取することが有効です。ビタミンCには、紫外線によって肌が炎症を起こした際に発生する活性酸素を除去する働きもあるとされています。老化やさまざまな病気の原因ともなる活性酸素を体内から取り除くことで、若々しく美しい肌を手に入れることが期待できます。また、ビタミンCを十分に摂取することで、紫外線によって受けた肌の炎症を抑えることができるとされています。肌は紫外線をたっぷり浴びると、肌に潤いを与えるコラーゲンを破壊する酵素を作り出してしまいますが、ビタミンCを摂取することで肌への負担を大幅に抑える効果が期待できるのです。
ビタミンCを多く含む食品としては、パセリやピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー、赤ピーマン、海苔などが挙げられます。また、果物では、キウイフルーツやイチゴ、柿、みかんなどにも多く含まれています。ビタミンCは熱に弱いという特徴があるので、なるべく生の野菜や果物を摂取することがおすすめです。ビタミンCの1日の摂取量は2000mgまでと言われているので、毎日の食卓に積極的に取り入れましょう。

メラニンに作用するL-システインの力とは?

シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、代謝を良くしてくれる栄養素がL-システインです。L-システインは、紫外線を浴びて肌の角質に沈着したメラニンの排出を促進する働きもあることで知られています。ビタミンCと一緒に摂取すると、肌のターンオーバーを促進して余分なメラニンを排出する作用もあるため、シミ予防にとても有効といえるでしょう。L-システインを含む食品は残念ながら存在していないため、必須脂肪酸のメチオニンを摂取して体内で合成するしかありません。L-システインの効果を期待するのであれば、メチオニンを含む食品を積極的に摂取しましょう。
メチオニンは、マグロや豚肉、牛肉、チーズ、納豆、しらす干しなどに多く含まれています。メチオニンの1日の摂取量目安は、体重1kgあたり15mg程度なので、摂取量に気をつけて食事メニューに取り入れるようにしたいものです。たとえば、体重が50kgの人の場合、メチオニンの摂取量は750mgとなります。

リコピンの抗酸化作用に注目!

紫外線によって肌がダメージを受けると、肌の抵抗力も失われていきます。そんな弱った肌をサポートしてくれるのがリコピンです。リコピンは、老化の原因ともなる酸化による肌の負担を軽減し、肌を美しく白くする働きが期待されています。また、リコピンを十分に摂取することで、シミを作り出すメラニン色素を減らしてくれる働きもあります。シミやシワの予防にも有効なので、美肌になりたい人にはぜひとも摂取してもらいたい成分です。
さらに、リコピンには、紫外線によって日焼けした肌の赤みやごわつきなどを軽減してくれる効果も期待されているのです。リコピンを多く含む食品としては、トマトやスイカ、人参、ピンクグレープフルーツなどが挙げられます。1日の摂取量は15mg以上が必要とされ、大きめのトマトなら2個程度、ミニトマトなら15〜17個分程度が目安となります。

抗酸化作用が決め手!アスタキサンチンの威力とは?

アスタキサンチンとは、天然色素カロテノイドの一種です。なんとビタミンEの1000倍もの抗酸化作用があるといわれ、シミの原因となる活性酸素を除去する働きがあることで知られています。紫外線によって肌がダメージを受けると、肌の細胞を守ろうとしてメラニン色素が発生しますが、体内に活性酸素が多すぎるとメラニン色素も過剰に生成されてしまうのです。アスタキサンチンは紫外線への抵抗力が強いので、過剰なメラニンの生成を防いでシミをできにくくする効果が期待できます。
アスタキサンチンはいくらやエビ、鮭、カニ、金目鯛などに多く含まれており、1日の摂取量目安は3〜6mg程度です。

シミを悪化させる食べ物とは?

シミを消す食べ物や栄養素がある一方で、シミを悪化させる食べ物もあるので気をつけましょう。コーヒーや紅茶、ココア、緑茶などに含まれているカフェインには、色素沈着を促進してシミを悪化させる働きがあります。一見カフェインが含まれているとはわかりにくいコーラや栄養ドリンクなども飲み過ぎには気をつけましょう。また、糖分や砂糖を摂取しすぎてしまうと血液がドロドロになりやすく、くすんだ肌になりやすいのが特徴です。また、糖分はコラーゲンを分解して、たるみやシワの原因になることもわかっています。完全に糖分を絶つことは難しいため、摂取量を抑えるように心がけたいものです。
緊張を解きほぐしリラックス効果があるアルコールですが、体内でアルコールを分解するときに活性酸素を作り出してしまいます。メラニン色素が増えてシミができやすく、またコラーゲンが分解されることでたるみやシワを招きやすくなるでしょう。お酒の中でも、ワインや日本酒ならそれほど悪影響がないといわれています。我慢のしすぎはストレスにもなるため、適度な量を摂取するよう心がけましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”