オールインワン美容除毛クリーム ちゅらりも すね毛・ムダ毛

すね毛を剃るときの正しい方法を紹介!

すね毛を剃るときの正しい方法を紹介!

体毛は気になるものですが、中でもすね毛は特に気になる毛の一つではないでしょうか。スカートを履く機会の多い女性はもちろん、半ズボンや短パンを履く機会の増える夏には、男性も手入れを心掛けているかもしれません。そんなすね毛ですが、正しい処理の方法をご存知でしょうか。正しい方法で処理を行えば、肌への負担も少なく、トラブルの発生も抑えることができます。そこで今回は、正しいすね毛の処理方法と、処理を行う際の注意点についてご紹介します。ぜひ、今後のすね毛の処理の参考にしてください。

すね毛を剃ると毛が濃くなるの?

すね毛を剃ることで毛がより一層濃くなることを心配し、毛を剃らずに脱毛を行ったり、どうするか悩んでいたりする人もいるかもしれません。しかし、基本的には毛は剃ることで濃くなるということはありません。ではなぜ、このような不安が生まれてしまうのでしょうか。
その理由は、主に2つあります。1つは、毛を剃ることで毛の断面が大きくなるからです。剃らずにそのまま生やした毛は先端がとがっていて円錐型になっています。それに対し、途中で剃ってしまった毛は、剃ることで毛の先端のとがった部分が切除され、円柱型となっています。剃った毛が伸びても、毛が生え変わらない限り先端部分の形は変わらないため、そのまま生やした毛と比較するとどうしても濃く見えてしまうのです。しかし、毛の実際の太さ自体は変わらないため、実際に毛が濃くなっているわけではありません。
もう一つの理由は、剃り方によっては、実際に毛が濃くなってしまう場合があるからです。基本的に毛は剃ることで濃くなるということはありませんが、肌を傷めるような剃り方をした場合、実際に毛が太くなってしまうことがあります。本来毛は、肌を守るための機能を有しています。肌を傷つけると、毛は肌を守るため、より強く、太く生えるようになります。ですから、なるべく毛を剃る際は、肌を傷つけることなく、負担の少ない方法で行うことが大切なのです。

すね毛を剃る方法には何がある?

すね毛を剃るにはいくつかの方法がありますが、最も基本的な方法としてはカミソリで剃る方法が挙げられます。カミソリは非常に安価で、安いものだと1本100円以下で購入することが可能です。脱毛したい箇所にカミソリを当て、軽く滑らせるだけで簡単に毛が剃れるという点から、最も手軽で利用しやすい方法です。
また、バリカンを使用してすね毛を剃るという方法もあります。すね毛の処理にバリカンを利用するのは少し意外な気もするかもしれませんが、実はとても便利な方法です。バリカン脱毛の魅力は、なんといってもすね毛の濃さを好みで調整できること。カミソリを利用した場合、どうしても根元から毛が剃れてしまうため、いかにも処理をしましたという不自然なすね毛になってしまいます。しかし、バリカンであれば根元から毛を剃ることなく、毛の長さを調節できるため自然な仕上がりにすることができます。つるつるにしたいわけではないけれど、少し毛を薄くしたいという人にはおすすめの方法です。
最後に、電動シェーバーを利用して毛を剃る方法もあります。電動シェーバーは肌に刃が直接当たらないため、肌を傷つける心配がなく安全に利用できることが魅力です。処理時間に関しても軽く当てるだけでよいため、とてもスムーズに除毛を行うことができます。しかし、直接刃が肌に当たらない分、仕上がりがカミソリに比べると浅くなるため、頻繁に処理を行う必要があります。

正しいすね毛の剃り方を紹介!

最もきれいにすね毛を剃るためには、T字カミソリを使用して脱毛を行うことをおすすめします。さまざまな種類があるカミソリですが、T字カミソリがおすすめの理由は、コントロールが効きやすく広範囲の毛を剃るのに非常に適しているためです。また、T字カミソリの中でも、なるべく刃が複数あるものを利用するようにしましょう。1枚刃のものを利用すると、剃り残しが発生しやすいことに加え、けがも起こしやすくなります。それに対し、複数刃のカミソリは刃の数だけ剃り残しのリスクが少なく、肌をすべらせるときにかかる圧力も分散されるので、けがも起こりにくくなっているのです。
毛を剃る前には、カミソリを当てる前にローションやボディクリームを塗っておきましょう。あらかじめ塗布しておくことで、カミソリが滑りやすくなり、肌を傷めにくくなります。剃るときは、まずは毛の流れに沿ってカミソリをすべらせましょう。はじめから毛の向きに逆らって剃ると、一気にきれいに剃ることができますが、毛が引っ張られてしまうため肌を傷める原因となります。まずは毛の生えている方向と同方向に剃り、そのあと逆方向に剃るようにしましょう。
また、処理が終わった後のアフターケアも非常に大切です。毛を剃り終えたら、保湿クリームなどをしっかり塗り保湿を心掛けましょう。カミソリで剃ったあとの肌はとてもデリケートで、放っておくとどんどん乾燥してしまいます。肌の乾燥は炎症やニキビなどの肌トラブルの原因となるだけでなく、次回処理をする際にも肌が傷つきやすくなってしまいますので、保湿は欠かさずしっかり行うようにしましょう。

すね毛を剃るときの注意点は?

すね毛を剃るときには、注意しなければならないポイントがいくつかあります。1つは、無理な逆剃りや空剃りをしないことです。逆剃りとは、毛が生えている向きと逆の方向に剃ることです。ただし、絶対にやってはいけないというものではありません。逆剃りをすると毛が大きく引っ張られることになるのですが、長い毛を剃るときには特に、肌への負担が大きくなります。逆剃りを行う場合はまずは毛の流れに沿って剃り、毛をある程度短くしてから行うようにしましょう。空剃りとは、肌に何も塗らずに乾燥した状態のまま、いきなりカミソリを当てることです。何も塗らない状態でカミソリを当てても円滑に滑らず、肌を傷つけるおそれが大きくなりますので、絶対にやめましょう。
もう1つは、カミソリの管理をしっかり行うことです。まずは、古い刃を使用しないことです。古くなった刃は切れ味が悪くなり、カミソリが円滑に肌の上をすべることができなくなります。当然肌を傷つける原因になりますので、1カ月に1度くらいの頻度でカミソリは替えるようにしましょう。次に、剃刀を浴室などで保管しないことです。水分がついたまま、保管すると、刃が早く傷んでしまいます。湿気をさけて、しっかり乾燥させた状態で保管することを心掛けてください。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

オールインワン美容脱毛・除毛クリーム