シミ・そばかす 沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ)

20代のシミは早めの対策が大切!シミの種類と原因を知ろう!

20代のシミは早めの対策が大切!シミの種類と原因を知ろう!

20代でもシミができることがあることをご存じですか。さまざまな原因から、若いうちから肌にシミができてしまう人もいます。しかし、きちんとシミになる原因を知って対策をしていれば、若いうちからシミができるリスクを下げることが可能です。
少しでもシミになってしまうリスクを低くするために、20代でシミができてしまう原因とその対策について紹介します。

20代でもできるシミの種類とは?

20代でできるシミの種類にはどのようなものがあるのでしょうか。
1つ目の原因としては、ニキビやアトピーなどによる皮膚疾患の跡や、傷などが消えずにシミになってしまう「炎症性色素沈着」です。肌は強い刺激を受けると、表皮に存在しているメラニンを作る細胞のメラノサイトが活性化されて、通常よりも多くのメラニンが作られるようになります。それにより、肌の色調が濃くなることが原因なのです。炎症性色素沈着は数カ月から数年で消えていくことが多いですが、まれに沈着がそのまま残ってしまう場合もあり、それがシミにつながります。
次に、紫外線が主な原因となる「老人性色素班」もシミの原因としてあげられます。肌は紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化し、それによってメラニンの生成量が増えます。そのメラニンが肌に留まってしまい消えなくなった状態がシミです。老人性色素班が原因のシミは、紫外線を浴びる量が多い人は20代から現れます。
3つ目の原因となる「そばかす」には遺伝性と後天性があり、遺伝性のものは思春期をピークにして自然に消えることが多いです。しかし、日焼けなどの刺激によって濃くなると思春期を過ぎても消えないこともあります。
最後に、シミの原因としてあげられる「肝斑」は、女性ホルモンの乱れによって生じるシミです。ほほ骨のあたりに現れることの多い肝斑ですが、大きな特徴は左右対称でほぼ同じ形、大きさで現れることです。妊娠、出産、授乳で女性ホルモンが乱れることにより増えたり、ピルの服用などが原因になることもあります。

20代のシミは紫外線が原因?紫外線でシミができる理由とは?

先ほど紹介したように、シミができるにはさまざまな原因がありますが、その中でも20代でできるシミで気になるのが紫外線が原因となってできてしまうシミでしょう。
紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類が存在し、このうち肌に影響を与えるのはUVAとUVBです。肌は紫外線を浴びると、自らの皮膚を守ろうとメラノサイトがメラニン色素を作り出します。長時間紫外線を浴びたり強い紫外線にさらされると、メラニンを過剰に生成します。それが、日焼けをすると皮膚が黒くなるメカニズムです。生成されたメラニンは紫外線を吸収し、紫外線から肌を守るという大事な役割を担っています。通常は表皮のターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって徐々にメラニンが皮膚表面に押し出され、垢とともにはがれ落ちます。しかし、ターンオーバーが乱れてメラニンが垢とともに剥がれ落ちずに肌の表面に残ってしまうと、そのままシミになってしまいます。
今はまだ若いからと紫外線対策を怠っていると、20代後半にはさらにシミが増えてしまうかもしれません。

ターンオーバーの乱れがシミを作る?避けたい行動とは?

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織という3つのタンパク質の層で成り立っています。そのうち、ターンオーバーにより生まれ変わるのは表皮の中にある基底層という部分です。基底層で作られた新しい細胞が変化しながら徐々に表面に押し出されることにより、古くなった肌細胞は垢として自然と剥がれ落ちるのです。この一連の周期をターンオーバーと呼びます。さらに、この基底層にはメラニンを生成するメラノサイトも存在し、肌が紫外線にさらされた際などにメラニンを生成しています。通常は、このターンオーバーの中でメラニンも垢と一緒に剥がれ落ちます。
ターンオーバーの周期は、年齢や生活習慣などにより異なります。若くて、しかも生活習慣の整った人では28日ほどですが、年齢を重ねるにつれてその周期は長くなり、30~40代になると45~55日ほどかかるようになると言われています。ターンオーバーが乱れるとメラニンが剥がれ落ちずにそのまま残ってしまい、それがシミとなってしまいます。しかし、ターンオーバーの周期は早ければいいというものではありません。洗顔時に肌をゴシゴシとこすったりピーリングをすることにより、まだ必要な皮膚まで剥がれてしまうことがあります。それによって、未熟な細胞が早く表面に出てしまうと逆効果となり、外部からの刺激を受けやすくなってシミにつながることがあります。
また、生活習慣の乱れもターンオーバーを乱す原因です。生活習慣の乱れとは、夜更かしや睡眠不足、また偏った食生活などのことを指します。また、喫煙や飲酒、そして運動不足やストレスもターンオーバーを乱す原因となります。

20代のシミに効果的なケア方法は?

20代でシミができないようにするための予防方法やケアの方法を紹介します。
シミ予防のためには、まず紫外線から肌を守ることが大切です。そのためには、外出時には肌の露出を控えたり、日焼け止めクリームや日傘を使用する、また、帽子やサングラスなどで紫外線対策をすることも重要です。海や山などのレジャー以外にも、日常生活の中でも気がつかないうちに日焼けをしてしまいます。常日頃から紫外線対策をし、特に紫外線量が多い5~9月はさらに気をつけるようにしましょう。
次に、肌のターンオーバーを整えることも大切です。ターンオーバーが乱れる原因となるストレスが溜まることや寝不足が続くことがないように心がけ、リラックスできる方法を見つけたり、できるだけ夜更かしをせずに眠るようにしましょう。また、運動不足にならないように努力をすることと、無理なダイエットはせずに栄養バランスの良い食事を心がけてください。そして、たばこや飲酒もシミの原因となるため控えめにし、毎日のこれらの心がけから肌のターンオーバーを整える基盤をつくりましょう。
また、間違った洗顔で肌をこすったり、ピーリングのしすぎなどにも気を付けてください。
美白化粧品を使うこともシミには効果的な方法です。美白化粧品とは、メラニンの生成を抑えることでシミやソバカスを防ぐ、またはこれに類似した効果を期待できる化粧品の通称です。自分の肌にあった美白化粧品を探してみてください。
20代のシミは、気をつけていれば防ぐことも、そしてできてしまったシミをケアすることで目立たなくすることも期待できます。今から意識をしてしっかりとシミ対策をしていれば、年齢を重ねてもシミの少ない肌でいられる可能性が高いでしょう。20代でできるシミの原因やケアの方法を知り、予防をしたり正しいスキンケアをしながら、理想とするきれいな肌を目指しましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”