毛穴汚れ 沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ)

気になる毛穴の黒ずみ!透明感溢れる美肌を手に入れる方法をご紹介

気になる毛穴の黒ずみ!透明感溢れる美肌を手に入れる方法をご紹介

ファンデーションやコンシーラーを使っても、なかなか隠せない毛穴の黒ずみ。人と顔を合わせて話しているときや食事をしているとき、「毛穴の黒ずみを見られているんじゃないかな」と気になってしまう人も少なくありません。毛穴の黒ずみを改善できれば、もっと自信を持って毎日を過ごせることでしょう。そこで、毛穴が黒ずんでしまう原因と対策、ケア方法ついて紹介します。

毛穴が黒ずんでしまう原因をご紹介

毛穴が黒ずむ理由には、主に「色素沈着」「皮脂の酸化」「乾燥によるターンオーバーの乱れ」の3つがあります。1つ目の色素沈着は、「メラニン色素」が原因で起こります。メラニン色素は、肌に摩擦が起こったり紫外線を浴びたりしたときに、肌を守るために分泌される物質です。そして、通常であれば肌が新しく生まれ変わるときに、古い肌と一緒にはがれ落ちていきます。この肌が生まれ変わる状態を「ターンオーバー」と呼びますが、ターンオーバーがうまく行われていないと、メラニン色素がそのまま肌に残り黒ずみとなります。このメラニン色素を作る細胞は毛穴の周囲にもあるため、刺激を受けたりターンオーバーが乱れたりすることで毛穴の周囲が黒ずんでしまうのです。
2つ目の皮脂の酸化は、毛穴に「角栓」ができることから始まります。角栓とは、毛穴にある皮脂腺から分泌された皮脂と、古い角質やホコリ、落としきれなかったメイクなどが混じってできたものです。そして、脂からできている角栓は、空気に触れると酸化する性質があります。脂が酸化することで表面が黒ずんでしまい、結果的に毛穴が黒く見えてしまいます。
3つ目の乾燥によるターンオーバーの乱れについては、まず乾燥が肌に与える影響から知る必要があるでしょう。肌は正常な状態であれば、水分をきちんと閉じ込めているため、みずみずしくハリがあります。しかし、肌が乾燥によって水分を失うと、硬くなってしまいます。肌が硬化すると、今度は古い角質や角栓を排出できなくなり、毛穴に汚れがたまった状態となります。これにより、毛穴にたまった角栓が酸化し毛穴が黒ずんで見えるようになるのです。さらに、ハリを失った肌は毛穴も目立つようになってしまいます。毛穴は皮膚と皮膚の間にある溝のようなもので、毛穴を取り囲む肌に水分がたっぷり含まれていれば、あまり目立ちません。しかし、乾燥によって水分を失うと肌はしぼんでしまい、隠れていたはずの毛穴がはっきり目に見えるようになってしまうのです。

逆効果かも!NGケアとは

毛穴の黒ずみが気になり、ドラッグストアなどで毛穴対策用の化粧品やグッズを購入する人は少なくありません。ドラッグストアやデパートの化粧品売り場などには、毛穴がキレイになることをアピールした商品が多くみられます。しかし、中には効果を得られるどころか、かえって黒ずみを悪化させたり肌にトラブルが起きたりする原因となるアイテムもあるため、注意しましょう。毛穴を悪化させる恐れがある主なアイテムには、次のようなものがあります。
まずは「毛穴パック」です。シートタイプや洗い流すタイプなどがよくみられ、取れた角栓が目で確認できるなど、毛穴がキレイになったようなスッキリ感が得られます。しかし、角栓と一緒に肌に必要な角質まで取り除いてしまうため、肌が乾燥して黒ずみが悪化する恐れがあります。「毛穴汚れごっそり」系のクレンジングや洗浄力の強い洗顔料、酵素入りの洗顔料なども同様です。また、肌のザラつきを解消するために、スクラブを使ったり洗顔料に重曹を入れたりする人もみられますが、これらも必要な角質を削ってしまいます。一時的にツルツルになった感じがするため、効果が得られているような感覚になりますが、やめましょう。洗顔ブラシも肌を傷める原因となるため、手を使ってやさしく洗う方法がおすすめです。

陶器のような肌が理想!原因別の対策方法

毛穴の黒ずみを解消するためには、原因に合わせた対処方法を取り入れる必要があります。毛穴が黒ずむ主な原因は、色素沈着と皮脂の酸化、乾燥によるターンオーバーの乱れです。まず、色素沈着の場合は、美白を意識すると良いでしょう。メラニン色素を薄くすることで毛穴の黒ずみを目立たなくするのです。美白に効果的といわれている成分には、ビタミンC誘導体やアルブチン、ハイドロキノンなどがあります。これらを配合した化粧水や美容液などは、ドラッグストアやデパートの化粧品売り場で手に入るため、毎日のケアに取り入れてみると良いでしょう。同時に、紫外線を浴びないようにする、肌に刺激を与えないなど、新たなメラニン色素の発生を抑えるケアも必要です。
また、メラニン色素は古い肌とともにはがれ落ちていくため、ターンオーバーをスムーズにするためのケアも意識しましょう。ターンオーバーは肌の血行を良くすることで改善が期待できるため、シャワーでなくお風呂にしっかり浸かる、普段から運動を取り入れるなどがポイントです。リンパマッサージも効果的といわれているため、取り入れてみるのも良いでしょう。ただし、マッサージに力を入れすぎたり回数を多くしたりすると、肌に刺激を与えてしまうため注意が必要です。
皮脂の酸化には、オイルを使ったラップパックがおすすめです。オイルは皮脂を取り除くために効果的なため、毛穴の頑固な汚れの除去が期待できます。パックの方法はとても簡単で、毛穴の黒ずみが気になる場所にベビーオイルやホホバオイルなどをたっぷり塗って、上からラップをしてお風呂に入るだけです。息ができるように、ラップの口や鼻の部分に穴を開けておく必要があります。ラップをはがしたら、マッサージをしながらオイルを綺麗にすすぎましょう。
乾燥による毛穴の黒ずみを防ぐためには、化粧水やミルクローションなどを使ってこまめに保湿をすることが大切です。肌にハリや潤いが得られることで、毛穴の黒ずみの改善が期待できます。肌が乾燥するとターンオーバーも乱れるため、入浴や運動、リンパマッサージなどを取り入れるのも良いでしょう。

黒ずみを悪化させないために!化粧品選びのポイントとは

毛穴の黒ずみを改善するために、洗浄力が強いオイルクレンジングは避けましょう。黒ずみを気にする人の中には、皮脂をしっかり取り除こうとオイルクレンジングを選ぶ人がよくみられますが、使用後に肌が乾燥しやすくなります。乾燥を防ぐためにも、ミルクやクリームタイプのクレンジングを選ぶようにしましょう。また、洗顔料に低刺激性の固形石鹸など、シンプルな処方の石鹸を選ぶこともポイントです。泡立てネットなどを使ってしっかり石鹸を泡立ててから、やさしく洗うことが大切です。洗顔後は保湿力の高い化粧水を使って、肌のターンオーバーを正常化させましょう。メラニン色素の定着を防ぐためには、美白効果が期待できる化粧品を使う方法があります。
美肌に良いパック「王妃の白珠」もおすすめです。王妃の白珠は、サンゴや海藻などが蓄積してできた沖縄の海底の泥を使ってできています。この特別な泥には、古い角質や毛穴の黒ずみを吸着する作用があるため、肌を白く美しい状態へと導いてくれます。使い方も簡単で、顔など黒ずみが気になる部分に塗って、5分たったら洗い流すだけです。肌の黒ずみを解消し、陶器のような美しい肌を手に入れるためにも、王妃の白珠をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”