乾燥肌 沖縄美人のオールインワンジェル わらびはだ

乾燥肌さんは知っておきたい!正しい保湿の方法と注意点を徹底解説

乾燥肌さんは知っておきたい!正しい保湿の方法と注意点を徹底解説

瑞々しい肌をキープするためには、正しい保湿の方法と注意点を知ることが大切です。肌が乾燥していると、シワも増えやすく、実年齢より老けた印象となってしまいます。
しっかりと日々のお手入れをしているのに、肌の乾燥に悩んでいる人は、間違ったケアをしている可能性があります。ここでは、フェイシャルやボディなど、部位別に保湿の方法を紹介していきます。

間違った肌のケアが乾燥を悪化させる!

乾燥肌に対するアプローチは、化粧水の使い方と保湿方法にあります。化粧水を角質層まで浸透させ、クリームで蓋をすることで、ふっくらとしたきめ細かな肌となるのです。
しかし、化粧水とクリームを使っても、その使い方が間違っていたら肌の乾燥を悪化させることになりかねません。たとえば、化粧水をつけるときにパチパチと叩き込むようにパッティングすると、肌を傷める可能性があります。また、化粧水をとにかくたっぷり使うのもNGです。化粧水をつけるときは、コットンに化粧水を染み込ませ、肌の上から優しく押さえるように浸透させるとよいでしょう。
化粧水をつけたあとは、クリームで保湿を行います。化粧水のみで保湿をすると、せっかく浸透した化粧水が蒸発し、乾燥の原因となります。化粧水のあとクリームを使うことで、浸透させた化粧水を逃がさないよう蓋をすることができます。このとき、とにかくたっぷりつけてしまうと、顔全体がベタベタとなり効果的に保湿することができません。クリームでべたついた肌には汚れが付きやすく、そこからニキビや吹き出物といった肌トラブルに繋がります。クリームを使用するときは、肌全体に薄い膜を張るようなイメージで塗っていくのがおすすめです。
また、化粧水やクリームといった化粧品は年齢に応じたものを使用することも大切です。皮脂の分泌が活発な10代、20代向けの化粧品は、さっぱりとしたタイプが多く、保湿成分が十分に含まれていないこともあります。年齢に応じて化粧品を変えることで、今の肌にぴったりな成分を補うことが可能となるでしょう。

肌を保湿する前に!正しい洗顔方法を知ろう

肌を保湿する前に、正しい洗顔をすることで、その効果を高めることができます。肌の汚れを適切に落とせなければ、いくら保湿を行っても、乾燥肌に悩まされ続けることになります。
洗顔には、大きく2つのステップがあります。1つ目はクレンジングです。クレンジングの主な目的は、メイクオフです。クレンジングには、オイル、ジェル、クリームなど、いくつもの種類があります。オイルクレンジングは、洗浄力が強い反面、肌の乾燥を進行させてしまうリスクがあります。よって、オイルクレンジングは、しっかりメイクをした目元や口元などポイント使いをするのがおすすめです。肌全体のクレンジングは、ジェルやクリームなどを使い、肌を傷めないようくるくると円を描くようにメイクを落としていきましょう。
2つ目は洗顔です。クレンジングで落とし切れなかった毛穴汚れなども、洗顔フォームで落とすことが可能です。洗顔するときも、ゴシゴシと力を入れるのではなく、泡で優しく包み込むように洗っていきましょう。洗顔フォームには、界面活性剤やスクラブなど、肌を乾燥させてしまう成分が含まれている場合もあるため、成分表を確認したうえで使用すると安心です。肌への負担が少ないミルクやクリームタイプを選び、専用の泡立てスポンジを使い、キメ細やかな泡で汚れを洗い流していきます。

肌を保湿する!アイテムの使用方法

肌を保湿するためには、アイテムを正しい手順で使用することが大切です。まず化粧水は、顔の水分を拭き取ったあと、適量を伸ばしていきます。このときコットンを使用すると、摩擦を減らし肌への負担を軽減することができます。
化粧水のあとは、乳液です。適量を手に取り、優しく伸ばしていきます。乾燥肌用のクリームや美容液などをプラスする場合は、メーカーが推奨するタイミングで使うようにしましょう。
化粧品は、同じメーカーブランドで統一できるとベストです。統一することで、それぞれが持つ効能を最大限高めて、肌本来の美しさを引き出すことが期待できます。また、自分の肌に合った保湿アイテムを見つけることも重要です。体質によって合うアイテムは違うため、いくつかの製品を試し、自分に合った乾燥肌ケアの方法を探していきましょう。
季節によって使用するアイテムを変えてみるのもおすすめです。特に空気が乾燥しやすい冬は、夏場よりも保湿力を重視したアイテムを取り入れてみるとよいでしょう。

ボディを保湿する時のポイントとは

保湿はフェイシャルだけに限りません。肘、膝、背中といったボディも乾燥しやすいため、正しい保湿ケアをすることが大切です。ボディの保湿アイテムには、クリームやオイル、ローションなどがあります。
顔の保湿とは違い、複数のアイテムを組み合わせるのではなく、1つの化粧品で保湿をしていきます。カサカサと白くなるほど乾燥が激しいのであれば、オイルやクリームなど保湿力が強いアイテムがおすすめです。予防としての保湿ケアであれば、さっぱりとした使用感のローションがよいでしょう。
べたつきが気になる場合は、お風呂上がり肌に水が付いた状態で保湿アイテムを使用します。肌に乗せた保湿アイテムを伸ばし、タオルでとんとんと押さえることで、肌をさっぱりと保湿することができます。

保湿をする時の注意点が知りたい

保湿ケアをするときは、3つの注意点があります。
1つ目は、保湿アイテムを塗り過ぎないことです。クリームやオイルなどは、塗れば塗るほど保湿力が高まるわけではありません。塗り過ぎてしまうと、肌本来の持つ保湿力が失われ、より乾燥肌が進行してしまうケースもあります。保湿アイテムはメーカーが推奨する用量を守って使用することがポイントです。
2つ目は、塗るときに肌をこすらないことです。人の肌はとても傷つきやすいため、ゴシゴシとこすって塗ってしまうと、小さなキズができることがあります。これらのキズは肌荒れやくすみなど、肌トラブルの原因となります。洗顔や保湿アイテムを使用するときは、優しく撫でるように使うことを心がけましょう。
そして3つ目は栄養バランスの取れた食事を摂ることです。規則正しい生活は、美しい肌をキープするためには欠かせません。早寝早起きとバランスの良い食事を摂ることで、身体の中からも乾燥肌の改善を目指すことが大切です。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルわらびはだ