沖縄美人のオールインワンジェル わらびはだ 首イボ

ぶつぶつと目立って格好悪い!首イボはピーリングでケアできる?

ぶつぶつと目立って格好悪い!首イボはピーリングでケアできる?

知らない間に首にイボができてしまい、困っている人はいませんか。痛みやかゆみはなくても、首元の開いた服が着られないなど見た目が気になることがあります。そんな厄介な首イボですが、実はピーリングによって除去効果が期待できることはご存知でしょうか。今回は、首イボの原因や対策としてのピーリングについて、詳しく解説していきます。

首のイボができる原因を解説

イボには大きく分けて2種類あり、原因もそれぞれ異なります。適切な処理方法を知るために、まずは自分のイボの種類や原因について知っておきましょう。2種類のうち、ひとつは老人性のイボであり、老化や加齢が主な原因です。医学的には「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」あるいは「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」などと呼ばれます。一般的に、年齢を重ねた肌は新陳代謝が徐々に衰え肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が適切に行われなくなることがあるといわれています。すると垢となって剥がれ落ちるべき古い細胞が肌の表面に留まってしまい、それが蓄積して角化しイボとなってしまうのです。
肌の老化を進めてしまう原因はいろいろあります。例えば日焼けによるダメージです。首元はどうしても日にさらされることが多く、紫外線を浴びやすい箇所といえるでしょう。顔に比べてケアを怠りがちな箇所でもあるので、ダメージが蓄積しやすくそれが老人性イボの原因となることがあるのです。また、アクセサリーや洋服などによる摩擦も肌の老化に影響を与えることがありますので、首元のオシャレを楽しんだときには十分なケアをしてあげることが必要です。
老人性イボは良性腫瘍のため、放っておいても身体に深刻な影響を及ぼすとは考えにくいといわれています。また、感染することもありません。それに対しもうひとつのイボ、ウイルス性イボは放置するとどんどん増えたり、触った人に二次感染したりすることがありますので、早めの処置が必要でしょう。「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」「足底疣贅(そくていゆうぜい)」「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」など、ウイルス性にはいくつか種類があります。いずれの場合もイボの原因となる細菌が傷口から体内に入り込むことで発症します。イボを引き起こすウイルスは空気中に無数に存在しているため、誰でも感染する可能性はあるといえるでしょう。

首イボがなくなる?ピーリングの効果とは

このように、首イボには老人性とウイルス性がありそれぞれ対処法が異なります。ウイルス性の場合はイボを取り除くだけでなくウイルスを撃退しないといけませんから、医療機関の受診が必要です。自分で取ろうとしてイボに触れたり、潰したりすると悪化や感染の恐れがありますので、無理に取ろうとせず専門医に診てもらうことをおすすめします。
一方、老人性の場合はピーリングが効果を発揮することがあります。ピーリングとは、古くなった角質をはがすケアであり、肌のターンオーバーの正常化を目的とするスキンケア方法です。首だけでなく顔のケアにも用いられるので、聞いたことのある人は少なくないでしょう。ピーリングをするときには専用のピーリング剤を使います。ピーリング剤には酸が含まれており、酸の力によって古い角質をはがすのです。専用といっても市販されているものも多く、ニキビ跡やシミケアによく用いられます。ピーリング剤には固形石鹸や洗顔料、化粧水などがあり、自宅でも取り組みやすいケアといえるでしょう。
また、クリニックやエステで行うピーリングもあります。市販のものより酸の濃度が高いピーリング剤を用いたり、レーザーを使ったりして肌表面の古くなった角質を取り除いていきます。いずれの場合も、肌のターンオーバーが促されますので、肌荒れやニキビ跡といった肌トラブルへの効果的なアプローチが期待できます。

ピーリングの副作用について知っておこう

ピーリングはさまざまな肌トラブルの改善が目指せるケア方法ですが、気を付けないと更なる肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。本来、肌には外部からの刺激に対応するバリア機能が備わっています。しかし、ピーリングで人工的に肌の細胞を剥がすとそのバリア機能までも取り除いてしまうことがあるため、ちょっとした刺激がトラブルを引き起こしかねないのです。
例えば、バリア機能を失った肌はいつも以上に乾燥しがちです。水分をため込み、肌を守ってくれる「角層」が再生されれば元通りになりますが、それまでは注意が必要といえます。肌が乾燥していると紫外線の刺激を受けやすくなり、シミや色素沈着を引き起こしかねません。また、バリア機能が低下しているとアクネ菌などの雑菌が繁殖しやすく、ニキビもできやすくなります。かゆみや炎症を引き起こすことも考えられますので、ピーリング後は化粧水や乳液などできちんと潤いを与えてあげることが重要です。

ピーリングに向かない人もいる!

また、ピーリング中にピリピリとした痛みやかゆみを感じることもあります。市販のピーリング剤は濃度が薄いとはいえ酸を使用するため、そのような刺激を感じる人もいるのです。こういった理由から、敏感肌の人にはピーリングはあまりおすすめできません。敏感肌の人はもともと肌のバリア機能が弱くなっているため、そこに酸で刺激を与えると思った以上にダメージを与えてしまうことがあるのです。アトピーの人も外部からの刺激に肌が敏感になっていますから、同様に注意が必要といえます。
もし、ピーリングが合わないと感じるなら他の方法でターンオーバーの正常化を目指すのもひとつの手です。例えば、保湿方法を見直すことも有効な対策になります。普段使っている乳液や美容液が、実は自分の肌に合っていなかったり必要以上に肌に栄養を与えてしまっていたり、ターンオーバーを乱す原因になっていることがあるからです。使っている化粧品類を肌に優しいものに切り替え、肌本来が持つ再生能力を最大限引き出すようにしてあげましょう。どんな化粧品を選べばいいかわからない、という人はチュラコスの「わらびはだ」を使ってみてはいかがでしょうか。わらびはだは自然由来成分が配合されている無添加のオールインワンジェルで、もちろん顔だけでなく首にも使用できます。肌への負担を極力減らしてスキンケアができますので、敏感肌の人でも使いやすいアイテムといえるでしょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

沖縄美人のオールインワンジェルわらびはだ