沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ) 鼻の黒ずみ・いちご鼻

自宅で簡単ケア!鼻の黒ずみ毛穴を治すための方法をご紹介

自宅で簡単ケア!鼻の黒ずみ毛穴を治すための方法をご紹介

メイクをばっちりしたのに何だかしっくりこない…そんなときは鼻の黒ずみ毛穴が原因かもしれません。毛穴が目立ちやすい鼻ですが、実は黒ずみにはいくつかの種類があります。ここでは、鼻の毛穴が黒ずんでしまう原因と、自宅でできる簡単なお手入れ方法を汚れの種類別に紹介します。黒ずみの原因とそれにぴったりのケアをすることで、誰もがうらやむ美しい肌を手に入れましょう。

鼻の毛穴が黒ずんでしまう原因とは

鼻の黒ずみの原因は、大きく3つあります。効果的なケアをするためには、この原因をはっきりとさせることが何より重要です。間違ったお手入れをしていると、黒ずみが治らないばかりか、悪化してしまうこともあるのです。
まず、1つ目は「毛穴につまった角栓」です。角栓は、皮脂や角質、雑菌によって大きくなります。良い肌状態がキープできていれば、角栓が皮膚表面に出てくることはありません。毎日の洗顔と保湿によって、毛穴の汚れは落とすことができるのです。しかし、小鼻は角栓が大きくなりやすく、汚れが落ちにくい場所でもあります。溜まった汚れを放置してしまうと、角栓は大きくなり、さらに汚れが溜まりやすいといった悪循環に陥ります。そして、大きくなった角栓はいずれ皮膚表面に顔を出し、それが黒ずみとして目立ってくるのです。
2つ目は、「産毛の色素」です。肌の表面には、外部からの刺激を和らげるために、産毛が生えています。産毛はうなじや生え際にあるイメージですが、実は鼻にも産毛はあります。この産毛の色素が黒ずんでみえることがあるのです。さらに、産毛の周りには皮脂などの汚れが溜まりやすくなります。
そして、3つ目は毛穴付近の色素沈着です。これはメラニン毛穴と呼ばれるもので、毛穴づまりが悪化した状態です。黒ずみの状態が続き、それが紫外線や空気に触れることで汚れは酸化します。酸化して黒くなった汚れは、毛穴を縁取るように色素沈着するのです。一度色素が沈着してしまうと、完全に治るまでには時間がかかります。メラニン毛穴となってしまう前に、予防ケアをすることが美しい肌を維持するためのポイントといえるでしょう。

鼻の黒ずみの正体を見分けることから始めよう

鼻の黒ずみケアは、その正体を見分けるところからスタートします。最初のステップは、肌の質感の確認です。鼻の上をやさしく指でなぞってみて、ザラザラとした感触があれば、角栓のつまりが原因です。
角栓がつまっているということは、毛穴が開き、そこに皮脂などの汚れが溜まっている状態を表します。まずは、オイルクレンジングなどで毛穴の奥の汚れを落としてみましょう。クレンジングしたあとも、ザラザラとした感触が残っていれば、産毛が埋もれている可能性があります。黒ずみの原因が産毛の場合は、丁寧にシェービングするのが効果的です。シェービングすることで、産毛や余分な角質を落として、肌本来の持つ艶やかな状態に戻します。シェービングは、黒ずみに効果があるだけでなく、肌のくすみの改善も期待できます。ただし、やりすぎてしまうと、肌が傷つき赤くなることもあるため、やさしく丁寧にシェービングすることを心がけましょう。
クレンジング、シェービングをしても黒ずみが取れていない場合は、色素沈着していると考えられます。毛穴の色素沈着汚れは、肌表面がつるつるしていることが特徴です。色素沈着による黒ずみは、角栓の汚れや産毛の色素汚れが悪化することで、起こりやすくなります。複数の原因で黒ずみ汚れになっているのであれば、複合的なケアが必要となってくるでしょう。

種類別!鼻の黒ずみを一掃する方法

鼻の黒ずみ汚れの処理は種類によって異なります。適した処理をすることで、すっきりと汚れを一掃することができるでしょう。まず、角栓が原因の黒ずみには蒸しタオルとオイルクレンジングが効果的です。蒸しタオルで鼻周面を温めることで、毛穴が広がり、汚れが落ちやすくなります。また、オイルクレンジングはクリームタイプやリキッドタイプより洗浄力が強いため、頑固な汚れも落としやすいでしょう。
産毛が汚れの原因の黒ずみには、定期的なシェービングが良いでしょう。このとき黒ずみを落とそうと強めに力を入れないように注意しましょう。シェービングは、あくまで産毛を抜くことが目的です。肌に過剰な刺激を与えてしまうと、皮脂の分泌があがり、毛穴づまりの原因となりかねません。また、シェービング後は毛穴が開きやすい状態です。このまま放置してしまうと、せっかくお手入れをしたのに、開いた毛穴に汚れが溜まってしまいます。シェービング後は、化粧水でパックをするなど、毛穴を冷やすケアをするとよいでしょう。
色素沈着が原因の場合は、根本的な体質改善が必要です。バランスの良い食事と適度な運動をして、肌のターンオーバーを促しましょう。定期的なピーリングも、肌のターンオーバーには最適です。ピーリングをすることで、肌表面に溜まった汚れを取り除き、新しい肌が生まれる手助けができます。しかし、過度なピーリングは肌を傷つける原因にもなるため、やりすぎないよう注意が必要です。

鼻の黒ずみに効く!洗顔方法を解説

鼻の黒ずみを改善するためには、洗顔方法に気をつかうことも重要です。まず、洗顔前は顔と手をしっかりと温めるようにしましょう。ホットタオルやフェイススチーマーを使い、顔を温めることで、毛穴が開いて汚れが落ちやすい状態となります。
また、洗顔をする際は、泡洗顔やクレイ洗顔にすると、毛穴の奥深くの汚れまで洗い流すことができます。鼻周りを洗うときは、くるくると円を描くようにマッサージしましょう。ゴシゴシと一方向から洗うのではなく、多方向から毛穴にアプローチすることで、書き出すように汚れが落とせるはずです。
洗顔後は、柔らかいタオルで水気を吸い取ります。上から押しあてるようにやさしく水気をとり、すぐに化粧水を浸透させて毛穴を引き締まるとよいでしょう。

スキンケア用品にもこだわろう

鼻の黒ずみを解消するためには、スキンケア用品にもこだわると良いでしょう。毛穴の汚れを治すためには、日ごろのお手入れが大切です。洗顔と保湿をしっかりと行うことで、黒ずみ汚れは良くなります。スキンケア用品の中には、ターンオーバーを促す成分が入っていたり、肌を引き締める効果があったりするものがあります。黒ずみの原因を突き止めて、それにあったケアをすることで、毛穴レスの美しい肌を手に入れましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”