オールインワン美容除毛クリーム ちゅらりも 胸毛

目立つ胸毛を目立たなくしたい!脱毛&処理の方法について知りたい

目立つ胸毛を目立たなくしたい!脱毛&処理の方法について知りたい

胸毛は厚着をすればある程度は隠せるものの、薄着になったり海やプールに行ったりすると、どうしても目立ってしまいます。自分の胸毛が周りの人にどう思われているか気になっている人もいるでしょう。胸毛は脱毛サロンを利用したり、ホームケアで処理したりすることで目立たなくすることも可能です。そこで、胸毛の脱毛や処理方法について紹介します。

海外とは認識が違う?胸毛に対する印象は良くない?

ヨーロッパなどの海外では、ワイルドで格好いいと判断されることもある胸毛ですが、日本では胸毛に対する印象は良くありません。海外では肌の色が濃い人もいれば、肌も体毛も明るい色をしている人もいます。そのため、胸毛がそれほど目立たないケースも多いです。しかし、日本人の多くは肌の色が明るく、体毛は黒い色をしています。そのため、胸毛が目立ってしまい、不潔な印象を持たれやすいのです。たとえ体全体の毛量は多くなくても、胸毛が生えているだけで毛深いと思われてしまいます。放置していると服とボタンの隙間やシャツの襟元から見えてしまうこともあり、油断はできません。
また、胸毛が生えていると、洋服の布地とムダ毛が擦れて気持ちが悪かったり、汗が溜まって蒸れやすくなったりします。不快感を軽減するためにも、胸毛は定期的にお手入れをしたほうが無難です。胸毛の処理方法には自宅でできるホームケアと、サロンや医療機関で受けられる脱毛があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、予算や目的に応じて使い分けましょう。

サロンでしっかり胸毛を脱毛したい!費用はどれくらいかかる?

サロンで胸毛をケアする場合は、脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛と、クリニックで受けられる医療脱毛の2種類があります。どちらの方法も、1回や2回の施術で効果を実感するのは難しいです。ある程度毛量を減らすには、何度か施術を繰り返す必要があります。フラッシュ脱毛で脱毛をする場合、効果を感じ始めるのは5回から6回目からです。つるつるにする場合は16~18回程度の施術を重ねる必要があるでしょう。
一方、脱毛クリニックでは6回程度の施術でつるつるにすることも可能です。ただし、毛量や毛質にはよっては6回以上の施術が必要になる場合もあります。たとえば肌がデリケートな人は、火傷や肌荒れのリスクがあるため、いきなり高出力での施術はできません。低出力での施術を繰り返すと、肌へのダメージはおさえられますが、脱毛にかかる期間や施術回数は多くなってしまうでしょう。
また、脱毛サロンと医療機関では、予算も大きく違います。脱毛サロンでつるつるにするための費用は、11万から16万円程度が目安です。処理を楽にするための脱毛であれば、5万から7万円程度で済ませることもできます。脱毛クリニックを利用する場合は、さらに高額の費用がかかることを覚悟しておきましょう。また、痛みの度合いも脱毛サロンと脱毛クリニックで異なります。脱毛サロンは痛みが少ないものの、脱毛機の出力が弱いため、効果を実感するまでに時間がかかります。脱毛クリニックでは高出力の脱毛機を使用するため、短期間で効果を実感できますが、そのぶん痛みも強いです。なるべく予算を少なく抑えたい人や痛みに弱い人は脱毛サロンを利用すると良いでしょう。お金がかかっても短期間で脱毛を済ませたい人や、痛みを我慢する自信がある人には脱毛クリニックが向いています。

お家でこつこつケアしたい!処理の方法とは

胸毛のお手入れは自宅でも可能です。代表的なホームケアの方法として、家庭用脱毛機や脱毛用ワックス、除毛クリームなどが挙げられます。家庭用脱毛機は、エステ脱毛と同じ手法でムダ毛ににアプローチをする器具です。毛根にダメージを与えることでムダ毛を弱らせ、毛量を減らす効果が期待できます。
しかし、サロンで使われる脱毛機よりも出力は弱いので、完全につるつるの状態にするのは難しいでしょう。見た目がつるつるになり、即効性があるのはワックス脱毛です。脱毛用のワックスをムダ毛に直接塗布し、一気に剥がすことで脱毛します。処理に時間がかからず、広範囲の脱毛も簡単にできるのが特徴です。ただし、肌にかかる負担が大きいため、頻繁に使うことはできません。肌が敏感な人は肌荒れや黒ずみなどのトラブルを起こす可能性もあります。
家庭用脱毛機や脱毛ワックスよりも手軽にケアしやすいのは除毛クリームです。クリームに含まれた薬剤がムダ毛を溶かし、洗い流すだけできれいに処理できます。肌の表面に露出した毛はもちろん、毛穴の中の体毛まで溶かしてくれるので、つるつるの状態を長く維持できます。カミソリで剃ったときのように、生えかけの毛がチクチクと当たったり、毛穴のブツブツが目立ったりする心配もありません。ただし、脱毛ワックスと同様、肌との相性が悪いとトラブルを起こすリスクがあるので注意しましょう。短期間に何度も使用すると、肌へ大きなダメージを与えてしまいます。肌がデリケートな人は敏感肌向けの除毛クリームを使用すると良いでしょう。

市販のアイテムでムダ毛をケアするのも良い

サロンに行く時間がない人には、こつこつ処理ができる市販のアイテムがおすすめです。脱毛ワックスや除毛クリームの中には低刺激のものや肌に優しいものもあるので、毛質や肌質に合ったものを選びましょう。また、肌のコンディションを考慮しながら、複数のアイテムを組み合わせるのも良いでしょう。日頃の処理はカミソリや脱毛ワックスを使い、肌の調子が悪いときは刺激の少ない除毛クリームを使うなどの使い分けもできます。また、ムダ毛処理をした後は、アフターケアも欠かさずに行いましょう。除毛後の肌は非常に敏感で、少しの刺激でも大きなダメージを負ってしまいます。乾燥や肌荒れなどのトラブルを予防するためにも、保湿用のローションやクリームを使って肌を保護しましょう。
毛量そのものを薄くしたい場合や、毛の生えるスピードを遅くしたい場合は、抑毛効果が期待できるアイテムを選びましょう。ドラッグストアや通販サイトでは、抑毛成分を配合した除毛クリームや抑毛ローションも市販されています。脱毛サロンや脱毛クリニックよりも時間はかかりますが、根気よく使い続けることで少しずつ毛量が減ってくるでしょう。電気シェーバーやカミソリと併用して使用できるちゅらりもは、肌をケアしながら抑毛効果も期待できます。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

オールインワン美容脱毛・除毛クリーム