沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ) 鼻の黒ずみ・いちご鼻

男性のいちご鼻はかなり頑固!原因とケア方法をご紹介

男性のいちご鼻はかなり頑固!原因とケア方法をご紹介

ポツポツとした黒い汚れが目立つ「いちご鼻」は、多くの人を悩ませている肌トラブルの一つです。なかでも、男性は女性に比べていちご鼻などの毛穴トラブルを引き起こしやすい傾向だとされています。一体、なぜ毛穴トラブルが起きてしまうのでしょうか。きちんと原因を知り、日々のなかで予防と対策を行いましょう。ここでは、男性がいちご鼻になりやすい原因や対策について紹介します。

男性がいちご鼻になりやすい原因

男性がいちご鼻になりやすい原因には、以下の4つが挙げられます。まず、1つ目は「皮脂が多い」という点です。いちご鼻は皮脂が毛穴に詰まり、酸化して黒く見えてしまうことで起こります。本来、毛穴は汗や皮脂を分泌し、肌を外部刺激から守るという働きがあります。そのなかでも、おでこや鼻などのいわゆる「Tゾーン」は毛穴の数が多く、皮脂分泌も他の顔の部位に比べて盛んな傾向です。さらに、男性は女性に比べると皮脂分泌が多い傾向にあるため、いちご鼻のような毛穴トラブルを引き起こしやすいと考えられているのです。
2つ目は「お風呂に長く浸からない」ことが挙げられます。日々忙しく過ごしている男性のなかには、お風呂に入らずにシャワーだけで済ませてしまう人も少なくありません。湯船にしっかりと浸かると毛穴に詰まった皮脂がやわらかくなり、皮膚内の老廃物が排出されやすくなることが期待できます。しかし、シャワーだけで入浴を済ませた場合は充分に体が温まらず、毛穴の奥の汚れまで落としにくくなってしまう場合があるのです。
3つ目には「基礎化粧品にこだわらない」ことも原因の一つだとされています。美しい素肌を目指すには、自分の肌の状態に合った基礎化粧品を使用することが欠かせません。ただ、なかには基礎化粧品の選び方がよくわからず、適当に使用するものを決めてしまう人もいるのです。基礎化粧品はこだわりを持って自分に合うものを選ぶことが、美肌に近づく重要な一歩といえます。
4つ目の「スキンケアをしない」というのもポイントです。男性は女性に比べると美意識がそこまで高くなく、「スキンケアの方法もよくわからない」「そもそもスキンケアをしない」という人も多い傾向にあります。いちご鼻の原因を取り除くには、洗顔や保湿といった日々のスキンケアが何よりも重要です。きちんとスキンケアの手順を頭に入れることで、悩み解消を目指しやすくなります。

いちご鼻を悪化させないために!生活習慣を見直す

すこやかな素肌を目指すためには、スキンケアに加えて「生活習慣」を見直す必要があります。なぜなら、いちご鼻と生活習慣は深い関わりがあると考えられているためです。そのため、「規則正しい生活を心がける」ことで、効率的に毛穴トラブルを遠ざけやすくなることが期待できます。
そもそも、いちご鼻が起こるのは「肌のターンオーバーの乱れ」が原因の一つといわれているのです。肌のターンオーバーが正常であれば、自然に肌から古い角質がはがれ落ち、新しい角質が押し出されます。しかし、寝る時間が遅かったり充分な睡眠がとれていなかったりすると、ターンオーバーが乱れる原因につながります。肌のターンオーバーを整えるためには、毎日決まった時間に寝起きするなど、規則正しい生活を送ることが大切です。規則的な生活リズムを身につけることで、肌のターンオーバーを整えやすくなります。
さらに、「バランスのとれた食生活を心がける」こともポイントです。悩み知らずの肌をつくるには、毎日の食事でしっかりと肌に必要な栄養を摂取することが欠かせません。食事は朝・昼・晩の3食を意識し、栄養に偏りがないようにメニューを考える必要があります。具体的には、肉・魚・野菜などをバランス良く食べることが重要です。なかでも、皮脂の分泌を抑えるのに役立つとされる、ビタミンB2やビタミンB6を意識的に摂取すると良いでしょう。また、肌のターンオーバーを整える作用を期待できるビタミンAも、日頃から摂取することがおすすめです。

いちご鼻をケアするためのスキンケア

気になるいちご鼻の悩みを1日でも早く解消するには、スキンケアの知識をしっかりと身につけ、日々丁寧にお手入れを行うことが肝心です。いちご鼻をケアするためのスキンケアには、以下の3つの方法があります。
1つ目は「蒸しタオルと綿棒を使ったケア」です。蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を温め、開きを良くしておきます。その後にオリーブオイルなどを染みこませた綿棒を使い、黒ずみが気になる部分をやさしくマッサージしましょう。すると、オイルが毛穴に溜まった皮脂とうまくなじみ、余分な汚れを取り除きやすくなるといわれているのです。ただし、この方法は医学的に証明されたものではないため、行う際は充分な注意が必要といえます。
2つ目に「岩盤浴やサウナでケアをする」という方法もおすすめです。毛穴は温度により開いたり閉じたりする性質があります。岩盤浴やサウナで体を温めることで毛穴が開き、溜まった皮脂や汚れなどを浮き上がらせやすくなることが期待できます。
3つ目の角質ケアをした後に「化粧水などでたっぷり保湿する」ことも良い方法です。ピーリング剤や酵素入りの洗顔料などは、角栓のもととなる古い角質をケアするのに役立つとされています。ただ、角質ケアの後は肌が乾燥しやすい状態になるため、速やかに保湿ケアを行うことが肝心です。肌が乾燥すると角質が厚くなりやすく、毛穴がふさがれて皮脂が詰まるリスクが高まるとされています。自分の肌質に合った化粧水などを使ってたっぷりと保湿を行い、肌にうるおいを補給しましょう。

間違ったスキンケアがいちご鼻を悪化させる

トラブルのない肌を目指すには、毎日のスキンケアが欠かせません。ただ、スキンケアはやみくもに行うと、かえって肌に負担を与えたりいちご鼻を招きやすくなったりするおそれがあるため、注意が必要といえます。まず、気をつけたいのが「洗顔に時間をかけすぎる」ケアです。洗顔の時間が長すぎると、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまう原因につながります。洗顔は肌を傷つけないようにやさしく、スピーディに行うことがポイントです。
それから、「鼻パックで角栓を抜く」ケアにも要注意です。鼻パックは角栓の抜ける様子がはっきりと目に見えるため、何度も使用したくなる人も多いでしょう。しかし、鼻パックは角栓のほかにも、肌に必要な角質や皮脂までうばってしまうリスクがあります。鼻パックは使い方によっては肌に大きなダメージを与えるおそれがあるため、安易な使用は避けたほうが無難です。
また、「角栓を無理やり抜く」ことも、控えたほうが良い行為の一つです。角栓が気になるからといって無理に抜いてしまうと、肌が傷ついてさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。さらに、角栓を引き抜くと毛穴がぽっかりと開いてしまい、雑菌が侵入しやすくなったり汚れが溜まりやすくなったりする可能性があるのです。このような理由から、無理に角栓を抜くことは避けたほうが良いといえます。
スキンケアでいちご鼻にアプローチを行うには、「オールインワンジェルを利用する」ことも良い手です。ジェルタイプの保湿ケア用品は水分を多く含んでおり、肌につけてもべたつきにくいことが魅力といえます。なかでも、ヨクイニンエキスが入っているオールインワンジェルはおすすめです。肌にうるおいを与え、皮脂と水分のバランスを整えるサポートをしてくれることが期待できます。オールインワンジェルを日々のスキンケアに取り入れることで、鏡を見ることが楽しみになるような、ワンランク上の素肌を目指すことができるでしょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”