沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ)

毛穴汚れを何とかしたい!いちご鼻を解消する正しい洗顔方法とは

毛穴汚れを何とかしたい!いちご鼻を解消する正しい洗顔方法とは

ブツブツと目立つ毛穴汚れは、放っておくと取れにくくなります。しかし、毛穴の汚れを取ろうとしてゴシゴシこすっても、決して取れることはありません。特に「いちご鼻」と呼ばれる毛穴の汚れはメイクでカバーするのも難しいため、毎日適切なケアを行って解消することが大切です。この記事では、毛穴汚れの原因に触れるとともに、毛穴汚れの具体的な対策方法について解説していきます。

毛穴汚れの原因は何?

一般的に、毛穴汚れとは毛穴に角栓がたまり、黒ずんで見える状態を指しているものです。角栓とは、毛穴の出口が狭くなってしまい、皮脂や角質が毛穴のなかで固まってしまったもののことをいます。角栓はターンオーバーの乱れやニキビの初期段階などが原因となって起こることが多くあります。

また、メイクをしている場合、しっかりとメイクを落とさなければ毛穴汚れの原因となってしまいます。メイクをするときには肌を美しく見せるためにファンデーションの使用が欠かせません。しかし、ファンデーションは毛穴に入り込みやすいという特徴があるのです。そのため、毎日丁寧にメイクを落とさなければ、落とし損なったメイクが毛穴のなかに残ってしまい、それが酸化して毛穴汚れを引き起こしてしまいます。毛穴をふさいでしまわないためにも、メイクをしている時間はできるだけ短く、帰宅したらすぐにメイク落としをすることが毛穴汚れを防ぐポイントのひとつです。

毛穴汚れが目立つ部位はどこ?

顔のなかには、毛穴汚れが目立ちやすい部位と、あまり目立たない部位とがあります。毛穴汚れの原因のひとつとして皮脂の分泌量が挙げられます。そのため、皮脂腺が多い部位は、毛穴汚れが目立つ場所として考えておくと良いでしょう。皮脂腺が多いとされている部位については、小鼻や鼻の頭が代表的です。
加えて、メイクを落としづらい部位も、ファンデーションなどの汚れが毛穴に残りやすいといわれています。したがって、毛穴汚れが目立ちやすい部位に入ります。具体的には、顔の鼻の頭や小鼻の周囲、額などは皮脂腺が多いので汚れが毛穴に残りやすく、比較的毛穴汚れが目立つ部位です。これらの部位は、「Tゾーン」と呼ばれていて、汚れが溜まっていると毛穴が広がってしまい、黒ずみの原因となってしまいます。

毛穴汚れはどうやって落とす?

毛穴汚れを落とす場合、ただやみくもに洗顔料を泡立てて気になる部位をゴシゴシとこすってみても、すっきりと汚れが落ちることはありません。毛穴汚れを落とすためには、落とし方のコツを押さえておく必要があります。まず、蒸しタオルを使って毛穴を開きます。顔全体を覆えるくらいのサイズのタオルを水で濡らして軽く絞り、タオルを600wの電子レンジでおよそ30秒温めましょう。タオルを温めすぎると火傷の原因になるため、電子レンジで温め過ぎないように気をつけることがポイントです。そして、完成した蒸しタオルを顔にのせておよそ1分待つと、毛穴が開きます。毛穴が開き、角栓が柔らかくなると毛穴汚れも落ちやすくなります。
蒸しタオルを使って毛穴を開いたあとは、普段通りのスキンケアを行っていきましょう。このとき、洗顔料はよく泡立ててから使うと、毛穴の汚れをすっきりと落としてくれます。顔を洗うときには、汚れが溜まりやすい皮脂腺の多い部位から順に丁寧に洗っていくと、肌への負担を軽減することにもつながります。洗顔ではTゾーンだけでなく、口元や目元などの部位もきめ細かい泡でやさしく丁寧に洗い、顔全体を洗ったあとはぬるま湯で洗顔料をしっかりと洗い流しましょう。

毛穴が開くのを防ぎたい

丁寧なクレンジングや洗顔を行うことでせっかく毛穴の汚れを除去しても、毛穴が開いた状態のままになってしまったのでは効果が期待できません。毛穴が開いたままになる原因としては、皮脂分泌が多いことだけでなく、たるみや乾燥、ニキビ跡の4つの事柄が挙げられます。そのため、原因に合わせて毛穴の開きを引きしめる対策を講じていく必要があります。
毛穴が開く4つの原因を防ぐためには、毎日正しいスキンケアを行うことが大切です。たとえば、優しく洗顔することはスキンケアの基本です。クレンジングでメイク汚れなどをきちんと洗い落とし、洗顔料を泡立てて丁寧に洗顔していくことは、美しい肌を作ることの第一歩といえるでしょう。このとき、メイクの汚れや毛穴の気になる部分を強い力でゴシゴシとこすってはいけません。皮膚を刺激しないように優しく洗って、クレンジング・洗顔料をぬるま湯でしっかりと洗い流すことがポイントです。
また、洗顔後には化粧水などを使って肌に水分を与えて毛穴を引き締めたあと、乳液やクリームなどを用いてケアをすることが欠かせません。化粧水をつけたあとに乳液・クリームなどをつけると、肌に油分の膜を作ってしっかりと保湿することができます。
加えて、食事や睡眠など、ライフスタイルに配慮することも、毛穴が開くのを防ぐことに役立ちます。無理なダイエットや偏った食事、不規則な生活などを続けていると、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。自分のライフスタイルを見直してトータルに対策を講じていけば、気になる毛穴の開きを防ぎ、美しい肌を作ることが目指せるようになります。

毛穴パックは正しい方法で

毛穴パックは肌を傷つけるため、毛穴対策には向かないといわれることがしばしばあります。しかし、毛穴パックをするときに正しい選び方や使い方をすれば、毛穴の汚れを取り除くのに役立ちます。まず、毛穴パックには、シートタイプと洗い流すタイプの2種類があり、これらはケアの目的などによって使い分けることがポイントです。
シートタイプの毛穴パックは、角質を除去する力が強いというメリットがあります。シートタイプの毛穴パックを用いると、気になる毛穴汚れをきれいに取り除いてくれる様子をしっかりと目で見て確認することが可能です。しかし、角質除去の力が強いぶん、肌への刺激も強いというデメリットもあります。一方で、洗い流すタイプの毛穴パックは刺激が弱いぶん、洗浄力が強く乾燥しやすいという一面を持っています。
それぞれのメリット・デメリットを理解したうえで、毛穴パックを使う時には使用方法を守ることが大切です。たとえば、シートタイプの毛穴パックは、肌への負担を軽減するためにゆっくりとパックをはがして、使用後には収れん化粧水で毛穴を引き締めるケアを忘れずに行うことが欠かせません。また、洗い流すタイプではすすぎをしっかりと行い、保湿を念入りに行う必要があります。これらのケアをしっかりと行って、デメリットをカバーすることができれば、毛穴パックを使っても毛穴汚れをすっきりと取り除くことができます。

洗顔料の選び方がカギ

毛穴汚れの対策は、「毛穴のつまりを取り除く」「毛穴を目立たなくする」という点がメインとなります。毛穴汚れを防ぐ対策を講じるときに忘れてはならない事柄としては洗顔があり、洗顔料の選び方もカギとなるでしょう。洗顔料を選ぶときには、肌に極力刺激を与えずに、余分な皮脂をしっかりと落とせる洗顔料を選ぶことが重要です。「毛穴汚れを解消したい」という目的に応じた洗顔料を選ぶことができれば、気になる角栓を取り除いて黒ずみを防いでくれ、毛穴が引き締まった美しい肌に一歩近づきます。数多くある洗顔料のなかから自分の悩みの内容に合ったものを選ぶためには、使用感や成分などにも着目することがポイントです。

継続的なケアで詰まらない毛穴に

毛穴汚れ対策を行う場合は一時的なものにせず、継続することが大切です。また、正しい洗顔と保湿を心がけることで、汚れが詰まりにくい毛穴を保つことができるようになります。いちご鼻に悩んでいるのであれば洗顔方法を見直して、継続的なスキンケアを続けていきましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”