沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ) 鼻の黒ずみ・いちご鼻

打倒いちご鼻!オイルを使ってつるつる鼻をゲットしよう

打倒いちご鼻!オイルを使ってつるつる鼻をゲットしよう

毛穴の開き、特に鼻の毛穴が目立つことを悩んでいる人は少なくありません。なかでも毛穴が黒くなってしまった「いちご鼻」は通常のスキンケアではなかなかきれいにならず、お悩みの人も多いのではないでしょうか。いちご鼻対策のスペシャルケアとしておすすめなのが、オイルと綿棒を使ったマッサージです。ここでは、いちご鼻の原因をはじめ、なぜオイルマッサージで改善効果が期待できるのか、どのような手順で行うのかなど詳しく説明します。

いちご鼻になってしまう原因とは?

いちご鼻とは、毛穴に詰まった角栓の表面が黒くなり目立った状態の鼻のことをいいます。丸い鼻の頭にぽつぽつと並ぶ黒い毛穴がいちごの種のように見えることから、そう呼ばれるようになりました。頬やおでこなどと同じようにケアしているのに、なぜ鼻の毛穴だけ目立ってしまうのでしょうか。
その理由は皮脂量にあります。角栓は皮脂と角質が毛穴の中で固まった状態のものです。顔の中でもTゾーンと呼ばれるおでこから鼻にかけては、皮脂の分泌が多く、角栓ができやすい部位なのです。また、鼻のまわりはでこぼこした形状のため、皮脂やメイク汚れを落としにくいということもあります。洗顔で落としきれなかった皮脂や角質、汚れなどが空気に触れて酸化し、黒くぶつぶつとしたいちご鼻になってしまうのです。
とはいえ、洗顔の回数を増やす、クレンジングや洗顔時に鼻のまわりをゴシゴシと強くこするなどはおすすめできません。皮脂には外部の刺激から肌を保護する役割があります。拭き取ったり洗い流したりして皮脂が不足すると、ますます分泌量が増えてしまうのです。また、角栓を無理に押し出すのも肌を傷める原因になります。爪を立てて小さな傷になってしまったり、雑菌が入って炎症をおこしたりすることも珍しくありません。皮脂の分泌量をコントロールするには、日頃のスキンケアを見直してみましょう。
洗顔は朝晩の1日2回、洗顔料をたっぷりと泡立てて優しく洗うようにします。皮脂が多くてべたつくからといって、洗いっぱなしにしてはいけません。肌が乾燥すると皮脂の分泌がより活発になってしまいます。洗顔後は化粧水と乳液でしっかりと保湿をしましょう。べたつきが気になるときは、オイリー肌用のさっぱりタイプの化粧水や乳液がおすすめです。
また、毛穴つまりの原因となる皮脂の分泌を抑えるためには、生活習慣や食事にも注意する必要があります。ストレスや寝不足、ホルモンバランスの乱れなどは、皮脂の分泌を促す要因です。食事では脂っこいものや甘いもののとりすぎに気をつけて、バランスの良いメニューを心掛けるようにしましょう。皮脂の過剰な分泌を抑えるにはビタミンB2が効果的とされています。また、皮脂の酸化を防ぐにはビタミンEがおすすめです。牛乳や卵、肉類にはビタミンB2が、魚介類やナッツ類、緑黄色野菜にはビタミンEが多く含まれています。これらの食材を毎日の食事に積極的に取り入れていきましょう。

いちご鼻にはどんなオイルが効果的?

鼻の角栓対策に、市販の専用シートパックを愛用しているという人も多いのではないでしょうか。ごっそりと角栓がとれて効果がすぐに実感できるものの、粘着力が強いため、肌がデリケートな場合はかえって負担になってしまうこともあります。そこでおすすめしたいのが、オイルを使った毛穴ケアです。毛穴に詰まった角栓をオイルで溶かすことによって、いちご鼻の改善が期待できます。
用意するのは綿棒とオイルです。クレンジングオイルのほか、ベビーオイルやオリーブオイルなども利用できます。赤ちゃんの肌に使えるベビーオイルは低刺激なため、肌が敏感な人でも安心して使うことができるでしょう。ヒトの皮脂に近い成分構造を持つオリーブオイルは、毛穴の汚れを溶かすことができるといいます。ただし、キッチンにある食用のオリーブオイルをスキンケアに使うのは、あまりおすすめできません。食用とスキンケア用では製造工程が異なるため、食用のオリーブオイルを肌に塗ると、かえって状態を悪化させるおそれがあるのです。ドラッグストアやネットショップで購入できるスキンケア用のオリーブオイルを使用するようにしましょう。
どんなオイルを使うとしても、人それぞれの肌タイプで「合う・合わない」があります。顔に使用する前に必ず腕の内側などに塗ってみて、赤みやかゆみがでないことを確かめるようにしましょう。

いちご鼻に効果的?綿棒+オイルのケア方法とは

肌への負担をなるべく少なく、より効果的に毛穴ケアを行うには、事前に毛穴を開かせておく必要があります。身体全体が温まっているお風呂上がりは毛穴ケアに最適のタイミングです。また、蒸しタオルを当てて毛穴を開かせるのもよいでしょう。しっかりと温めて毛穴が開いた鼻全体に、指先にオイルをとって優しく伸ばしていきます。毛穴にオイルをなじませて角栓をゆるめるようなイメージです。次にオイルをしみこませた綿棒を横に寝かせて、コロコロと転がすようにして鼻全体をマッサージしましょう。マッサージが終わったらティッシュやコットンで軽く押さえてオイルを拭き取り、洗顔を行います。通常の洗顔と同じく洗顔料をしっかりと泡立てて優しく洗い、ぬるま湯で洗い流しましょう。最後に冷水ですすぐと開いた毛穴がきゅっと引き締まります。洗顔後に化粧水や乳液、クリームで保湿を行って完了です。
綿棒がなければ指先でクルクルとマッサージしてもかまいません。しかし、指先よりも細い綿棒を利用することで、小鼻の細かい溝にもしっかりオイルが行きわたるというメリットがあります。また、綿棒についた汚れを目で確認できるため、毛穴の汚れが取れていることが実感できるでしょう。指・綿棒いずれも、無理に力を加えずに優しくマッサージすることがポイントです。

綿棒+オイルのケアで気を付けたいポイント

綿棒とオイルを使った毛穴ケアは、はがすタイプのパックと比べると肌への負担が少ないため、デリケートな肌にもおすすめです。ただし、やり方によっては刺激となり、肌を傷めてしまうおそれがあります。まず気をつけたいのはオイルの選び方です。特にオリーブオイルを使用するときには気をつけましょう。食用のオリーブオイルは「安心して食べられるものなのだから肌につけても問題ない」と思われがちですが、スキンケアには使用しないことをおすすめします。
食用のオリーブオイルには、目に見えないほどの細かい果肉や皮などが含まれています。これらはオリーブオイルの風味や栄養になるのですが、肌につけると毛穴をふさいでしまう要因となってしまうのです。また、スキンケアを前提に作られたものではないので、肌へのなじみが悪くべたつきが残ります。いちご鼻を改善するつもりが別の肌トラブルを招いてしまうかもしれません。一方、肌に使うことを目的に作られたオリーブオイルは、徹底的に不純物が取りのぞかれ、肌になじむサラッとしたテクスチャーに仕上がっています。マッサージにオリーブオイルを使用するときは、食用かスキンケア用かを必ず確認するようにしましょう。
マッサージするときの力加減も気をつけたいところです。角栓がなかなか浮いてこないと、つい綿棒の先でぐりぐり押したり強くこすったりしがちですが、ぐっと我慢しましょう。力を抜いて優しくマッサージすることが大切です。がっちりと固まってしまった角栓は、簡単には柔らかくならないかもしれません。無理に押し出すことはせずに気長にケアしていきましょう。同時に、皮脂の分泌を抑えるために、生活習慣や食べるものなどにも気をつけることが重要です。身体の外側と内側からアプローチして、つるつる鼻をゲットしましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”