沖縄生まれの白石鹸 いるじゅらさ(お徳用やわらかタイプ) 鼻の黒ずみ・いちご鼻

刺激はNG!いちご鼻対策には何より保湿が大切!

刺激はNG!いちご鼻対策には何より保湿が大切!

黒いブツブツが目立ってしまういちご鼻は、多くの女性にとって悩みの種でしょう。いちご鼻は、毛穴に詰まった汚れが原因でもあります。そのため、毛穴パックなどをして、毛穴の汚れを取り除こうとしている人も多いかもしれません。しかし、そもそも、鼻の毛穴に詰まった汚れを取り除くケアは、刺激が強くて、いちご鼻を悪化させてしまうことにもなるのです。いちご鼻の改善には、保湿が欠かせません。ここでは、いちご鼻に対する正しいスキンケアについて紹介します。

本当に分かってる?いちご鼻になるステップ

いちご鼻は、ある日突然起こるものではありません。鼻の毛穴に詰まった汚れが徐々にたまり、それが黒ずむことで起きてしまう症状です。いちご鼻になってしまう流れを、大きく3つのステップに分けて見ていきましょう。まず、洗顔が不十分で鼻の角質に汚れが残ったり、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まったりして、毛穴に汚れが溜まります。この時点でステップ1と言えるでしょう。そして、溜まった汚れは、メイクのたびに蓄積されたり、汗をかくたびに皮脂が増えたりして、汚れが落ちにくい「角栓」となります。これがステップ2の状態です。ステップ1~2のときの毛穴は、まだ白い色をしていることが多いため、特に目立つことはありません。
しかし、溜まった角栓は正しいケアをして取り除かないと、やがて酸化して黒く変色してしまうのです。変色の理由は、何も処置を行わないことによる自然酸化、そして紫外線を浴びることによる酸化、メイクで残った油などの酸化が原因です。こうして角栓が黒く変色するのがステップ3であり、この時点で鼻の毛穴が目立つようになっているため、いちご鼻と呼ばれています。また、いちご鼻は、毛穴が黒くなることだけではありません。鼻を触ったときに、詰まった角栓によってザラザラする特徴があります。黒いブツブツにザラザラした感触、まるでいちごのような鼻になることから、この名称が広く使われるようになりました。

いちご鼻は乾燥が原因だった!

いちご鼻が引き起こされる原因は「乾燥」です。いちご鼻は、毛穴に皮脂が溜まることが原因なので、本当に鼻が乾燥しているのかと、驚く人もいるかもしれません。たしかに、いちご鼻が起きてしまう原因は「皮脂の過剰分泌」ということもあります。皮脂の過剰分泌が起きる人の特徴として、脂肌の人が多いでしょう。また、脂っこい食事を摂りすぎた翌日に、皮脂が毛穴に詰まることもあります。
しかし、皮脂が過剰に分泌されるのは「インナードライ」が原因であることも多いのです。インナードライとは、肌の内部である角質層が水分不足を引き起こしている状態をいいます。肌の表面には皮脂分泌があるものの、肌の内部は水分が不足し、全体的に体内の水分が少ない傾向があります。いちご鼻は男性にも多く、特にお酒や肉は大好きでも、水やお茶はあまり飲んでいないという人のほうが、いちご鼻になりやすいでしょう。そのため、食生活を見直し、適度な水分を意識して摂取することで、いちご鼻が改善されることもあります。
そして、女性のインナードライの場合は「スキンケアをやり過ぎる」ということが多いです。いちご鼻を気にするあまり、過剰な洗顔をしたり、ファンデーションを重ね塗りしたりする人もいます。これは、かえって「水分不足で油分過剰」を生じさせてしまい、毛穴詰まりや肌荒れが起きやすくなるのです。いちご鼻に悩む女性は、スキンケアやメイクの方法を一度見直してみると良いでしょう。

いちご鼻対策には洗顔より保湿が大切!

いちご鼻を改善するには、洗顔よりも「保湿ケア」が大切です。しかし、いちご鼻を近くで見ると、毛穴に黒い汚れがびっしりと溜まっており、この汚れをかき出したいと思うかもしれません。実際、爪で毛穴の汚れを押し出してしまう人もいます。しかし、無理やり毛穴の汚れをかき出したり、過剰な洗顔をしたりすることは、かえって肌のインナードライを引き起こし、いちご鼻が余計悪化してしまうのです。そして、顔の洗顔ブラシなどを使い、強く小鼻を中心に洗ってしまう人もいるでしょう。毛穴の汚れを落としたいからこそ、鼻を強く洗ってしまう人も多いのですが、これは小鼻の周りを乾燥させ、かえって皮脂分泌を促すことになります。
いちご鼻が気になる場合は、程よい洗顔と保湿が大切です。保湿を行うことは、皮脂の過剰分泌を抑えることになるでしょう。鼻は普段から脂っぽいのですが、乳液やクリームなどで皮膚表面をうるおし、皮膚に「乾燥していないよ」ということを教えてあげるのが重要です。これにより、鼻の皮膚は余計な皮脂の分泌をやめ、いちご鼻の予防ができます。鼻にしっかりと保湿ケアを行うことで、毛穴に皮脂が詰まることを予防できるのです。また、乳液やクリームなどでしっかり保湿ケアをすると、毛穴のたるみも防ぐことができ、角質が生まれ変わるターンオーバーの周期を整えることもできます。こうして、保湿ケアをしっかり行うことにより、いちご鼻の改善に期待ができるでしょう。

いちご鼻に効果的なスキンケアは?

いちご鼻は、保湿ケアを行うことが大切です。正しい保湿ケアの基本は、化粧水・乳液・美容液・クリームの4つをしっかりと取り入れることです。まずは化粧水です。化粧水には、セラミドやコラーゲンなどの、保湿成分が入っているものが良いでしょう。特に、冬場の肌は乾燥しており、保湿成分の入っていない化粧水を使うと、使ったそばから水分が蒸発して乾燥を招いてしまうこともあります。また、肌のハリを大きく左右する、コラーゲンエラスチン、ヒアルロン酸などが含まれている化粧水も良いでしょう。いちご鼻の保湿効果があるだけでなく、顔全体のハリを整えてくれる役割もあります。
そして、乳液や美容液、クリームの使い方です。これらも、基本的にセラミドやコラーゲンといった保湿成分が含まれているものを選びましょう。化粧水の上から保湿クリームという蓋をすることで、インナードライを防ぎ、いちご鼻の改善も期待できます。また、乳液や美容液は、つける量もポイントです。特に、美容液やクリームの場合はメーカーによってはとても高いものもあります。もったいないからといって少量だけしかつけないと、せっかく効果の高いものを買ったのに、肌へ浸透作用する量が足りず、効果を期待できません。保湿効果を高めるためにも、乳液や美容液は、たっぷりと時間をかけてつけてあげましょう。

毛穴パックや洗いすぎはいちご鼻に逆効果

いちご鼻の人がやってはいけないケアに「毛穴パック」と「洗いすぎ」があります。毛穴パックはいろいろな種類があるものの、鼻周りにパックを密着させ、時間が経ったら剥がすというタイプが多いでしょう。パックにゴッソリとついた角栓を見て、いちご鼻が治ったと喜ぶ人もいるかもしれません。しかし、パックで角栓を引き抜いてしまうと、毛穴はポッカリ穴が開いた状態になります。すると、メイクや汚れはさらに毛穴へ入り込みやすくなり、毛穴が汚れやすい状況になるのです。そこで、また汚れた毛穴を気にしてパックを繰り返してしまうと、毛穴はさらに開き、乾燥が進んで、いちご鼻が悪化してしまうでしょう。
また、角質を取り除く洗顔ジェルなども人気ですが、これをやりすぎると、毛穴を傷つけたり、広げたりすることにもなります。毛穴パックや角質を取り除くジェルなどは、やるにしても週に一回を目安として、普段はあまり行わないようにしましょう。洗浄力の強い洗顔料で顔を洗うのも、おすすめできません。洗い終わったあとはさっぱりしますが、肌に必要な角質まで洗い流されることも多く、鼻も皮脂がたりないと判断してしまい、いちご鼻の原因になる皮脂の過剰分泌を起こしてしまいます。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

“沖縄生まれの白石鹸いるじゅらさ”