いちご鼻 輝白パッククリーム 王妃の白珠

ブツブツで治らない!気になるいちご鼻を改善する方法を紹介

ブツブツで治らない!気になるいちご鼻を改善する方法を紹介

毛穴の黒ずみがまるでいちごの種のように見えるいちご鼻。1度改善されたと思っても、間違ったケアを行っていると、すぐにまたいちご鼻になってしまいます。そんな気になるいちご鼻で悩んでいる人のために、改善するための正しいケア方法を紹介します。それらの正しい方法で肌をケアして、繰り返すいちご鼻とはおさらばしましょう。

ブツブツの正体は?いちご鼻になる原因

黒ずんだ毛穴がブツブツと目立つ状態の鼻のことをいちご鼻と呼びます。このブツブツは角栓といい、古い角質や皮脂、埃や老廃物などが固まってできたものです。これらの汚れが毛穴にたまり、酸化して固まることで毛穴が開きます。すると、汚れや毛穴の影が黒ずみとなって表面から見えるようになります。これがいちご鼻になるメカニズムです。
いちご鼻の原因としては、毛穴の開きがあげられます。肌が乾燥していたり、加齢に伴って肌の弾力がなくなってきたりすると毛穴が開いてしまい、汚れがたまりやすくなってしまうのです。また、毛穴につまった角栓を取り除いても、正しいケアができずに毛穴が開いたままになっていると、再びそこに汚れがたまってしまいます。いちご鼻を繰り返さないようにするためには、毛穴の開きを改善しなければなりません。

いちご鼻を改善するためのケア方法

いちご鼻を改善するためには、「毛穴につまった汚れを落とすこと」「根本的な原因である毛穴の開きを防ぐこと」の2点が重要です。毛穴の汚れを落とすための具体的な方法としては、ニキビケア商品を使うことがあげられます。ニキビができる原因も、いちご鼻と同様に毛穴汚れや毛穴の開きであることが一般的です。ニキビケア商品は毛穴の洗浄力が高く、過剰な皮脂分泌を防ぐ効果があります。そのため、このような商品を使うことで肌や毛穴の汚れを防ぎ、肌を清潔な状態に保つことができます。その結果毛穴に角栓ができにくくなり、いちご鼻の改善につながるのです。
ほかに、ピーリング作用のあるクレンジング・洗顔を使うのも効果的です。ピーリング作用とは、肌に蓄積された古い角質や汚れを落とし、新陳代謝を促す作用のことをいいます。ピーリング作用のあるクレンジング・洗顔を使用することで、肌表面の汚れだけではなく、毛穴にたまった角栓を分解する効果も期待できます。ただし、商品によっては肌への刺激が強いものがあるので、毎日の使用は避け、週に2~3回の使用にとどめておくべきでしょう。
また、毛穴の開きを防ぐためには、高保湿な化粧品を使うことも有効な手段です。肌が乾燥していると毛穴が開いてしまい、汚れがたまりやすくなってしまったり、乾燥を防ぐために過剰な皮脂が分泌され、その脂が毛穴汚れとなったりすることもあります。そのため、いちご鼻を改善するには乾燥を防ぐことが重要です。化粧品は保湿性能の高いものを選び、毛穴の開きや皮脂の過剰分泌を防ぎましょう。いちご鼻の根本的な原因である毛穴の開きを防げれば、いちご鼻を繰り返すこともなくなります。
いちご鼻を改善するためには、これら複数のケア方法を組み合わせるとさらに効果的です。汚れを除去するだけではなく、高保湿な化粧品でしっかり保湿を行い、再び汚れがたまらないようにしましょう。

悪化させるかも!NGケアをご紹介

いちご鼻が治らない場合は、間違ったケアを行っている可能性があります。以下のケアを行っている場合は、要注意です。まず、洗顔を何度もするというケア方法です。毛穴の汚れを落とすためには洗顔をこまめに行った方がいいと思われがちですが、洗顔を繰り返すことで肌にとって必要な水分や油分まで落としてしまう可能性があります。結果肌の乾燥につながってしまうので、過度の洗顔は厳禁です。また、ピーリング・スクラブを頻繁にするのも肌にはよくありません。確かに、ビーリング・スクラブを行うことによって角質や毛穴の汚れを落とすことができます。しかし、これらは肌への刺激が大きいものなので、頻繁に行ってしまうと肌を傷つけてしまうことがあります。必要な角質まで落としかねないので、使用は週に数回程度にしておきましょう。
さらに、収れん化粧水を使うのも実は間違ったケア方法です。収れん化粧水にはアルコールが含まれており、それにより毛穴を引き締める効果があります。また、皮脂を抑える効果もあるので、肌がさっぱりしたように感じられます。このような効果があるので、収れん化粧水を使えば短期的に毛穴のつまりが解消されるはずです。しかしながら、根本的に肌質を改善しているわけではないので、あくまで効果は一時的です。それだけではなく、収れん化粧品に含まれるアルコールによって乾燥が促進される可能性があるので、いちご鼻対策として使うのは避けましょう。
また、目立つ角栓を無理に取ろうとするのも逆効果です。ピンセットでつまみ出したり、手で押しつぶしたりすると、毛穴をさらに広げてしまい、再びそこに角栓ができてしまいます。毛穴パックを頻繁に使うのも同様の理由で避けましょう。角栓はあくまでも洗顔時に取り除くことを心がけてください。

いちご鼻を改善したいなら!基礎化粧品にこだわろう

いちご鼻を改善するためには、肌を保湿しターンオーバーを正常化する必要があります。そのため、保湿効果が高い化粧品を使うことが大切です。そこで最適なのが王妃の白珠というパッククリームです。このクリームには天然のクチャが配合されており、肌に透明感を与える効果があります。クチャというのは沖縄特有の泥で粒が非常に細かく、この泥が毛穴の汚れを吸い上げて落とす仕組みです。洗浄力で汚れを落としているわけではないので、肌への負担がありません。毛穴だけではなく、肌のくすみにも効果的です。さらに、毛穴汚れを落としたあとは美容成分が毛穴を引き締めるので、毛穴が目立たなくなります。
また、王妃の白珠には厳選した12種類の保湿成分が配合されており、非常に高い保湿力も特徴です。その中には、コラーゲンやヒアルロン酸を超える130%の保湿力があるといわれる「プロテオグリカン」という成分も含まれています。この「プロテオグリカン」には、コラーゲンやヒアルロン酸の生産をサポートする役割があるため、つやのある若々しい肌でいられます。
毛穴の汚れを落とすとともに高い保湿効果のある王妃の白珠は、まさにいちご鼻の改善にふさわしいパッククリームなのです。いちご鼻に悩んでおり、その対策にふさわしい化粧品を探しているという人は、ぜひこのクリームを使ってみましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

輝白パッククリーム王妃の白珠