スソワキガ・デリケートゾーンの臭い ボタニカルオイルソープ Mimi

誰にも聞けない!デリケートゾーンのにおいの原因と対策とは?

誰にも聞けない!デリケートゾーンのにおいの原因と対策とは?

デリケートゾーンのにおいが気になるという女性は少なくありません。しかし、その原因がわからず、どのように対策を行えばよいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。デリケートゾーンに関する悩みは、なかなか人に聞きにくいものです。そこで、この記事ではデリケートゾーンのにおいの原因と対策について解説していきます。

ホルモンバランスの働きによるにおい

デリケートゾーンのにおいの原因として挙げられるのが、女性ホルモンの働きです。女性ホルモンのバランスが変化することにともなって、おりものの量やにおいも変化してきます。特に、女性ホルモンの分泌量が多くなる20~30代では、経血やおりものの量が増加しやすくなります。おりもの特融の酸っぱいようなにおいは、膣の中が乳酸によって酸性に保たれており、他の細菌が繁殖しにくい健康な環境であるという証拠なのです。そのため、心配する必要はありません。
また、生理のにおいが気になるという人もいるでしょう。特に、生理後半になると経血の量が減少し、体内で酸化した状態で排出されるため、においが強くなるのです。また、生理前の数日間も、おりものやにおいが出やすいといわれています。経血やおりものが原因でデリケートゾーンが汚れてしまうと、においが出やすくなるため注意が必要です。

すそわきがが原因で起こるにおい

おりものや経血、病気に関係なく、デリケートゾーンが常ににおうという人は、すそわきがの可能性があります。すそわきがは、アポクリン汗腺から出る汗が原因といわれています。汗腺は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、アポクリン汗腺から出る汗は雑菌に分解され、きついにおいを出しやすいのが特徴です。デリケートゾーンには汗腺が多いため、特ににおいが強くなってしまうのです。
すそわきがは自分で気づきにくいものですが、いくつかの項目に沿ってチェックすることができます。たとえば、陰毛が濃くて太い場合、すそわきがの可能性が高いです。むだ毛が濃くて太いということは、アポクリン汗腺が多いということです。さらに、ムダ毛の密度が高いため、においの原因となる汚れが付着し、雑菌が繁殖しやすくなります。
また、ショーツに黄色い汗染みがついている場合は要注意です。エクリン汗腺から出る汗は無色透明なのに対し、アポクリン汗腺から出る汗は黄色っぽいという特徴があります。そのため、ショーツについた汗をチェックして黄色いシミができていれば、すそわきがの可能性が高いといえるのです。さらに、ショーツを脱いだときに強いにおいを感じる場合も、注意が必要です。女性ホルモンが原因のケースが多い酸っぱいにおいや、細菌感染が原因のケースに多い腐敗臭とは違い、わきが特融の苦みを含むようなにおいがします。デリケートゾーンが汗や生理で湿った状態のまま放っておくと、においは余計に強くなってしまいます。

細菌や病気が原因で起こるにおい

デリケートゾーンのにおいが急にきつくなった場合や、生ごみのような腐敗臭がする場合は、デリケートゾーンで細菌が繁殖している可能性があります。また、強いかゆみをともなったり、おりものが異常に増加したりといった症状がある場合は、性感染症などの病気の可能性も考えられるのです。
デリケートゾーンのにおいの原因となる性感染症の一つがカンジダ膣炎です。カビの一種であるカンジダ菌が原因となって発生する病気で、魚のようなにおいがします。性行為だけでなく、体調不良やストレスによって免疫力が低下することも原因の一つです。また、クラミジア感染症によってデリケートゾーンににおいが発生することもあります。日本では感染者数が多いといわれる性病で、男性に比べると女性のほうが感染しやすいとされています。細菌によって起こる病気で、性行為によってのみ感染します。感染すると、おりものが臭くなるほか、おりものの色が変化したり量が増えたりといった症状が見られます。
感染による膣炎の4~5割を占めているのは、細菌性膣炎です。入浴時にデリケートゾーンを洗いすぎると、膣内に常在している細菌が大幅に少なくなり、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などが繁殖しやすくなってしまいます。細菌性膣炎は、かゆみをともなうのが特徴です。タンポンの長時間使用によっても発症することがあるため、気を付けましょう。おりものが黄色っぽくなり臭くなった場合は、トリコモナス膣炎の可能性があります。性行為によってトリコモナスという原虫が膣内に侵入し、発症することが多いようです。においのほかに、ヒリヒリした痛みや水がかかるとしみるといった症状が見られます。これらのほかに、淋病や子宮内膜炎、子宮頸がんなどが原因となる場合もあります。自己判断せず、おかしいと感じたら早めに受診するようにしましょう。

おりものの色やにおいをチェックしてみよう!

女性ホルモンの影響を受けながら変化を繰り返す女性の体ですが、おりものも女性ホルモンの周期に合わせて変化しています。また、加齢にともない、30代後半以降は量が減少していく傾向です。生理直後である卵胞期には、経血とおりものが混じって茶色っぽいおりものが出ます。量は少なめで、さらっとした状態です。卵胞期の後半から排卵期にかけては、おりものの量が増えてきます。特に、排卵期の2~3日間は最も量が多くなり、透明でとろみのあるおりものが出ます。この時期のおりものは、においが強くありません。黄体期になると量が次第に減少していき、ドロッとして白く濁ったおりものに変わります。生理前になると、おりものの量が増え始め、においも強くなってきます。白っぽいクリーム状のおりものが出る場合がありますが、乳酸菌であるため心配はありません。
正常なおりものは、あまりにおいがしないのが特徴です。おりものは酸性のため、酸っぱいにおいがする場合がありますが、周りの人ににおいがわかるほどではありません。黄色やうす黄緑色、茶色、カスが混じるなどの変化がおりものに見られる場合は、病気の可能性があるため注意が必要です。日頃から、自分のおりものの状態を確認しておくことが大切です。

清潔第一!においやムレの対策法

おりものや経血を放置してしまってデリケートゾーンが汚れた状態が続くと、においやすくなります。また、夏やスポーツ後などは汗で蒸れやすくなるため、においが出やすいです。わきがの人は多汗症であることが多く、特にすそわきがの人は汗をかいた状態で長時間過ごすと、細菌が繁殖しやすくなりにおいが強くなってしまいます。
蒸れを防いでにおいを抑えるには、いくつかの対策法があります。たとえば、アンダーヘアを短くカットすることが考えられます。汗で蒸れるのを抑えたり、経血やおりもので汚れてしまうのを防いだりすることができます。また、デリケートゾーンを清潔に保つことも重要です。デリケートゾーン専用の石鹸を使えば、一般的なボディソープに比べて肌への負担が軽くなります。ゴシゴシこすると、肌を傷めるだけでなく黒ずみの原因にもなるため、優しく洗うのがポイントです。おりものシートやナプキン、タンポンを使うときには、こまめに交換して雑菌の繁殖を防ぎましょう。通気性のよい下着を選ぶのも効果的です。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

ボタニカルオイルソープMiMi