スソワキガ・デリケートゾーンの臭い ボタニカルオイルソープ Mimi

嫌なスソワキガを何とかしたい!原因を知ってにおい対策をしよう!

嫌なスソワキガを何とかしたい!原因を知ってにおい対策をしよう!

デリケートゾーンからの臭いが気になっている人は、意外と多いのではないでしょうか。もしかしたら、原因は「スソワキガ」にあるかもしれません。スソワキガとは、体質によってデリケートゾーンから発生する臭いのことで、臭いの感じ方や強さには個人差があります。臭いがすると、プールや温泉で下着を脱ぐときに気になったり、ピッタリしたパンツなどのファッションが楽しめなかったりと、さまざまな場面で支障が出ることでしょう。
そこで、少しでも臭いが改善できるよう、スソワキガの原因と臭い対策についてまとめてみました。

スソワキガの原因は体質?なりやすい人とは

スソワキガの場合、デリケートゾーンから独特の臭いがすることが特徴です。臭いは玉ねぎや納豆、鉛筆の芯の臭いなどに例えられることが多く、人によって臭いの種類も強さも違います。そして、臭いがする原因は「アポクリン汗腺」という汗腺にあります。
アポクリン汗腺とは、脇やデリケートゾーンなどの限られた部分のみに存在するものです。人によって数や発達具合が大きく異なり、数が多い人や発達している人ほどスソワキガになりやすい傾向が見られます。これは、アポクリン汗腺から出る汗に脂質やタンパク質といった成分が含まれていることに理由があります。アポクリン汗腺から出る汗自体は本来無臭ですが、これらの成分によって雑菌が繁殖しやすい性質があるため、臭いが発生してしまうのです。さらに、アポクリン汗腺は毛根の周辺にたくさん存在します。デリケートゾーンは毛が生えている部分のため、雑菌がより繁殖しやすくなっていますし、常に湿度の高い状態でもあるため臭いがこもりやすくなっています。女性の場合は膣からの分泌物や生理の臭いと混じって、脇とは違う臭いに変化してしまうことも特徴です。
スソワキガかどうかは、耳垢の湿り具合で確認することができます。アポクリン汗腺は耳の中にもあるため、耳垢が湿っている人、色が濃い人は汗腺の数が多い、もしくは発達している可能性があります。下着が黄ばみやすい場合や、パートナーに臭いを指摘された場合もスソワキガの可能性があるでしょう。アポクリン汗腺の発達具合や数は遺伝によるものといわれているため、家族にワキガの人がいる場合もスソワキガを疑ったほうが良いかもしれません。

スソワキガのにおいが強くなる原因は?

アポクリン汗腺があることで発生してしまうスソワキガですが、身につける衣類や環境などによって臭いが強くなることもあります。そのため、スソワキガを気にしている場合は、臭いを強くする原因を取り除く必要があるでしょう。
ムレは臭いを強くしてしまう原因となります。デリケートゾーンは常に下着でおおわれている場所のため、通気性が悪くなりがちです。通気性を良くするためにも、体にピッタリとフィットしたパンツやストッキングなどを長時間身につけるのは避けましょう。座りっぱなしや立ちっぱなしのまま汗をかくのも、ムレる原因となります。生理中はナプキンなどを長時間つけることによってさらに臭いが強くなることもあるため、小まめにナプキンを取り換えるなどしましょう。また、お風呂に入らないまま寝てしまうなど、不衛生な状態を避けることも大切です。スソワキガの臭いは、アポクリン汗腺から分泌された汗に雑菌が繁殖することで発生します。きちんと入浴し、デリケートゾーンをきちんと洗うようにしましょう。

スソワキガのにおい対策でできること

スソワキガの臭いを少しでも抑えるためには、次のような対策方法があります。まず、清潔を心がけることが大切です。毎日デリケートゾーンを丁寧に洗って、雑菌の繁殖を抑制しましょう。雑菌は高温多湿な場所を好むため、ムレないように下着や衣服は通気性の良いものを選ぶ必要もあります。下着は化学繊維より、シルクやコットンなどの天然素材がおすすめです。パンティストッキングよりガーターストッキングを選ぶ、足にピッタリとフィットするスキニーパンツよりゆったりしたワイドパンツやスカートを履くという方法もあります。また、おりものが下着についたままにならないよう、おりものシートを使うのも良いでしょう。その場合は、小まめに交換することを忘れてはいけません。
ムダ毛の処理も雑菌の繁殖を防ぐことができるため、有効です。ただし、デリケートゾーンは皮膚が薄く傷つきやすい、自分ではよく見えないなど、処理をしにくい場所です。そのため、処理をするときは慎重かつ丁寧に行いましょう。自分で処理をする自信がない場合は、脱毛サロンや美容クリニックなど、プロに頼るのも良いかもしれません。他に、病院でスソワキガの治療を受けるという選択肢もあります。スソワキガは決して病気ではありませんが、アポクリン汗腺を取り除く手術を受けるなどさまざまな治療方法が存在します。そのため、自分で対処できない場合などには、病院で相談してみると良いでしょう。

においを軽減させるデリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは洗い方次第で臭いの強さも変わってくるため、正しい方法を知っておきましょう。まずは、デリケートゾーン専用ソープを用意します。デリケートゾーン専用ソープを使うメリットは、弱酸性という性質にあります。通常の石鹸やボディソープはアルカリ性のものが多く、洗浄力が強いことが特徴です。そのため、デリケートゾーンに必要な常在菌まで排除してしまいます。必要な常在菌がいなくなると、雑菌が繁殖しやすくなり、臭いが発生する原因となります。弱酸性であれば必要な常在菌を残し、汚れを落とすことができるため、臭いを抑えることができるでしょう。デオドラント効果がほどこされたものや、保湿効果が期待できるものがあることも専用ソープの魅力です。
次に、洗い方も大切です。ソープをたっぷり泡立てて、指の腹を使ってやさしく洗いましょう。このとき、ナイロンタオルやスポンジなどでゴシゴシ洗ってしまうと、肌にトラブルが発生する原因となります。また、臭いが気になるあまりに膣内まで洗おうとする人もいるようですが、常在菌を減らしてしまうためやめましょう。最後に、お湯でしっかりと泡を洗い流して完了です。このとき、熱めのお湯を使うとデリケートゾーンが乾燥する原因となるため、ぬるめのお湯を使うことがポイントです。もし乾燥が気になる場合は、デリケートゾーン専用の保湿剤を使うと良いでしょう。

日常生活で気を付けることとは?

スソワキガの臭いには、生活習慣も影響しているといわれています。スソワキガによる臭いを悪化させないためにも、食事や睡眠などを見直してみましょう。食事においては、動物性のタンパク質や脂質を取りすぎないよう気をつける必要があります。どちらも必要な栄養素ですが、アポクリン汗腺を刺激する作用もあるため、摂りすぎると臭いが強くなる可能性があります。動物性たんぱく質や脂質が少ない和食中心の生活を心がけましょう。にんにくなど、臭いの強い食べ物を避けることも大切です。
睡眠不足やストレスも臭いを強くすることがあります。これは、アポクリン汗腺にホルモンの分泌と関わりがあるためです。睡眠不足やストレスはホルモンバランスを崩す原因であることがわかっており、このバランスの変化によってアポクリン汗腺が刺激を受けてしまいます。刺激を受けたアポクリン汗腺は大量の汗を分泌することがあるため、睡眠をしっかりととり、ストレスをためないよう気をつけましょう。また、タバコやお酒も控えたほうが無難です。タバコに含まれるニコチンには汗腺を刺激する作用がありますし、お酒には発汗をうながす作用があるため、臭いを強くする原因となります。
中には、スソワキガではないのに臭いを気にしすぎるあまりスソワキガと思い込んでいる人もいます。臭いは誰にでもあるものです。気にしすぎるとストレスがたまる原因となるため、気楽に考えることも大切といえるでしょう。ただし、あまりに臭いがキツい場合や異常だと感じる場合は、病気が原因の可能性もあります。一人で悩まずに、病院で相談するようにしましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

ボタニカルオイルソープMiMi