スソワキガ・デリケートゾーンの臭い ボタニカルオイルソープ Mimi

デリケートゾーンのにおいや黒ずみを何とかしたい!対策法とは?

デリケートゾーンのにおいや黒ずみを何とかしたい!対策法とは?

友達や彼氏との旅行に楽しい気分で来たはずなのに、ふとした瞬間、急にデリケートゾーンのにおいや黒ずみが気になることはありませんか。毎日お手入れをしているはずなのになぜだかにおう、黒ずみが消えないなどと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、においや黒ずみの原因と解消法について紹介します。

みんな気付いてる?デリケートゾーンのにおいの原因は?

汗や体臭をこまめにケアする人は多いですが、デリケートゾーンのお手入れはきちんとケアできていますか。においを隠すことはむずかしく、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。デリケートゾーンのにおいがでる原因は1つだけではありません。においがでる原因の1つに、おりものや尿の拭き残し、汗、生理の経血などが挙げられます。おりものシートやナプキンはこまめに替えないと、デリケートゾーンはにおいがこもりやすいので注意が必要です。こまめに替えないとアンダーヘアに尿や経血、おりものが付着してにおうようになるのです。においの原因は加齢によっても起こります。膣のうるおいが減少することで自浄作用がなくなり、細菌感染を起こしやすくなることでにおいがきつくなるのです。
また、普段から仕事でストッキングを着用している人は、ストッキングによるムレが原因でデリケートゾーンがにおうことがあります。ほかにも、ホルモンバランスの乱れでにおいがきつくなるので、普段から規則正しい生活とバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。すそわきがは、デリケートゾーンの分泌量が多いことから、においがきつくなる傾向です。においの中でも気をつけたいのは、急激ににおいが変化したときです。病気の可能性があるため注意が必要です。たとえば、子宮頸がん、子宮内膜症、淋病、細菌性膣炎、トリコモナス膣炎などもにおいが変化します。

いますぐ始めたい!デリケートゾーンのにおい対策は

においの原因は1つではないことがわかりましたが、どのような対策をすればデリケートゾーンのにおいを抑えることができるのでしょうか。対策は5つあります。まず1つ目は、通気性の良い下着を身に付けることです。コットン素材であれば通気性がよく、ムレにくくなります。着心地の良い下着を身に付けましょう。
2つ目は、ウォシュレットやデリケートゾーン用のウェットティッシュを使用することです。トイレの場所によってはウォシュレットがないこともありますが、デリケートゾーン用のウェットティッシュを使うことで、こまめなケアをおこなえます。デリケートゾーン用のウェットティッシュはドラッグストアで販売しているので、手軽に購入できることやパッケージデザインもおしゃれなものが多いです。周りに気づかれることも少ないでしょう。
3つ目は生理用品やおりものシートをこまめに交換することです。仕事や出かけているとき、タイミングによっては頻繁に交換ができないこともあります。できるだけこまめに交換するよう心がけましょう。4つ目はアンダーヘアをカットし、デリケートゾーン専用の石鹸を使って丁寧に洗うことです。アンダーヘアをカットすることでムレを抑え、デリケートゾーン専用の石鹸で洗うことでにおいの発生を抑えます。このとき、優しく丁寧に洗うのがポイントです。ゴシゴシ洗うと黒ずみの原因になるので気をつけましょう。
5つ目は、においが急激にきつくなるようであれば、病気が隠れていることがあるので医療機関を受診することです。気になるようであれば、恥ずかしがらずに医療機関へ行きましょう。

だんだん悪化する?デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

デリケートゾーンの黒ずみは、放っておいても改善するものではありません。まずは、黒ずみが起きてしまう原因について確認しましょう。
まず1つ目は下着の摩擦が原因で黒ずみが起きます。摩擦が起こることで肌が刺激され、メラニン色素をつくります。そうすると黒ずみが発生するのです。ほかにも、締め付けのきつい下着を毎日身に着けることで、ムレやにおいの原因になるだけでなく黒ずみも引き起こします。2つ目は、ムダ毛ケアが間違った方法でおこなわれていることです。アンダーヘアをカミソリでケアしていませんか。カミソリを使うことで皮膚が傷つき、メラニン色素を生成して黒ずみが起きます。
3つ目は洗いすぎによる色素沈着です。デリケートゾーンを洗うことは大切ですが、気にしすぎてゴシゴシと洗っていませんか。摩擦や刺激が加わることによって角質を分厚くし、メラニンを生成します。メラニン色素が生成されることで色素沈着を起こすのです。優しく丁寧に洗いましょう。妊娠や出産でも色素沈着は起こります。その理由は、女性ホルモンの分泌が活発になることで、メラノサイトが刺激されるからです。デリケートゾーン以外にも、乳首や脇の下などはもともとメラニンの量が多い場所なので、黒ずみが目立ちやすくなります。

薄くなる?デリケートゾーンの黒ずみ対策は?

デリケートゾーンの黒ずみを少しでも薄くするのにはどうしたらいいのでしょうか。1日で改善することはむずかしいですが、日々意識することで黒ずみが薄くなる可能性があります。では、その対策と解消法を確認していきましょう。1つ目は、肌を傷つける恐れがあるアンダーヘアの自己処理をやめることです。カミソリではなくハサミでアンダーヘアをカットする、またはアンダーヘア専用の道具を利用しましょう。アンダーヘアの道具は多くあるので、迷ってしまうという人もいるかもしれません。選び方の基準は、肌を傷つけていないかどうかです。黒ずみを引き起こさないよう、なるべく肌に負担のないものを選びましょう。
2つ目は洗い方に気を付けることです。ゴシゴシと洗うと肌を守ろうとするメラニン色素が生成され黒ずみの原因になります。優しく丁寧に洗いましょう。3つ目はデリケートゾーン専用の石鹸を使うことです。デリケートゾーン用の石鹸は肌に優しく、保湿があるものが多いのでおすすめです。4つ目はサイズの合った下着を選び、ナイロンではなくコットン下着を身に付けることです。下着のサイズが合っていないと体を締め付けることになり、血行が悪くなるほか、デリケートゾーンの黒ずみの原因にもなります。
5つ目は専用のクリームなどで保湿することです。デリケートゾーンのケア商品は多く販売しています。意外なケア方法では、馬油を使うことです。馬油はデリケートゾーンの黒ずみ予防効果が期待できます。その理由は、保湿力が高いことや殺菌作用があるからです。においや黒ずみが気になる人は試してみてはいかがでしょうか。ほかにも、韓国のデリケートゾーンケアもおすすめです。韓国コスメを使っているという人も多いでしょうが、デリケートゾーンの商品も実は充実しているのです。韓国ではデリケートゾーン専用のクリームはもちろんのこと、スプレータイプのものやゲルタイプのものなど種類が多くあります。一度試してみてはいかがでしょうか。

においや黒ずみ対策で気を付けることは?

においや黒ずみ対策で普段から気をつけることは、ホルモンバランスの乱れを整え、ストレスを避けることです。また、睡眠をしっかりとることやバランスの良い食事を心掛けるといった当たり前と思えるようなことも大切なのです。ほかにも、においや黒ずみの原因となる、体を締め付ける下着やスキニーパンツ、きついストッキングをはかないことも大切です。ストッキングなどは仕事で履くこともあるので、たとえば休日は履かないこと、下着はコットン素材にするなど、工夫をすることでだいぶ改善できるでしょう。
体を動かす習慣がない人は、血行促進のために入浴や軽い運動を習慣づけることも重要です。シャワーだけで済ませず、湯船に浸かることでリラックス効果や疲れをとります。自律神経を整えることでホルモンバランスの乱れを防ぎます。トイレでも気をつけることがあります。それは、ウォシュレットを使いすぎないことです。ウォシュレットでデリケートゾーンをキレイにすることは大切ですが、膣内のビデの使い過ぎや過剰洗浄もにおいの原因となるので、神経質になりすぎず適度に使用しましょう。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

ボタニカルオイルソープMiMi