スソワキガ・デリケートゾーンの臭い ボタニカルオイルソープ Mimi

デリケートゾーンのにおいの原因はすそわきがかも?チェックしてみよう!

デリケートゾーンのにおいの原因はすそわきがかも?チェックしてみよう!

デリケートゾーンの悩みは人に相談しにくく、1人で抱え込んでしまう人も珍しくありません。なかでも、「すそわきが」は独特のにおいが発生するため、「何とかしたい」と考える人も多いのです。一体、すそわきがはどのようなメカニズムで起きてしまうのでしょうか。悩みを遠ざけるには、自分がすそわきがであるかどうかのチェック方法や、においの原因について知っておくのが肝心です。ここでは、すそわきがのチェック方法や対策法について紹介します。

汗腺には2種類ある!アポクリン汗腺とエクリン汗腺の違いとは

まず、知っておきたいのが「におい」と「汗」の関係についてです。人間の汗腺は「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。「アポクリン汗腺」は脇の下・耳のなか・陰部、それに加えて乳輪・肛門という5つの部位に分布しているのが特徴です。アポクリン汗腺から分泌される汗はベタベタしており、わきがのもとになったり衣類に黄色い輪染みを作ったりする原因につながります。
一方、エクリン汗腺は全身に分布しており、分泌される汗の99%は水でできているのが特徴です。そのため、汗がサラサラでにおいがありません。ただし、汗で湿った状態が長く続くと細菌の繁殖が進み、いわゆる「汗くさい」においの原因になる場合があります。

すそわきがの原因はアポクリン汗腺!

汗腺には2つの種類がありますが、わきがやすそわきがの主な原因になるのは、「アポクリン汗腺」から出る汗だといわれています。本来、汗そのものは無臭です。しかし、アポクリン汗腺から分泌される汗には「脂肪」や「タンパク質」が多く含まれており、ベタベタしたり粘り気があったりするのです。そして、皮膚に存在している常在菌がこれらの成分を食べて分解すると、鼻につく「独特のにおい」に変化します。
脇でこのようなにおいが強く発生することを一般的に「わきが」と呼び、陰部周辺でにおいが発生する状態を「すそわきが」、乳首周辺でにおいが発生する状態を「ちちが」といいます。すそわきがは外陰部のアポクリン汗腺が発生源となっているため、性ホルモンの影響を強く受けやすい傾向です。したがって、生理周期などの刺激を受けやすい女性は、男性に比べるとすそわきがを発症する割合が多いとされています。また、わきが・すそわきが・ちちがは併発するケースがみられます。すそわきがの症状が疑われる場合は、脇や乳首などのにおいもチェックしてみると良いでしょう。

すそわきがになりやすいのはこんな人!

わきがは「優性遺伝」だといわれています。したがって、両親もしくは片方の親がわきがの場合、その子どももわきがになる確率が高いという見方があるのです。ただ、自分ではなかなかにおいに気づきにくく、すそわきがかどうかの判断が難しいという人もいるでしょう。そのような場合は、以下の項目をチェックしてみるのがおすすめです。4つのポイントをチェックすることで、自分はすそわきがになりやすいタイプなのかどうかを簡単にチェックできます。
1つ目のチェックポイントは「耳垢が湿っているか」どうかです。わきが体質の人は、耳のなかにもにおいの原因となる「アポクリン汗腺」がある場合が少なくありません。この汗腺から出る汗によって、耳垢が湿った状態になるのです。したがって、普段から耳垢が湿っている人はわきが体質の傾向にあり、すそわきがが起こる可能性があります。ただし、プールやお風呂に入ると耳垢が湿った状態になるため、それ以外の状態で耳垢をチェックするのが肝心です。
2つ目は「家族にわきがの人がいるか」という点です。わきが体質が遺伝するように、すそわきがも遺伝形質として、親から子どもに引き継がれる場合があります。しかし、わきがが遺伝するとすそわきがになる可能性が高くなるものの、絶対にすそわきがになるとは限りません。家族にわきがの人がいるかどうかだけですそわきがを判断するのは難しいため、ほかの要素を加味してチェックを行うのが大切です。3つ目の「毛深さと毛量」も重要なチェックポイントとして挙げられます。陰毛の1本1本が太かったり、1つの毛穴から複数の毛が生えていたりする場合は、アポクリン汗腺が多い傾向です。したがって、脇毛や陰毛が濃かったり多かったりする場合は、すそわきがの可能性が高いといえるでしょう。
4つ目は「脇の部分が汗で黄ばむ」かどうかです。アポクリン汗腺から分泌される汗は、やや黄色っぽく濁っています。そのため、服の脇の部分が汗で黄ばむ場合は、アポクリン汗腺が多く、わきが体質である可能性が高いのです。また、すそわきがの場合は、下着に黄ばんだ汗ジミがつくケースもみられます。これらの項目に当てはまる数が多ければ多いほど、すそわきがになりやすい傾向だといえます。ですが、このチェック方法はあくまでも自己判断になるため、正確な診断を受けたい場合は、専門医による診察を受けるのが大切です。

すそわきがの対策方法とは?

すそわきがの対策方法には、「病院で治療を受ける」「脱毛する」、それから「デリケートゾーン専用の石けんで洗う」「通気性の良い下着を身につける」「おりものシートを活用する」などがあります。病院では「汗腺を破壊する」「においを軽減させる」「汗を止める」などの治療を行うのが一般的です。きちんと病院で専門医に相談すると、高い安心感を得たうえで治療を行えるのがメリットです。陰毛の脱毛処理は、毛量が減ることでデリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。すると、細菌の繁殖予防につながるのです。ただし、陰毛は自己処理をするのが難しい部位といえます。自己処理をする場合は慎重に行い、皮膚トラブルを招かないように注意しましょう。自己処理が不安な場合は、専門のクリニックやサロンを利用するのも一案です。自分に合った方法で脱毛処理を行いましょう。
また、すそわきがを遠ざけるには日頃のケアが大切です。「デリケートゾーン専用の石けん」で陰部を洗い、清潔に保つとにおいの予防に役立ちます。なお、デリケートゾーンに使用する石けんは刺激の強いものは避けて、やさしい使い心地のものを選ぶのがポイントです。ゴシゴシこすったりせず、丁寧に洗うことを心がけましょう。さらに、「通気性の良い下着」を身につけたり、「おりものシートをつけてこまめに交換」したりするのも重要です。通気性の悪い下着は高温多湿の状態を招き、細菌が繁殖するリスクが高まります。コットンなどの通気性の良い下着を身につけたり、おりものシートを活用してこまめに交換したりすると、細菌の繁殖やにおいの発生を防ぎやすくなるのです。

この記事をチェックした人はこんな商品もチェックしています。

ボタニカルオイルソープMiMi